全4公演で1万人を動員!氷川きよし、2020年を締めくくるスペシャルコンサートが大盛況で幕

■「コロナ禍のなかでエンタテイメントの灯を消したくない。こういう夢のあるショーを観ていただきたいという一途な思いで今回開催させていただきました」(氷川きよし)

氷川きよしが12月16日、東京・東京国際フォーラム・ホールAで『氷川きよしスペシャルコンサート2020~きよしこの夜Vol.20~』と銘打ったコンサートを開催した。

今年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2月28日の千葉・習志野文化ホールでの公演以降、25ヵ所50公演以上のコンサートが延期・中止に。

その後、コロナ対策を徹底したうえで8月28日から東京・明治座、11月に大阪・新歌舞伎座でそれぞれ座長公演を行い、中断していたコンサートツアーを10月18日、大阪・フェスティバルホールで、2月2日の東京・中野サンプラザ公演以来、259日ぶりに再開した。

そんな激動の1年を締めくくる今年最後のライブステージで、前日15日とこの日の2日間で全4公演を開催。前日に引き続いてソーシャルディスタンスを確保するため、会場の客席5,000席を半分の2,500席にして、両日で1万人を動員した。

コロナ退散を願ってアマビエをイメージした青い衣装に青色マスクを装着して登場した氷川は、アレンジを替えた元気曲「大丈夫2020」でオープニングの幕を開けたあと、「未曾有の2020年、こうやってコンサートをさせていただくのが奇跡のような時間でして、今日も全員、お一人おひとりの心に届くように魂を込めて歌わせていただきたいと思います。いろんな壁を乗り越えて、皆さんとは人として魂で繋がっている、そういう思いで1曲1曲、歌の主人公に成り代わって歌わせていただきます。どうぞ最後の最後までお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます」と挨拶。

黒のタキシード姿でロングヒット中の新曲「母」、アルバム収録曲から「残雪の町」「出発」、ヒットシングル曲「櫻」、10月13日発売のニューアルバム『生々流転(せいせいるてん)』からタイトル曲「生々流転」やデビュー曲「箱根八里の半次郎」、深紅の洋装で「枯葉」「恋、燃ゆる。」、ピンク&ホワイトのスーツ姿で「Call me kii」「きよしこの夜」を歌唱。

そして、自身が初めて作詞した「Never give up」、黒色レースをあしらったボディスーツに着替えて話題曲「限界突破×サバイバー」、アンコールでは白色マントの洋装で「ボヘミアン・ラプソディ」など全28曲を熱唱した。

そのなかで、「コロナ禍のなかでエンタテイメントの灯を消したくない。こういう夢のあるショーを観ていただきたいという一途な思いで今回開催させていただきました」と目を輝かせながら、「私にしかできない伝えたいことがいっぱいあるので、これからもそういう人生を自分らしく歩んでいきたい」と話していた。

なお、氷川のデビュー満20年を記念して、12月13日から17日までの5日間、東京・ウィズ原宿ホールで『氷川きよし衣裳展』が開催中。


リリース情報

2020.10.13 ON SALE
ALBUM『生々流転』


氷川きよし 日本コロムビア公式ホームページ
https://columbia.jp/hikawa/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人