知性派のアリス(山崎賢人)と体力系のウサギ(土屋太鳳)。『今際の国のアリス』より“最強コンビ”誕生シーン解禁!

■Netflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』、本日よりいよいよ配信スタート! クライマー・ウサギを演じる土屋太鳳が、驚異的な運動神経を発揮!

世界最大級のオンラインストリーミングサービスを提供するNetflixが、山崎賢人、土屋太鳳 W主演、佐藤信介監督最新作で送るNetflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』が、本日12月10日に全世界同時配信となった。
※「山崎賢人」の「崎」は、たつさきが正式表記

原作『今際の国のアリス』は、2010年から2016年まで『週刊少年サンデーS』『週刊少年サンデー』(小学館)にて連載された、麻生羽呂(あそう・はろ)原作の大ヒットコミックス(全18巻)。2020年10月からは、新章となる『今際の国のアリスRETRY』が『週刊少年サンデー』にて連載されている。

人生に夢や生き甲斐を見出せず曖昧に生きてきたアリスと、どんな苦境でも「生きる意味」を探し続けるウサギが、突然放り込まれた謎の世界“今際の国”で共に信頼を築き、「生き延びる」ために理不尽な現実に挑む姿を壮大なスケールで描く、Netflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』。

W主演の山崎賢人、土屋太鳳に加え、本作を支える豪華キャストには、村上虹郎、森永悠希、町田啓太、三吉彩花、桜田通、朝比奈彩、柳俊太郎、渡辺佑太朗、水崎綾女、吉田美月喜、阿部力、金子ノブアキ、青柳翔、仲里依紗といった個性豊かな実力派俳優陣が集結している。
※「柳俊太郎」の「柳」は、旧漢字が正式表記。

そしてこのたび、山崎賢人演じるアリスと、土屋太鳳演じるウサギが初めて協力して危機を乗り越える本編シーンが解禁された。

今回解禁となったのは、山崎演じる主人公・アリスと驚異的な運動神経を持つクライマー・ウサギが出会った“げぇむ”の1シーン。マンション内で、馬のマスクを被ったおにから逃げ切りながら、制限時間内にどこかに隠された「じんち」をタッチしなければならない「おにごっこ」。持ち前の観察力と洞察力で、とある攻略法を見つけ出したアリス。その方法を聞いたウサギは即座に対応し、全参加者に忠告していくが、不運にも おにに出くわしてしまう。そんな絶体絶命の状況の中、ウサギはマンションの腰壁を乗り越え、パイプをつたって上の階に移動するという見事なクライミングを見せる。遠くからこの場面を見ていた村上演じるチシヤも「クライマー、やるね」と感嘆の声を漏らすほど。

実際の撮影では、本シーンのようなクライミングや全速力で走るなど、体力勝負なシーンが多かったこともあり、土屋は「もし自分が“げぇむ”に参加するとなったら、肉体勝負のスペードの“げぇむ”でなら生き残る自信があります」と語っており、漫画でしか表現できないようなアクションシーンは、彼女だからこそ演じることができたと言える。

知性派のアリスと体力系のウサギ。初対面のふたりが見事な連携を見せる、まさに運命的なシーンは必見だ。


番組情報

Netflix オリジナルシリーズ『今際の国のアリス』
12月10日(木)Netflixにて全世界独占配信
原作:麻生羽呂『今際の国のアリス』(小学館『少年サンデーコミックス』刊)
監督:佐藤信介
出演:山崎賢人 土屋太鳳
村上虹郎 森永悠希 町田啓太 三吉彩花 桜田通 朝比奈彩 柳俊太郎 渡辺佑太朗 水崎綾女 吉田美月喜 阿部力 金子ノブアキ 青柳翔 仲里依紗
(C)麻生羽呂・小学館/ROBOT

【STORY】
優秀な弟と比較され続け、人生に意味を見出せず鬱々とした日々を送るアリス。唯一の心のよりどころである親友のチョータとカルベと渋谷に繰り出すと突然、街は無人と化す。不安を感じつつつも、誰もいない解放感にはしゃぐ3人。しかしそこは、様々な“げぇむ”をクリアしなければ生き残ることができない“今際の国”だった……。持ち前の観察力と判断力を発揮していくアリスは、仲間を作らずたったひとりで“げぇむ”に挑み続けるクライマーのウサギと出会う。命を懸けるというかつてない体験を通し彼らは、「生きること」に正面から向き合うこととなる。


『今際の国のアリス』本編映像:アリスとウサギの最強コンビ誕生
https://youtu.be/GaE5G_kfR7Q

『今際の国のアリス』作品ページ
https://www.netflix.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人