「また必ず会える」。GLAY、デビュー25周年アニバーサリーのグランドフィナーレでファンとの絆を再確認

■「当たり前のようにライブがあった日常、コロナ禍で大事な何かに気付かされた日々、この一瞬が奇跡と思えるような時間を取り戻そう。GLAYと共にあらんことを」

GLAYが、2020年12月19日・20日に埼玉・さいたまスーパーアリーナにて、デビュー25周年のグランドフィナーレとなるライブ『GLAY DOME TOUR 2020 DEMOCRACY 25TH “HOTEL GLAY GRAND FINALE”』を開催した。

GLAYは2019年にデビュー25周年を迎え、「GLAY DEMOCRACY(民主主義)」という周年テーマを掲げてファンと7つの公約を結んだ。その最後の公約は「デビュー25周年を総括する海外ロングツアー&ドームツアー開催」。本来であれば今年5月にナゴヤドーム、東京ドーム、そして12月に札幌ドームとドームツアーを駆け抜けていたはずであったが、コロナウィルス感染拡大により中止を余儀なくされた。

5月の東京と名古屋でのドーム公演は中止となったが、12月の札幌ドーム公演は、来場者やスタッフの健康と安全を優先し、会場をさいたまスーパーアリーナに移しての実施を決定。昨年5月から今年にかけて全国を回ったアリーナツアー『HOTEL GLAY』のファイナル、なおかつデビュー25周年アニバーサリーのグランドフィナーレとして、本公演の開催に踏み切った。

約11ヵ月ぶりとなる有観客ライブは、コロナウイルス感染拡大防止の観点から徹底した予防策が講じられた。政府および自治体のガイドラインに則り、来場者や関係者、スタッフに「ご来場者登録フォーム」への登録を義務付けて健康状態などをチェック。会場内の各エリアにはダスキン提供の消毒液を設置し、公演中はマスクの着用必須、声援・歓声・歌唱は禁止となった。

また、ソーシャルディスタンスの観点から両日ともに観客動員数は1万人に制限されたが、会場に来られなかったファンのためにGLAY初となる有観客ライブのオンライン視聴を各配信プラットフォームにて実施した。

この記事では、20日の公演を中心にレポートする。

開演定刻前のアナウンスが流れ終わると、メンバーの登場を待ついつもの歓声の代わりに、割れんばかりのクラップが会場に鳴り響く。

暗転と同時に手拍子は鳴り止み、スクリーンには『HOTEL GLAY殺人事件』と題されたメンバーがそれぞれ画家、IT社長、刑事、シリアルキラーなどに扮した映像が映し出された。この映像は19万人を動員し今年2020年1月に千秋楽を迎えた全国アリーナツアーで流れた映像であり、アリーナツアーと本公演の繋がりを示唆していた。

映像が終わると、センターステージに4色の球体(魂)が降りてくる。その光と入れ替わるかのように、映像のラストシーンさながら、突如メンバーがソファに倒れたまま現れた。先ほどまで映像で着ていた衣装を身をまとい、まるで映像の中からGLAYが出てきたかのような演出。そして、天からの光に包まれたメンバーがHISASHIを除いて次々と生き返り、HISASHI作詞・作曲の「ROCK ACADEMIA」でライブは幕開け。

TERUが「Come on!」という掛け声とともにファンに手拍子を誘導し、1曲目から声が出せないなかでもファンとの一体感を作り出す。ソファからひとりだけなかなか動かないHISASHIは、座ったまま楽曲が終わってしまうかと思われたが、最後のサビで立ち上がり、なんと担当のギターそっちのけでマイクを持ちTERUとのツインボーカルを披露。珍しいふたりのデュエットに会場も拍手でさらに盛り上がった。

曲が終わると暗転し、スクリーンでは人気スペースアクション超大作を思わせる音楽と映像が流れる。現在の状況を「コロナ軍との戦い」と表現し、コロナ禍におけるメンバーの活動を英文と日本語字幕でオープニングロールのように綴った。「当たり前のようにライブがあった日常、コロナ禍で大事な何かに気付かされた日々、この一瞬が奇跡と思えるような時間を取り戻そう。GLAYと共にあらんことを」という文字で締めくくり、会場は拍手で包まれた。

映像が終わると、ドラマ衣装からライブ衣装に着替えたメンバーが登場し、「ALL STANDARD IS YOU」「MIRROR」と歌詞が沁みるナンバーを披露。

TERUは「HOTEL GLAY GRAND FINALEへようこそ! みんなの想い、そして僕たちに届けようと思っているすべての愛情をこの両手に託して、そのHands clapで僕らに届けてください! 今日は言葉はいらない。その代わりに、皆さんのその手で音を鳴らして僕たちに届けてください。それだけあれば僕たちは幸せです! よろしく!」と熱く語りかけた。

続けて「このコロナ禍でしかできないCommunicationしていこうぜ!」と高らかに叫び、「HIGHCOMMUNICATIONS」を披露。TERUが拳を突き上げてクロスさせると観客もそれに続く。言葉を発さないファンとのコミュニケーションで会場はひとつとなった。

続いてレーザーとファイヤーボールの激しい演出で「天使のわけまえ」、最新シングルよりTERU作曲によるシンセサイザーの未来的な響きが特徴の「流星のHowl」を披露。スクリーンでは曲に合わせて流星が降り注ぎ、会場を盛り上げた。

曲が終わると、TERUは「みんながGLAYを愛してくれて、GLAYを守るため言葉を発さず、その両手で愛情を表現してくれている、それを見るだけで俺たちは感動するし、うれしい。こういうライブもなかなかできないし、こういう状況を一人ひとり楽しみましょう!」とファンへの愛とともにコロナ禍でライブに来てくれたファンをポジティブに元気づけ、ファンも拍手で応えた。

そんなTERUの熱いメッセージの直後、TAKUROが「絶対に笑ってはいけないGLAYのライブみたいになってますよね? TERUさんが普通にMCやるだけでルール違反になりかねないのであまり面白いこと言わないでください」と、これまでTERUがライブで発してきたMC中の天然発言をいじり会場の笑いを誘った。

静かに語りかけるように「May Fair」が始まり、続けて人気曲「春を愛する人」「カーテンコール」ではサポートメンバー、ハジメタルのキーボードとTERUの歌声で会場を優しく包み込みファンを魅了した。

世界観を変え披露したのは、GLAYのあらたな可能性を示したと言われる「Into the Wild」。スクリーンに映し出される雄大な自然と力強い野生が、楽曲の世界観をまざまざと表現する。赤いピンスポットを浴びたTAKUROのギターから始まる「月に祈る」では、HISASHIとTAKUROが向かい合った演奏にファンは息を飲んだ。曲のラストではバンドメンバーを含む全員で会場のボルテージをあげ、ラストブロックへと繋げた。

テンションをそのままにTERUが「新曲やります!」と宣言。始まった「SHINING MAN」のキャッチーでリズミカルなサウンドに、初めて聴くファンも思わずメンバーに合わせてハンズクラップ。「everKrack」ではスクリーンに過去のメンバービジュアルやニュースなど、ウィットに富んだ映像をユーモラスに加工して大いに会場を沸かせた。ステージの両端にサンタ帽をかぶるメンバーを模した巨大バルーンが出現すると「VIVA VIVA VIVA」を披露し、わくわくさせる演出が止まらない。

畳みかけたあと、TERUがタイトルコールを叫んだのは、JIROが作詞・作曲を手がけた「lifetime」。

この曲はJIROの「またファンに会いに行く」という思いが込められており、“苦しい時にほら 流れるこの MUSIC 次にまた会えることの喜びを”という歌詞は、コロナ禍という現在の状況と重なって、GLAY からファンへのメッセージを感じられる。TERUは最後の“lifetime of happiness”の歌詞の部分を「また必ず会えるよ」と歌い変え、歌唱後にはさらに「必ずまた会えるよ」と繰り返しファンとの再開を誓った。

安全なライブの開催に向けステージを作り上げたスタッフ、そして不安のなか、万全な対策でGLAYのライブに駆けつけたファンへの感謝を、TERUはていねいに述べ、「これからもみんなを大切に思いながら活動していきたいと思います。コロナはたったひとりで戦っているわけではなく僕らも一緒に戦っているんだということを感じてほしい」と勇気づけた。

MCでTERUは「このステージがあることが当たり前だと思っていたけど、当たり前じゃなくなる。そんなことに気づかせられる日々でした。改めてこのステージの大切さを噛み締めました。でも、必ず一緒に歌える日が来る、それを願いながら心の中で一緒に歌いましょう」と叫び、「SOUL LOVE」のイントロが流れる。

実は「SOUL LOVE」には今回特別な思いが込められていた。コロナウィルス感染が確認され始め、ライブの中止などが相次いだ3月1日に、HISASHIが「今は耐え忍ぶ時期、でもエンタテイメントの可能性を信じよう。そして『SOUL LOVE』をドームで一緒に歌おう」とYouTubeでファンと約束していた曲だからである。

その約束を汲み取ったTERUは「みんなの声は聞こえなくても、僕らの脳にはみんなの声が焼き付いているので確実に聴こえてくると思います」と話し、ようやくファンと同じ空間で披露するという約束を果たした。演奏中にはモニターにファンとメンバーが共に盛り上がる過去の様々なライブ映像が映し出され、これまでのファンとの歩みと絆をよりいっそう感じ取れるエモーショナルな時間が流れた。

ライブ定番曲「ピーク果てしなく ソウル限りなく」の会場全体でシンガロングするパートでは、過去ライブの映像とファンの歓声を交えながら、GLAYがファンとの繋がりを大切にしていることが際立つ演出が施された。

本編のフィナーレは、こちらもライブの定番曲となった「XYZ」。このナンバーでは、モニター上で飛行機が客席を飛び回るなど、GLAY初となるAR演出を披露した。オンラインライブを見ているファンが配信視聴だからこそ楽しめる新しい演出を入れ込むという、彼ららしいスタンスで大いに会場を盛り上げた。

本編は終わり、会場に響く鳴り止まないアンコールに呼ばれステージに舞い戻ったGLAY。

TERUが「本来は掛け声とかヘドバンとかする曲だけど今日はそれはなしで、いかに自分がその定位置で楽しめるか、そんなチャレンジをしていただきたいと思います。それでは高らかに叫ばせていただきます!」と放ち、生声での「彼女の“Modern…”」とタイトルコール。

そこから「今日という日にこのステージに立てたこの幸せを、この曲に乗せたい」と伝え、「Bible」を披露し、ラストは「HEROES」。「自分を信じていけよ! また必ず会える!」と最後までファンにエールを送り続け、GLAYのデビュー25周年ライブのグランドフィナーレに幕が下りた。

ライブ中は終始、コロナ状況下で不安を抱えるファンを勇気づける言葉を投げかけていたGLAY。最後に宣言した「みんなのそばにはいつも俺らがいる」という言葉は、GLAYとファンとのこれまでの絆の再確認し、そしてその絆をさらに深めた瞬間だった。

今しかできないことを全力で取り組む、そしてファンと共に走り続ける。25年間一度も活動を止めないGLAYだからこそ作り上げられたライブであった。

なお、12月20日のライブのアーカイブ映像は、各プラットフォームにて1月3日23時59分まで視聴可能。見逃した人はぜひチェックしよう。

PHOTO BY 岡田裕介 ※メイン写真

<セットリスト>
01. ROCK ACADEMIA
02. ALL STANDARD IS YOU
03. MIRROR
04. HIGHCOMMUNICATIONS
05. 天使のわけまえ
06. 流星のHowl
07. May Fair
08. 春を愛する人
09. カーテンコール
10. Into the Wild
11. 月に祈る
12. SHINING MAN (新曲)
13. everKrack
14. VIVA VIVA VIVA
15. Friend of mine
16. lifetime
17. SOUL LOVE
18. ピーク果てしなく ソウル限りなく
19. DOPE
20. XYZ
[ENCORE]
21. 彼女の“Modern・・・”
22. Bible
23. HEROES


プレイリスト『GLAY DEMOCRACY 25TH “HOTEL GLAY GRAND FINALE”in SAITAMA SUPER ARENA』配信リンク
https://lnk.to/25THHOTELGLAY_GRANDFINALE

GLAY OFFICIAL WEBSITE
https://www.glay.co.jp/


PHOTO BY 田辺佳子

PHOTO BY 田辺佳子

PHOTO BY 田辺佳子

PHOTO BY 岡田裕介

PHOTO BY 田辺佳子

PHOTO BY 田辺佳子

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人