弱冠17歳の映画監督・シタンダリンタ最新作のED曲が、監督の熱烈なラブコールの末、大比良瑞希の「Eternal My Room」に決定

■「大好きな人たちと大好きな空気感の中で撮って、たくさんの大好きな音楽たちにお力を借りて、大好きな声で締めくくってもらった大好きな映画です」(シタンダリンタ)

門真国際映画祭やヤングシナリオ大賞などで受賞を重ね、各所で話題沸騰中の17歳の映画監督、シタンダリンタの最新作『もしや不愉快な少女』が、YouTubeにて無料公開中だ。

今作は、未成年であったが故の理由でどん底に落ちてしまった、元子役の少女の心の成長と再生をつづる物語。友情、恋愛、家庭、様々な出来事に触れながら着実に大人へと向かっていくさまを極めてノスタルジックに描きながら、現代においての未成年の立ち位置を模索していく意欲的な1作となっている。

そんな待望の新作のエンディング曲に、シタンダリンタの熱烈なラブコールが見事成就し、七尾旅人、tofubeats、蔦谷好位置の参加で話題の実力派シンガーソングライター、大比良瑞希の今年6月発売の2ndアルバム『IN ANY WAY』収録の「Eternal My Room」が決定!

かねてから大比良瑞希のファンで、その音楽を聴き続けていたシタンダリンタ。「『Eternal My Room』をぜひエンディング曲として使わせてほしいのですが……」と、熱い想いを長文メッセージに綴り、大比良瑞希に送ったところ、そのメッセージにとても感動した大比良瑞希が快諾。今回のエンディング曲決定に至ったというまるで映画のようなエピソードも。

そのほかにも、シタンダリンタこだわりの選曲により、THEティバやBROTHER SUN SISTER MOONなど、総勢17組のアーティストの楽曲が挿入歌として使われている。

17歳の映画監督が描く約3時間に渡る大作。その早熟な才能の閃きを見届けよう。

■シタンダリンタ コメント
数年間聴き続けていた大比良瑞希さんの歌声が、今作のエンディングを飾っていただけると知ったときに、初めて大比良さんの楽曲を聴いた数年前の空気感に一瞬で戻った気がしました。
自分が今も、そしてこれからも大切にしていきたいと思っている『或いは。』という作品は、大比良さんの「見えない糸」を聴きながら書いて撮った作品です。
その作品を共に作ったメンバーをもう一度集め、そしてそれ以降に出会った大人の方を数名お呼びして、また大切にしたくなる作品を撮ろうと、大比良さんの新曲「Etarnal My Room」を聴きながらひたすら書いて今作を撮っていました。
クランクアップしたとき、とても自信を持てる作品になる手応えがありました。
そしたら、まさか最後にその「Etarnal My Room」がエンディングテーマに決まりました。
未だによく理解ができていませんが、なんだかとてつもなく感慨深いものがありました。
そして何よりもうれしくてたまりませんでした。
大好きな人たちと大好きな空気感の中で撮って、たくさんの大好きな音楽たちにお力を借りて、大好きな声で締めくくってもらった大好きな映画です。
どうか最後までご覧いただきたいです!
そして大比良さん、本当にありがとうございます!!

■大比良瑞希 コメント
先日、まるで映画のストーリーのような素敵なお手紙を頂きました!
それはまだ一度もお会いしたことがない弱冠17歳の映画監督が、私のこれまでの作品をめちゃくちゃ聴きこんでくれていて、彼の最新作『もしや不愉快な少女』で今年6月にリリースした新しいアルバム『IN ANY WAY』収録の「Eternal My Room」をエンディングにぜひ使わせてほしいという熱烈なラブレターだったのです。
コロナ禍の自粛期間の中で映画がお蔵入りになったり、延期になったりという、彼にとってとても辛い時期に私の音楽が大きな支えになったという言葉を見つけたとき、うれしくて泣きそうになりました。
シタンダリンタさん、元子役の少女の心の成長と再生という十代とは思えないユニークな物語設定への興味深さも相まって、そこに音楽で一役参加できること、とっても光栄に思います。
いつか映画の主題歌を作りたい! という私の夢を、早くもひとるかなえてもらいました。
完成、本当におめでとうございます!


リリース情報

2020.06.03 ON SALE
ALBUM『IN ANY WAY』

2021.01.20 ON SALE
7インチSINGLE「ムーンライトfeat.七尾旅人」


シタンダリンタ OFFICIAL WEBSITE
https://ndarinta.wordpress.com/

大比良瑞希 OFFICIAL WEBSITE
https://ohiramizuki.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人