チャン・グンソク、オンラインでファンとクリスマスパーティー! レアな私物のプレゼントも

■「#グンちゃんのクリスマスパーティー」がトレンド入り! イベント終盤ではファンへの想いをしたためた手紙を、日本語で披露!

チャン・グンソクが、12月19日、日本向けオンラインファンミーティング『2020 JANG KEUN SUK X’mas Online Fan Meeting ~always with U~』で、ファンとひと足早いクリスマスパーティーを開催。配信中にハッシュタグ「#グンちゃんのクリスマスパーティー」がTwitterでトレンド入りするなど熱い反応を見せた。

今回のイベントは日本のファン向けに企画されたもの。韓国からの配信にも関わらず、オール日本語による生配信となった。

イベントのコンセプトはファンと過ごすクリスマスパーティーということで、最初のコーナー「Yasik time」では簡単なパーティー料理を披露。材料は事前に公式LINEを通じて送っていた招待状で告知していたため、参加しているファンたちも画面越しに一緒に作って食べることができ、SNS上には実際に作ってみたという認証ショットが多数アップされた。

続く「Show time」では過去のライブ映像から、ハプニングシーンをグンソク自身が編集した映像や、ファンが選んだ名場面などを振り返った。

また、「Daily Life」では、今回のイベントのために撮影された、チャン・グンソクのとある休日に密着した映像を公開。今年引越しをしたという新居や、プライベートスタジオで普段どんなふうに過ごしているのかなど、貴重な日常を公開し視聴者を楽しませた。

「Gym Time」では、コロナの影響でジムに行けずホームトレーニングをしているというグンソクが、実際に腹筋を何回連続でできるかに挑戦! また、ファンへのクリスマスプレゼントをかけた、パターゴルフも行われた。

パターゴルフは、失敗すれば私物のレアアイテム、成功すればハズレアイテムを視聴者に抽選でプレゼントというオリジナルルール。リハーサルでは失敗ばかりだったと話していたが、本番での強さを発揮。2連続で成功させ、まさかの展開にグンソク本人も大喜び。それでも視聴者のために愛用のジャージや、社会服務中に使用していた名札などレアアイテムをプレゼントした。

続く「Keun night」では、ラジオDJ風に事前に公式ファンクラブを通じて募集したクリスマスの思い出を紹介。ファンから寄せられたエピソードを読み上げながら、自身のクリスマスの思い出も語った。

イベント終盤では、グンソクがファンへの想いをしたためた手紙を日本語で披露。直接会うことができないファンに向けて、自分の言葉で正直な気持ちを語り、感動的な空気に包まれた。

最後はクリスマスの雰囲気に合わせ、本人が選曲した「守護星」「家に帰ろう」の2曲を熱唱。ファンからも強い人気を誇る選曲にSNSも盛り上がり、温かい雰囲気でイベントを締めくくった。

本編終了後はファンクラブ会員限定視聴のアフターパーティーを開催。チャン・グンソク日本公式ファンクラブ10周年を祝う特別な時間を過ごした。

活動再開後もコロナ渦のため、直接会うことができない日々が続いている。しかし、たとえオンライン上であっても共に過ごすことができた今回のファンミーティングは、ファンにとってはもちろん、何よりグンソク自身にとって最高のクリスマスプレゼントになった。

また、本公演の模様を収録したDVD『always with U DVD』が、ファンクラブ会員限定で発売されることが決定。公演本編、アフターパーティーに加え、DVDでしか観ることのできない特典映像や、10年の歴史を振り返るヒストリーブックレットが付く。

さらに、購入者の名前がエンドロールに掲載されるほか、チャン・グンソクからのスペシャルギフトも封入される予定。完全受注生産となるため、気になる人は早めに予約しよう。

なお、この日のイベントは12月22日23時59分までアーカイブ視聴が可能。視聴チケットの購入は12月22日19時までとなる。

(C)FRAU INTERNATIONAL


リリース情報

2021.03.31 ON SALE ※予定
DVD『always with U DVD』
※ファンクラブ会員限定販売


イベント特設サイト
https://www.jang-keunsuk.jp/2020_alwayswithu

『always with U DVD』の詳細はこちら
https://jang-keunsuk.jp/alwayswithu_dvd/

チャン・グンソク 日本オフィシャルサイト
https://www.jang-keunsuk.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人