香取慎吾主演ドラマ『アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室〜』、個性豊かなレギュラーキャストが明らかに

■「憧れの存在の香取さんと共演させていただくということは、今でも夢のようです」(関水渚)

テレビ東京の月曜22時枠にて、2021年1月から、SNSでの誹謗中傷をテーマにしたまったく新しいサスペンスドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』がスタートする。

主演の香取慎吾は、5年ぶりの民放ドラマ出演。テレビ東京のドラマ出演は1988年の『あぶない少年III』以来33年ぶりとなる(いずれも2021年1月時点)。

香取演じるワケあり捜査官・万丞渉(ばんじょう・わたる)が所属するSNSトラブル専門の対策室「警視庁指殺人対策室」(“指殺人”対策室)、通称“指対(ゆびたい)”にいるのは、出世コースからはずれたクセモノばかり。

このたび、そんなひと癖もふた癖もある指対メンバー4名のキャストが決定した。

万丞の相棒であり本作のヒロイン・碓氷咲良(うすい・さくら)役には、テレビ東京のドラマ初出演となる関水渚。2019年公開の映画『町田くんの世界』のオーディションで1,000人を越える応募者のなかからヒロインに抜擢され女優デビュー。この初主演&女優デビュー作で、キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞、ブルーリボン賞、毎日映画コンクールなど新人賞を総なめに。その後も映画・ドラマなど数々の話題作に出演、今最も活躍が期待されている若手女優が、今回ヒロインに抜擢された。

“特定”が得意な鬼女・菅沼凛々子(すがぬま・りりこ)役には、バラエティのみならず近年は女優としての活躍も目覚ましく、第62回ブルーリボン賞助演女優賞受賞経歴ももつMEGUMI。今年話題となった、テレビ東京 ドラマ24『浦安鉄筋家族』で演じたハチャメチャなドケチ主婦から一転、万丞も一目置くほど仕事がデキるクールで勝気な女性を演じる。

指対室のデジタル担当・四宮純一(しのみや・じゅんいち)役には、今年出演映画が立て続けに公開され、第11回TAMA映画賞では最優秀新進男優賞を受賞した若手実力派・清水尋也が決定。インターネット知識に長けた優秀な巡査長を演じる。

そして、万丞の上司となる指対室の室長・越谷真二郎(こしがや・しんじろう)役には、名バイプレイヤーとして数々の人気作品に出演、テレビ東京の長寿サッカー番組『FOOT×BRAIN』のMCとしてもおなじみの勝村政信。我が道を行く万丞と、それに振り回される越谷のやりとりにも注目だ。

なお、12月14日放送のテレビ東京『共演NG』放送終了後の次作予告にて、『アノニマス』のスポット映像が、地上波で初めて公開。こちらも要チェックだ。

日本語で“匿名”を意味する言葉、“アノニマス”。社会問題となっているキーボードによる殺人=指殺人(ゆびさつじん)の被害者を救うため、主人公・万丞渉を始め、クセの強い“指対”メンバーたちはどう立ち向かい、いかにして事件を解決に導くのか……。

顔の見えない犯罪者=アノニマスと闘う人々を描く新感覚クライムサスペンス『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』は、2021年1月スタート。

<キャストコメント>
■関水渚(碓氷咲良 役)
[役紹介]
万丞の相棒。捜査にとても前のめりで、相談者に感情移入しがち。
[コメント]
以前からテレ東さんのドラマもバラエティも大好きで、一視聴者として楽しませてもらっていたので、ついにテレ東さんの作品に出演させていただけると聞いてとってもうれしかったです。そして、SNSを通して起きた事件を扱うということで、今までにない新感覚のドラマになりそうだなと、ワクワクしています!
まだ撮影前ですが、真っすぐで熱くなりやすくて、でもちょっぴり抜けてる、咲楽の人間としてのかわいらしさにとても惹かれています。咲楽の心の動きを思いっきりよく、繊細にていねいに演じられたらと思っています。また、トップスターで、憧れの存在の香取さんと共演させていただくということは、今でも夢のようです。香取さん演じる万丞の大きな背中を追いかけて、全力で咲良を走り抜きたいと思います!
SNS時代の今、本当に大切なことを改めて共有できるドラマだと思います。特にSNSを使ったことがあるすべての方に、ドラマの中だけの話だと思わず、ぜひご覧いただきたいです。

■MEGUMI(菅沼凛々子 役)
[役紹介]
特定が得意な鬼女で、勝気な女性。
[コメント]
香取さんとドラマで共演させていただくのは、過去にSPドラマで1回共演させていただいて以来です。とてもご無沙汰しているんですが、香取さんは幅広い世代にとってのスターであり多才な方。アートも映画も拝見させていただき、なんでもできる方という印象があるので、香取さんとがっつり濃厚な撮影ができるということは光栄で楽しみにしていました。
今回演じる凛々子という役は、私の中にはまったくない感覚なんですが、わからないことを突き詰めて、突き詰めて、突き詰めて、わかっていく快感を抱いているんだと思います。また、凛々子が“鬼女”をやっているのは、自分の生活環境の中で、今の時代を強く生きていくためなのだろう思っています。SNSというこの時代だからこそ生まれた形で、今しか描けないテーマだと思います。
2020年はSNSがきっかけで起きた悲しい事件やニュースがたくさんあって、私自身もこのテーマについて考えていたので、こんなストレートにこのスピード感でこうしたドラマ作品を描いたのは、すごいことだなと思いますし、意味のあることだなと思います。自覚がなくてもSNSに依存していたり、SNS上で繋がっている人が多いなかでの人との繋がりだったり、気が付いていないけど人を傷つけていたり……。SNSとの付き合い方を自分に置き換えて、このテーマを考えていただいたらと思います。

■清水尋也(四宮純一 役)
[役紹介]
ホワイトハッカー。指対室デジタル担当。
[コメント]
四宮純一を演じます、清水尋也です。
素晴らしいキャスト、スタッフの皆さんと共に、ひとつの作品へと臨めることを光栄に思います。香取さんをはじめ、大先輩方との共演は身の引き締まる思いです。この作品を通じて様々な事を学び吸収し、人として、役者としてまたひとつ成長していきたいと思っています。
『アノニマス』という作品に込められたメッセージや、四宮純一という人間を、芝居を通じて皆様にお届けできるよう、精一杯演じさせていただきます。
昨今、社会的に問題視されているSNS上での誹謗中傷。SNSと共に育ってきた世代の人間として、目の前の現実から目を背けることなく、誠実に向き合っていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

■勝村政信(越谷真二郎 役)
[役紹介]
指対室室長。温厚な人柄で、万丞と指対室メンバーの板挟みにあいがち。
[コメント]
撮影は本当に楽しみです。昔、『SMAP×SMAP』で共演したときに上から泥の中に落ちるコントがあって、香取くんとふたりきりになったときに、香取くんから小声で「落として! 落として!」って言われて香取くんが泥んこになったことを思い出しました(笑)。
俳優を始めた頃に東映の刑事ものなどは演じさせていただきましたが、その頃の刑事ものと最近の刑事ものは、犯罪の種類が違うので、まるで別物になっていると感じます。昔は拳銃を打つシーンが多かったですが、最近はネット犯罪や詐欺などの事件を扱うことが多くなり、そういう役に対応をしないといけないんだなと思っています。
昔の刑事ドラマは、勧善懲悪で犯人を叩きのめして最終的に皆さんの溜飲が下がる、スカッとする、というストーリーが多かったですが、今は犯人を捕まえても被害者の思いに焦点があたり、釈然としないストーリーの作品も出てきた。今は現実がそうなっている。
『アノニマス』の第1話でも被害者に焦点が当たる。ドラマの水準が上がり、市井にあってきた、夢物語ではなくリアリティを描くようになってきたと思っています。
(ドラマを通じて伝えたいのは)「希望」です。亡くなった命は戻ってこないですが、これからすこしでも悲しい思いをする人たちが減っていくよう、僕らも頑張っていかないとと思っています。

■濱谷プロデューサー コメント
33年ぶりのテレビ東京出演の香取さんを主人公にお迎えしたので、周りはテレビ東京らしいクセの強いメンバーで囲みたいという想いでキャスティングしました。
指殺人対策室=略して“ゆびたい”、本当にクセの強いメンバーが揃いました。
石井裕也監督の映画『町田くんの世界』で、猪突猛進の体当たりの演技が鮮烈で、ブレイク中の関水渚さん。
白石和彌監督『ひとよ』、市井昌秀監督『台風家族』など、ここにきて脂がのりまくっている女優、MEGUMIさん。
中島哲也監督『渇き』、山戸結希監督『ホットギミック』をはじめ、唯一無二の異彩を放つ若き怪優、清水尋也さん。
そして、同クールの『バイプレイヤーズ』でもご一緒し、見ない日はない活躍ぶりの名バイプレイヤー、勝村政信さん。
香取慎吾さん演じる捜査一課出身の万丞渉と、どんな化学反応が生まれるのか楽しみです。
まだ発表していないキャストも、これまた実力派で個性派です。お楽しみに!


番組情報

テレビ東京『アノニマス ~警視庁“指殺人”対策室~』
2021年1月スタート 毎週月曜22時~
放送局:テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送
配信:動画配信サービス『Paravi』にて配信予定

主演:香取慎吾
出演:関水渚、MEGUMI、清水尋也、勝村政信 ほか
監督:及川拓郎 湯浅弘章 大内隆弘
脚本:小峯裕之、玉田真也 入江信吾
チーフプロデューサー:阿部真士(テレビ東京)
プロデューサー:濱谷晃一(テレビ東京)北川俊樹(テレビ東京)合田知弘(テレビ東京)稲垣護 佐藤満 高橋潤
制作:テレビ東京/ギークピクチュアズ
制作協力:ギークサイト
製作著作:「アノニマス」製作委員会
(C)「アノニマス」製作委員会

【あらすじ】
SNSのトラブルが後を絶たない。警視庁は、世論の声に応えるべく試験的に専門の対策室「警視庁指殺人対策室」(通称「指対(ゆびたい)」)を新設した。SNSの情報を分析し捜査に役立てるとともに、誹謗・中傷の撲滅を目指し市民からの相談に乗る――。そんな理念を掲げつつ、実際には世間に対するポーズとしての部署新設であり、集められたメンバーは、万丞渉(香取慎吾)をはじめ、出世コースから外れたクセモノばかり。
そんなある日、ひとりの中年女性が対策室を訪ねてきた。先日、ひとり暮らしをしていた娘が自殺したのだが、警察は「事件性なし」として早々に捜査を打ち切っていた。だが、ファッションモデルである娘がネット上で激しい誹謗中傷に遭っていたことを知り、娘を死に追いやった人たちを捕まえてほしいと依頼。「指対」の捜査が始まる!


『アノニマス』番組サイト
https://www.tv-tokyo.co.jp/anonymous/

『アノニマス』番組公式Twitter(@txdrm_anonymous)
https://twitter.com/txdrm_anonymous

『アノニマス』番組公式Instagram(@txdrm_anonymous)
https://www.instagram.com/txdrm_anonymous/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人