EXILE TAKAHIROがEXILE ATSUSHIに直談判!「ATSUSHIさんにお願いがあります」「なになに?? どうした??」

■「約束 〜promises〜」(Recording Movie)は、ふたりの現時点では最後のレコーディングシーンになっていますが、これを最後にしないという意味での「約束」でもあります。(EXILE ATSUSHI)

11月に勇退を発表したEXILE ATSUSHIが参加している最後のシングル「SUNSHINE」(勇退前ラストLIVE 120分収録)に、EXILE ATSUSHI書き下ろしのバラード「約束 〜promises〜」が追加収録されることが決定。あわせてレコーディングムービーが公開となった。

今作は、長年EXILEのボーカルとして共に歌い続けてきたEXILE TAKAHIROからの「最後にふたりでバラードを歌いたい」という提案に答える形で、EXILE ATSUSHIが作詞/作曲を手掛けており、「いつかまた同じステージの上で会おう」と約束する、そんな想いが込められた作品となっている。

「約束 〜promises〜」レコーディングムービーは、EXILEとしての最後のレコーディングの様子や、今作で共に歌うEXILE TAKAHIROとのスタジオワークに加え、これまでふたりがEXILEのボーカルとして走り続けてきた歴史を感じさせる内容に仕上がっている。

EXILE ATSUSHI コメント
このたび15人体制最後のシングル『SUNSHINE』に、「約束 〜promises〜」という新曲のバラードが急遽収録されることになりました。

グループ活動の卒業が決まり、その後のTAKAHIROとの食事の場で、TAKAHIROが急に「ATSUSHIさんにお願いがあります」と真剣な眼差しでボクを見てきました。
ボクはちょっと、一瞬なにかとんでもないことを言い出すのではないかと、内心ドキッとして、「なになに?? どうした??」と聞き返すと、「ATSUSHIさんと最後にふたりでバラード歌いたいです」と彼は口にしました。

その瞬間、胸が熱くなり、感動にも似た、何か親心にも似た、うれしいし、TAKAHIROが頼もしく見えて、何かポジティブな意味での複雑な感情、感覚になりました。TAKAHIROとの約15年近い付き合いの中で、自分に対して、初めて明確なお願い事をしてきたように思います。

その瞬間、2010年に行われた『EXILE LIVE TOUR 2010 FANTASY』のツアーで、共に「もっと強く」という曲を熱唱していたことを思い出し、いろいろなことが頭に浮かびました。
そしてふと、ピアニストでもあり、アレンジャー、コンポーザーでもある友人のPOCHIと、留学してすぐに一緒にメロディーだけ作った曲が頭に浮かび、「ずっとあたためていた曲があるんだけど、この曲どうかなぁ…」と、その場でTAKAHIROに聴かせました。
TAKAHIROは即答で、その曲を気に入ってくれて、次の日にボクはすべての歌詞を書き終えました。
そのあとすぐに制作に入り、今回の15人体制最後のシングルに収録できることになり、ある意味での自分の本当の深い部分にある気持ちを表現できたのではないかと思います。

「約束 〜promises〜」(Recording Movie)は、ふたりの現時点では最後のレコーディングシーンになっていますが、これを最後にしないという意味での「約束」でもあります。promisesを複数形にしたのは、みんなそれぞれの約束があるはずだからです。

ボクとHIROさん。
ボクとTAKAHIRO。
ボクとメンバー。
ボクとファンのみなさん。
EXILEとファンのみなさん。
たくさんの形があるはずだから、
そんな想いを込めて…。

YouTubeにレコーディングムービーもアップされてます。
ぜひボクらの「約束」を感じてくれたら嬉しく思います。


リリース情報

2020.11.03 ON SALE
EXILE
DIGITAL SINGLE「SUNSHINE」

2020.11.04 ON SALE
EXILE ATSUSHI
ALBUM『40 ~forty~』

2020.12.16 ON SALE
EXILE
SINGLE「SUNSHINE」


EXILE ATSUSHI OFFCIAL WEBSITE
https://m.ex-m.jp/artist/index/6

EXILE OFFICIAL WEBSITE
http://exile.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人