櫻坂46、“約束の地”でデビューカウントダウンライブを開催! サプライズで新曲も初披露

■「実はこの日のために秋元先生が1曲書き下ろしてくれました!」(櫻坂46・菅井友香)

2020年10月12日・13日のラストライブ『THE LAST LIVE』をもって欅坂46としての活動に幕を下ろし、翌日10月14日よりあらたに活動をスタートさせた櫻坂46が、1stシングル「Nobody’s fault」のリリースに先がけて、『デビューカウントダウンライブ!!』を無観客にて開催。全国の映画館でライブビューイングを行った。

『デビューカウントダウンライブ!!』は、CDリリースという再出発の日に先駆けて、初のライブパフォーマンスを“約束の地”とも言える東京国際フォーラム ホールAにて開催。

同会場は2016年3月に、欅坂46として『デビューカウントダウンライブ!!』を行った場所。今回のイベントは残念ながら無観客での開催となったが、全国117館の映画館でライブビューイングとして上映。全国各地のファンが歴史的瞬間を共感すべく、約3万8,000人が映画館に集結した。

定刻になるとOPENINGのVTR、そしてあらたに制作されたOVERTUREが流れる。無観客ではあったが、観客のコールが響く、ファンと共に創り上げる楽曲になっている。OVERTUREが流れると白い衣装に身を包んだ14人がステージに現れた。1stシングルの表題曲「Nobody’s fault」をさっそく披露。衣装のスカートを使ったダイナミックなパフォーマンスで、女性らしい可憐さと力強さが表現されている。森田ひかるがセンターを務める「ブルームーンキス」「最終の地下鉄に乗って」を披露し、森田ひかるが代表して本日の思いを述べた。

別の衣装を纏ったメンバーがリズムに乗せて登場し、シンクロするダンスで映画館のスクリーンを盛り立てると、櫻エイトの8人も衣装を変えて今度は全員でダイナミックなダンスを披露。藤吉夏鈴がセンターを務める「Plastic regret」「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」をパフォーマンス。藤吉夏鈴のはにかんだ笑顔が印象的なシーンだ。

今シングル最後のパフォーマンス衣装を着用したメンバーがカメラに向かってアクションをしながら14人が集合すると山崎天がセンターを務める楽曲「半信半疑」と「Buddies」を披露。
※「山崎天」の「崎」は、たつさきが正式表記。

ステージ全体、身体全体を使ったパフォーマンスが魅力的な楽曲たち。1stシングル「Nobody’s fault」に収録される全7曲を披露すると、26人のメンバーがそれぞれ本日の思いをカメラに向かって伝える。

全員が集まると、ここで初めて櫻坂46のポーズを使った全体挨拶を初披露。「挨拶が初披露、OVERTUREも初披露して、スタートを皆で切ることができ、ワクワクしています!」と1期生の菅井友香が全体の思いを述べた。今回はライブビューイングとしてのイベントで会場は無観客。「この会場には皆さんはいないけど、一緒にいるような感覚でステージに立てました。また皆さんと一緒に楽しみたいです」と1期生の小池美波も思いを伝えた。

3曲センターを務めた2期生・森田ひかるは「新しい櫻坂として、こうやって初披露させていただきました。今回はシングルに収録される7曲を披露させていただきましたが、これからいろいろな楽曲に挑戦して櫻坂46としての幅を広げて、世界中の方に知っていただきたい」と決意を発すると、菅井から「実はこの日のために秋元先生が1曲書き下ろしてくれました! 本当に暖かくて、皆さんと一緒に歌えるような曲になっていますので、ぜひ皆さんも一緒に歌っていただきたいです!」とサプライズを用意。グループのアンセムとなる新曲「櫻坂の詩」をスクリーン越しに全員で届けた。

最後、全員で観てくれているファンに挨拶をしたあと、桜吹雪のなか、ステージから退場していく。最後に渡邉理佐がステージで一礼をし櫻坂46の『デビューカウントダウンライブ!!』は幕を閉じた。いよいよ本日12月9日、1stシングル「Nobody’s fault」をリリース。ここから年末に向けて彼女たちの成長劇が楽しみだ。

<セットリスト>
OVERTURE
01.Nobody’s fault
02.ブルームーンキス
03.最終の地下鉄に乗って
04.Plastic regret
05.なぜ 恋をして来なかったんだろう?
06.半信半疑
07.Buddies
08.櫻坂の詩

PHOTO BY 上山陽介


リリース情報

2020.12.09 ON SALE
SINGLE「Nobody’s fault」


櫻坂46 OFFICIAL WEBSITE
https://sakurazaka46.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人