恵比寿学園男子部=EBiDANメンバー、大挙出演! ドラマ『FAKE MOTION -たったひとつの願い-』予告映像公開

■各高校テーマソングのプロデュースに、布袋寅泰、まふまふ、田中ユウスケ、JUNEら豪華アーティストが集結!

<恵比寿学園男子部(EBiDAN)>×マルチクリエイター<まふまふ>×漫画家<おげれつたなか>の超豪華布陣で2020年に始動した総合エンターテインメントプロジェクト『FAKE MOTION』。ドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』は、日本テレビにて2020年4月期深夜に放送、オンエア中は毎週「#FAKEMOTION」「#卓球の王将」がトレンドにあがるなど、卓球を通して高校生の“友情”や“悩み” “葛藤”を描き、その熱い展開が話題をさらった。

コロナ禍でもそのプロジェクトは精力的に展開され、オンラインで応援上映ファンミーティングやオンライン舞台(朗読劇)を開催。さらに9月には『東京ガールズコレクション』にてアパレルブランド「FAKE MOTION」を発表した。

そして、ビジュアルと演技力を兼ね備えた期待の若手俳優の“登竜門”としての地位を築いたエンターテインメントプロジェクトの次なる展開、シーズン2となるドラマ『FAKE MOTION -たったひとつの願い-』が、来年1月20日深夜より日本テレビにて放送。このたび、予告映像が解禁された。

新ドラマは、シーズン1のドラマ『FAKE MOTION -卓球の王将-』に出演していた都立八王子南工業高校の土方歳鬼(板垣瑞生)を中心に、新キャストとなる荒牧慶彦演じる天下布武学園・織田佐之助らとの戦いを描く内容。東京vs大阪という卓球での天下分け目の決戦はもちろん、卓球を通して“夢”や“仲間”との“絆”を見つける中で、本当に大切なものに気づき、それを守るためにそれぞれが強くなっていくという成長&青春ストーリーだ。

主演はNHK連続テレビ小説『エール』、ドラマ『社内マリッジハニー』など数々の話題作に出演、弱冠20歳にして幅広い役柄を豪快かつ繊細に演じ、若手最注目株として頭角を現す板垣瑞生。

さらに、今回のドラマから舞台界のトップに君臨する荒牧慶彦のほか、染谷俊之、玉城裕規、廣瀬智紀など超強力メンバーが参戦、シーズン1ドラマの世界観はそのままに、より個性の際立つ魅力的なドラマが誕生する。

さらに、そのドラマの中に登場する各高校のテーマソングのプロデュースに、布袋寅泰、まふまふ、田中ユウスケ、JUNEという超豪華アーティストが集結!

今作のストーリーの中心に位置する<エビ高連合軍>のテーマソング「覚醒」は、11月25日に世界7ヵ国のアーティストが参加し、日本からは吉井和哉やコブクロ、氷川きよしの参加で話題となった自身14年ぶりのアルバム『Soul to Soul』をリリースし、さらに来年2021年にはアーティスト活動歴40周年を迎える、布袋寅泰がプロデュース・作曲を担当。印象深いギターに加えてストリングスが響きわたる壮大なミディアムサウンドとなっている。歌唱メンバーは、板垣瑞生、佐野勇斗(M!LK)、古川毅(SUPER★DRAGON) 、田中洸希(SUPER★DRAGON)、吉澤要人(原因は自分にある。)。

一方、エビ高と天下分け目の決戦を繰り広げる<天下布武学園>のテーマソング「エンドゲーム」は、前作のドラマから引き続き、本作の主題歌「FAKE MOTION」も手がけ、2020年音楽シーン注目度No.1のマルチクリエイターである、まふまふがプロデュース。まさに「エンドゲーム」というタイトルの緊張感が伝わってくる、躍動感みなぎるサウンドとなっている。歌唱メンバーは、荒牧慶彦、草川直弥(ONE N’ ONLY)、宮世琉弥、大倉空人(原因は自分にある。) 。

かつては天下布武をも脅かすほどの圧倒的強さで大阪を支配していた<信玄明王高校>のテーマソング「花鳥風月 – Beauty of Nature -」は、数多くのヒット曲を手がける田中ユウスケ&agehaspringsがプロデュース。華やかな歌声と勢いのあるラップが融合された、シンプルながら重量感溢れるサウンドの同曲の歌唱メンバーは、玉城裕規、志村玲於(SUPER★DRAGON)、杢代和人(原因は自分にある。) 。

さらに、信玄明王とともに大阪を支配する全知全能集団<謙信ソルト電子工学院>のテーマソング「SMASH」は、様々なアーティストの楽曲プロデュースや嵐の楽曲の作詞など、幅広く活躍する韓国出身のクリエイター、JUNEがプロデュース。エッジの効いた重い4つ打ちビートに、それぞれのボーカルがテンポよく入り交わるダンスサウンド。歌唱メンバーは、ダンス&ボーカルユニット、ONE N’ ONLYから関哲汰、山下永玖、上村謙信、高尾颯斗、沢村玲。

「卓球」を通して、“夢” “仲間” “絆”に気づき、登場人物それぞれが成長していく姿が描かれる本作。超豪華アーティストプロデュースの楽曲により、高校時代ならでは青春の光と陰が、よりドラマチックに彩られることは間違いない。

また、この4曲が収録されたシングル「FAKE MOTION -たったひとつの願い-」が2021年2月24日にリリースされることも決定した。

■ドラマあらすじ
『卓球戦国時代』。

高校生同士の優劣を決めるのも、勉強や喧嘩の強さではなく・・卓球の勝敗。
戦国時代の領地争いの如く、高校同士の覇権争いは、熾烈を極めていた。

激戦区・東東京の頂点に君臨するのは……部長の島津(小笠原海)、西郷(草川拓弥)らを擁する絶対王者・薩川大学付属渋谷高校。

かつては幾多の高校が「打倒薩川」と息巻き下克上を成し遂げようとしていたが、その強さの前に多くの高校が屈し薩川の傘下となる。卓球による優劣の中、どんな理不尽もまかり通った。
『薩川の傘下にあらずんば高校に非ず。』

そんな時代を終わらせるべく、ある高校が王者・薩川に戦いを挑む。
恵比寿長門学園、通称“エビ高”。

「天下をとって、狂った時代を終わらせる」

部長の松陰久志(北村匠海)のスカウトでエビ高卓球部に入部した高杉律(佐野勇斗)。
卓球部のエースであり、律の幼なじみである桂光太郎(古川毅)をはじめ部員との確執、
松陰の病気、光太郎の怪我など様々な障害が律の前にたちはだかるが、仲間と切磋琢磨しながら徐々にチームはひとつになっていった。

そして強い結束力で結ばれたエビ高は、ついに王者薩川と戦い、勝利をおさめる。

エビ高の勝利により戦いに終止符は打たれ、「自由な卓球」を楽しむ時代が訪れたはずなのだが……。

半年後――。
都立八王子南工業高校の部長・近藤勇美(森崎ウィン)は大阪の頂点・天下布武学園との試合に負けていた。天下布武の織田佐之助(荒牧慶彦)はそこで宣言する。
「東京の頂点・エビ高を潰し、他の高校もすべて潰して、天下布武に従わせてみせる。」

そして、近藤を“マザー”と呼び、誰よりも慕う土方歳鬼(板垣瑞生)の目の前で、近藤に制裁をあたえる。命より大切な家族を傷つけられ、織田への復讐を誓う土方。
「マザーのために死ぬなら本望だよ」。

土方は、かつてはライバルだったエビ高の井上紋太(田中洸希)や伊藤俊介(吉澤要人)、そして失われた友情を取り戻すため共に戦うことを決めた、元 天下布武のエース・明智十兵衛(草川直弥)とともに<エビ高連合軍>を結成し、天下布武と戦うことを決意する。

そして、明智の口から、1年前、大阪で起こったある出来事が語られる――。

明智が大阪からひとり、東京に乗り込んできた理由とは!?
なぜ織田は心を失い、絶対的恐怖による支配を始めたのか。

そして、<エビ高連合軍>は天下布武を倒し、大切な仲間を、東京を守ることができるのか!

■布袋寅泰 コメント
※エビ高連合軍のテーマソング「覚醒」プロデュース・作曲を担当
豪華なキャストたちの汗と涙の熱演に応えるべく、“泣ける応援歌”を作りました。サビの“這いつくばって這いつくばってカラになって声嗄らせ”のフレーズに込めた悔しさと決意。視聴者の皆さんにも、両手を握りしめながら歌ってほしいと思います。男たちのバトルと絆。ストーリーの展開を、皆さんと一緒に楽しみたいと思います。

■主演・板垣瑞生 コメント
僕は、布袋寅泰さんプロデュース・作曲の「覚醒」を歌わせていただいたのですが、歌詞はもちろん、全体的にすごく曲に厚みがあるなと感じました。布袋さんならではのイントロのギターから染み出てくる重さや熱さは、このドラマで一人ひとりが抱えているものと重なり、聴いていてとても感動しました。

様々な有名アーティストの皆さんにプロデュースいただいたテーマソングは、バリエーションに富んでいて各高校のキャラクターにあった楽曲になっていますので、ぜひそこにも注目しながら、熱くエモい男たちの物語をより楽しんでいただければと思います。


番組情報

日本テレビ『FAKE MOTION -たったひとつの願い-』
毎週水曜深夜24:59~25:29 ※2021/01/20スタート
※Hulu、dTVで地上波放送終了後に見逃し配信スタート

※1/20は『FAKE MOTION -卓球の王将-』特別編 前編
1/27は『FAKE MOTION -卓球の王将-』特別編 後編 を放送

<キャスト・スタッフ>
【エビ高連合軍】 板垣瑞生 草川直弥 田中洸希 吉澤要人 ジャン海渡 池田彪馬 ・ 森崎ウィン ・ 佐野勇斗 古川毅
【天下布武学園】 荒牧慶彦 廣瀬智紀 定本楓馬 宮世琉弥 大倉空人 森田桐矢 山縣悠己
【薩川大学付属渋谷高校】 草川拓弥 小笠原海 村田祐基 船津稜雅 松尾太陽
【謙信ソルト電子工学院】 染谷俊之 田村升吾 関哲汰 山下永玖 上村謙信 高尾颯斗 沢村玲
【信玄明王高校】 玉城裕規 志村玲於 杢代和人
花江夏樹(ナレーション)

まふまふプロデュース 主題歌:FAKE MOTION / King of Ping Pong
監督:滝本憲吾
脚本:小山正太・杉原憲明・山下すばる
音楽:牧戸太郎

(c)汐留ヱビス商店街 (c)FAKE MOTION 製作委員会


リリース情報

2021.02.24 ON SALE
King of Ping Pong
SINGLE「FAKE MOTION -たったひとつの願い-」


公式Twitter
@fakemotion_pj

公式Instagram
@fakemotion_pj

FAKE MOTION オフィシャルファンクラブ
https://fc.fakemotion.jp/

『FAKE MOTION -卓球の王将-』プロジェクトサイト
https://www.fakemotion.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人