「TikTok流行語2020」大賞は「#きゅんです」に決定! 年に一度のTikTokクリエイターの祭典が大盛況

■ナオト・インティライミは、TikTok LIVE『ナオトフェス』の年末スペシャル版を開催! 司会のチュートリアルは意外な再会にびっくり!?

ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」が、12月6日に今年1年間を振り返り総括するTikTokクリエイターの祭典『TikTok CREATOR’S LAB. 2020 -REFLECTIONS-』を開催した。

「TikTok流行語2020」の発表から音楽ライブプログラムも交えた、人気TikTokクリエイター100組以上が一堂に会するスペシャルな祭典は、メインMCにお笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実と福田充徳、さらには国内フォロワー数ナンバーワンの女性TikTokクリエイター・景井ひな、たった5ヵ月でフォロワー数が100万人に到達した話題の大学生・修一朗を招き、TikTokJapan公式アカウントからTikTokのライブストリーミング機能「TikTok LIVE」にて6時間にわたって生配信された。

ゼネラルマネージャー・佐藤陽一氏からの、ギフティング機能といったこれからのTikTokの方向性を示した挨拶で幕を開けると、TikTok発のヒットソングが話題となった期待の次世代シンガー、Tani Yuukiがトップバッターのライブを務め「“Myra”だけじゃないんだよ」と意欲的に自身の密かな目標を口にし、新曲「百鬼夜行」をライブ初披露してイベントを大きく盛り上げた。

この日は今年の流行語大賞が部門別に続々発表されたが、チャレンジ部門賞には「#TikTok教室」が。受賞者として、英語レッスン動画で人気のKevin’s English Roomが登場した。

コトバ部門では「#きゅんです」が入賞。「ポケットからきゅんです!」がヒット中の顔出ししない次世代シンガー、ひらめが表彰され、修一朗から記念の盾が贈られた。またライブ生演奏に加えて、来週リリースのひらめ初のクリスマスソング「午前0時」をライブ初披露するサプライズもあり、終了後には「クリスマスに大切な人に会えないカップルを思って作りました」と制作秘話も明かした。また、イベントのクライマックスで発表された「TikTok流行語大賞2020」の大賞も、見事「#きゅんです」が受賞した。

エフェクト部門では、お笑いコンビ、ぺこぱがネタで使う決め台詞が発端となった「#時を戻そう」が入賞。昔の写真と同じ構図で撮影し、過去と現在を並べる動画投稿で多くの人の心をくすぐった、TikTok内の遊び方について振り返った。

ミュージック部門は「#君の虜に」が入賞。日本のみならず世界まで広がりを見せた同曲(「summertime」)を歌うのはcinnamonsのボーカル・鈴木まりことevening cinemaのボーカルで楽曲の作曲者でもある原田夏樹。この日はcinnamons × evening cinemaのライブも披露され、最後はコーラスにFoiを迎えてevening cinemaの「Night Magic」も演奏された。

クリエイターたちがランウェイでパフォーマンスを披露する企画では、サンタのコスチュームでクリスマスを先取りする五木あきらがMC陣の前を縦横無尽にウォークし、いつも困り顔のピザトルというサルが飼い主と一緒に登場。さらに、なぜか竹馬に乗って現れた神堂きょうかから、フォロワー580万人のマジシャン、Buzz Magician Shinといった鬼才なクリエイターたちの集結に、視聴者もランウェイ企画の概念を大いに崩されたようだった。

この日のために用意された特別メドレーを披露した姉のYui(vo、key、g)と妹のMei(vo、cajon)による滋賀県出身の姉妹デュオ・ゆりめりは、実は幼少期にチュートリアルが出演していた関西のテレビ番組の兄弟を取り上げるコーナーで、一緒にハンバーグを作ったことがあるというエピソードを話し、大人になった姿でチュートリアルのふたりを前にライブを生演奏した。「こんなに人気になるとは」と驚きを隠せない徳井。TikTokで投稿した際に好感触だったという緑黄色社会の「Mela!」のカバーや、TVドラマ『そのご縁、お届けします』のエンディング主題歌「つぎのて」でドラマの暖かさを表現し歌うと、福田が「立派に成長して」としみじみする場面もあった。

イベントでは、今年フォロワー100万人越えを記録したアカウントのラインナップも発表。ARASHI、TWICE、NiziUとアカウントを開設したばかりのアーティストをはじめ、人気クリエイターのぞのさんっや修一朗、尼崎のなつみかんといった、この日の出演者も多く上がった。なかでも景井ひなは、今年100万人から520万人へとフォロワー数を伸ばし、TikTokクリエイターとしての勢いが伺えた。また、全日本選手権真っ只中のハンドボール日本代表キャプテン・レミたんや動画クリエイター、HIKAKIN、TikTokフォロワー数日本一 (2,200万人)のじゅんやからのメッセージ動画が届き、豪華ゲストがそれぞれイベントに華を添えていた。

阿波踊りや和太鼓のパフォーマンスといったインパクト大のパフォーマンスの数々のあとは、今年盛り上がりを見せたVTuberのおめがシスターズ、ニジキユイが画面越しにライブパフォーマンス。そして、フリースタイルのラップから入り「きゅんです!」と、さっそく入賞した流行語をカメラに向けて投げかけたナオト・インティライミは、YOASOBIやNovelbrightなどのゲストを招いて毎月行ってきたTikTok LIVE『ナオトフェス』の年末スペシャル版をここで開催。

今回は景井ひな、ケイリー、あああつしの3人を招いてのトークセッションのあと、好き同士の切ない別れを描いたバラード「愛してた」を弾き語りで3人を前で生歌披露。トークでは、クリエイターから投げかけられた作詞や作曲法について語り、音楽のことばや貯蔵庫が何百もあることも明かした。

ケント・モリとマイケル・ジャクトンによるスペシャルコラボダンスステージや、人生の先輩である重太みゆき、パンク町田、ケント・モリが、若手人気クリエイターであるロイとなえなのの悩みに対してアドバイスするトークセッション、Zutti Mattiaがチュートリアル福田にメンズメイクを施すコーナーなどが繰り広げられるなか、いくつもの楽曲をサブスクチャートへ送り込んでいる17歳のシンガー、suiがライブを披露。TikTok発でヒット中の「可愛い君が愛おしい!」で、さらにイベントはヒートアップ。

ネクストブレイクを発見できる場としても人気を集めるTikTokはあらたなエンターテインメントの宝庫であるが、このように老若男女問わずあらゆるクリエイターが存在するのがその理由だろうと思わせるひと幕だった。

ラストは、12月6日よりTikTok内にてスタートした歌唱動画投稿企画「#冬の歌うま」のアンバサダーを務める2組のパフォーマンス。瑛人の「香水」ヒットの火付け役となったFANTASTICS from EXILE TRIBEの八木勇征と中島颯太が映像出演し、「香水」のカバーと「The Only One」を披露。

さらに平井大が「Slow & Eas」「Stand by me, Stand by you.」を立て続けに生演奏し、エモーショナルなライブでイベントを締めくくる。「歌える場がある、聴いてくれる人がいるのが幸せ」と話した平井だが、こんな時期だからこそ、ここでしか観ることができない才能溢れるTikTokのクリエイターたちを、これからも追っていきたいと感じさせた目まぐるしくも素敵な祭典であった。

TEXT BY 後藤千尋

【TikTok流行語大賞2020】
◇流行語大賞:#きゅんです
指を重ねてハートをつくるポーズが話題に。ひらめの「ポケットからきゅんです!」の楽曲も一躍注目された。

◇ミュージック部門賞:#君の虜に
“君の虜になってしまえばきっと”の歌詞(cinnamons × evening cinema「summertime」)に合わせたダンスや歌唱動画が人気に。日本だけでなく世界的に話題の音源になった。

◇チャレンジ部門賞:#TikTok教室
普段の生活に役立つ内容から文化や歴史など、TikTok内の学びコンテンツを特集したチャレンジ。累計180億再生を突破した。

◇エフェクト部門賞:#時を戻そう
昔の写真と同じ構図でポージング。昔と今のギャップを笑ったり懐かしんだりする遊び方に、世代問わずたくさんの方がチャレンジした。

◇コトバ部門賞:#きゅんです


『TikTok CREATOR’S LAB. 2020 -REFLECTIONS-』特設サイト
https://activity.tiktok.com/magic/page/ejs/5fccb7322431b702ca7a1bf5?appType=aweme


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人