前田敦子、成田凌主演映画『くれなずめ』で“いつも怒っている堅物委員長・ミキエ”役に決定!

■「ミキエには前田敦子さんしかいない、と思っていました。12年の月日を感じさせて感じさせない、吉尾(成田凌)の初恋の人。作品にもならない時間を一刀両断してほしかった」(松居大悟監督)

ドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズや映画『アズミ・ハルコは行方不明』 『アイスと雨音』など、多岐にわたる活躍を見せている松居大悟監督が、成田凌を筆頭に個性派かつ実力派の俳優たちを迎えた映画『くれなずめ』の全国公開が、2021年GWに、決定した。

高校時代、帰宅部でつるんでいた6人の仲間たちが、友人の結婚披露宴で余興(赤フンダンス!)をやるべく5年ぶりに集まった。久しぶりに出会った彼らは、その余興のあと、“披露宴”と“二次会”の間の妙に長い“狭間”の時間を持て余しながら、昔の思い出に想いを馳せる。「しかし吉尾、お前ほんとに変わんねぇよな。なんでそんなに変わんねぇの? まあいいか、そんなのどうでも」自分たちは今も友達で、これからもずっとずっと友達でい続けるのだろうと思っていた。そう、たったひとりを除いては……。しかし、この微妙な“狭間”の時間に起こるある出来事、それは観る者の予想を超えていくものだった。

かつて松居監督自身の実体験をモチーフに書かれた、完全オリジナルの舞台劇を、そうそうたるメンバーと共に映画化。先日放送が開始されたNHK連続テレビ小説『おちょやん』にもメインキャストとして出演する気鋭の演技派俳優らを含め、個性的かつ実力派の豪華俳優が勢揃いした。

今回発表された第二弾キャストは合計10名。

映画・ドラマなど多岐にわたる活躍をみせ、近年では『町田くんの世界』(2019年/石井裕也監督)や、ロカルノ国際映画祭で上映された主演映画『旅のおわり世界のはじまり』(2019年/黒沢清監督)での好演が記憶に新しい前田敦子が演じるのは、気が強く責任感があり、高校時代の同級生で、主人公の吉尾と一緒に清掃委員をしていたミキエ。披露宴で再び6人と再会する紅一点の役どころだ。前田は「現場での6人も、一瞬で青春を取り戻したかのように無邪気で無防備に高め合っていて、とにかく楽しそうで、うらやましかったです」と本作の撮影を振り返った。

吉尾ら“6人組”が怖がるヤンチャな同級生、松岡を演じたのは、映画・ドラマ・舞台など幅広く活躍し、演じるだけでなくミュージカルのプロデュースなども手がける城田 優。スクリーンに登場するだけで溢れでてしまう個性的なキャラクターたちに注目だ。

そして、吉尾たちが余興を披露する結婚式場のウエディングプランナーの弘美を演じるのは2012年の女優デビュー後、映画・舞台に出演し、モデルとしても活躍する飯豊まりえ、浜野謙太演じるソースの妻・愛役を演じるのは、ドラマ『来世ではちゃんとします』で主演を務めた内田理央。吉尾とミキエが務める清掃委員の後輩役は、子役として映画を中心に多くの作品に出演する小林喜日、2016年結成のお笑いトリオ・四千頭身のボケ担当、お笑い第七世代の筆頭としてバラエティに引っ張りだこで、今作で演技初挑戦となる都築拓紀(四千頭身)が演じる。

その他にも2008年、映画『クライマーズ・ハイ』で一躍脚光を浴び、以後名バイプレイヤーとして数々の映画やドラマに出演する滝藤賢一、近年では舞台プロデュースの他、若手俳優に対してのワークショップを主宰し、後進の指導にも力を注いでいる近藤芳正、劇作家・演出家・俳優として活動し、多くの作品に起用される岩松了、今回「赤フンダンス」の振付も担当したパパイヤ鈴木らベテラン勢が参戦し、スーパー豪華なキャストが勢ぞろいした。

友人の結婚式で余興を披露するために久々に集まった高校時代の旧友たちが歩く、結婚式の【披露宴から二次会までの狭間】を描いた物語。しょうもないことで笑っていたあの頃があるから、今の自分があることを思い出させてくれる。誰もが経験したことのある、あの太陽が沈みそうで沈まない、えも言われぬ「くれなずむ」瞬間に名前をつけてくれるような、愛おしい作品が完成した。松居監督ならではの観る人の予想を超える「仕掛け」も必見だ。

なお、タイトルの『くれなずめ』は、「暮れなずむ」を変化させ、命令形にした松居監督自身による造語。日が暮れそうでなかなか暮れないでいる状態、転じて、前へ進もうとしても障害があってうまく進めないでいる状態を形容していると監督が語るように、本作は、笑いとヤセ我慢と切なさが同居した青春の残りカスが心に刺さる、様々な狭間に立つアラサー男子6人による、驚きと感動の作品となっている。

■物語
高校時代、帰宅部でつるんでいた6人の仲間たちが、5年ぶりに友人の結婚披露宴で「赤フンダンス」の余興をやるべく集まった。めちゃくちゃ恥ずかしいダンスをやりきった披露宴と、二次会の間の妙に長い時間を持て余しながら、高校時代を思い出す……。「しかし吉尾、お前ほんとに変わんねぇよな。なんでそんなに変わんねぇの? まあいいか、そんなのどうでも」。6人は今までも友達で、これからもずっとずっと友達でい続けるのだろうと思う。そう、たったひとりを除いては……。この微妙な“狭間”の時間に起こること、それは見るものの予想を超えていく。

■前田敦子 コメント
映画の中と負けないくらい、現場での6人も、一瞬で青春を取り戻したかのように無邪気で無防備に高め合っていて、とにかく楽しそうで、うらやましかったです。
そんな強烈な男子6人の青春の片隅にいます。笑

役名: ミキエ
吉尾の同級生。高校時代、清掃委員で完璧主義。いつも怒っている。

■松居大悟監督 コメント
初恋の子は周りから馬鹿にされていて、何も言えないことが悔しかった。
何年も経った同窓会で会うと、その子の中身は何も変わらないのにみんなの目が丸くなるぐらい綺麗になっていて、ほら見たことか、と昔の自分と肩を組みたくなる。ミキエには前田敦子さんしかいない、と思っていました。12年の月日を感じさせて感じさせない、吉尾の初恋の人。作品にもならない時間を一刀両断してほしかった。
そして、何気ない瞬間を彩る素晴らしい役者陣にも出ていただきました。飯豊さん、内田さん、小林さん、都築さん、パパイヤさん。城田さんは大暴れしてくれて、滝藤さんは無駄遣いを楽しんでくれて、近藤さんはゴジゲン旗揚げから見てくれていて、岩松さんはその息子さんと僕と一緒に劇をやっていて。
劇団公演のときはメンバーが後ろを向いて出していた声だったのに、すべてに命が宿り、映画になりました。
友だちと、くれなずんでもらえたらうれしいです。


映画情報

『くれなずめ』
2021年GW テアトル新宿他にて全国ロードショー
監督・脚本:松居大悟
出演:成田 凌 若葉竜也 浜野謙太 藤原季節 目次立樹 / 飯豊まりえ 内田理央 小林喜日 都築拓紀(四千頭身)/ 城田優 前田敦子 / 滝藤賢一 近藤芳正 岩松 了/ 高良健吾
配給・宣伝:東京テアトル
(C)2020「くれなずめ」製作委員会


映画『くれなずめ』作品サイト
kurenazume.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人