倉木麻衣、デビュー21周年の記念日に初の配信ライブを実施! “10年後の自分”に向けてメッセージも

■「ずっとジャンプしていてください! みんなに希望を届けてください! 音楽を発信し続けていてください!」(倉木麻衣による、2030年の自分に向けてのメッセージ)

12月8日、この日デビュー21周年を迎えた倉木麻衣が、レコーディングスタジオから初の音楽配信ライブを開催した。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響から、10月に予定していたファンラクブイベントを中止し、それに代えて、10月28日にバースデー、そして10月31日にハロウィンパーティーとしてトークライブ配信を行った倉木。その際にサプライズで数曲楽曲を披露したところ、多くのファンから「もっと歌を聴きたい!」という声が上がったため、今回その声に応えた形でファンクラブ限定スタジオライブが行われた。

全米デビューシングル「Baby I Like」からスタートし、「今回は今までチャレンジしたことのない、楽器とのコラボアレンジでお届けしていこうと思っています。ぜひゆっくり、リラックスしてお楽しみいただけたらうれしいです」と挨拶。オープニングから今までにはない雰囲気のある落ち着いたアレンジで期待が高まる中、続けて「Baby I Like」のカップリング曲「Did I Hear You Say That You’re In Love」を披露。16歳の頃に訪れたボストンで初めてレコーディングした倉木麻衣の原点とも言える楽曲をライブ初披露し、デビュー記念日を盛り上げた。

今回の配信ライブは、ファンのリクエストによるウインターベストセレクションとして、「Winter Bells」「白い雪」など、倉木の冬の名曲がずらり。「白い雪」「Your Best Friend」では、ピアノ・バイオリン・チェロとの初のコラボで、クリスマスツリーやキャンドルなどの装飾とも相まって12月らしいあたたかく幸せな気持ちになれるライブとなった。

本編最後は「薔薇色の人生」「Love, Day After Tomorrow」をギター・ピアノ・バイオリン・チェロと共に盛り上げたあと、アンコールとして今回のプレミアムチケットの特典である赤い“MAICHANNEL”Tシャツで「chance for you」「Stay the same」「always」を歌い、大盛り上がりでライブを終えた。

歌唱ライブ終了後はトークコーナーへ。「贅沢な時間だった」というライブの感想のあと、倉木の得意な4コマ漫画のライブ披露や、プレゼント抽選会が行われた。

また、2010年に発売されたアルバム「FUTURE KISS」初回盤特典のDVDにて、10年後の自分へメッセージムービーを残していた倉木。10年後の世界を予想したり、ライブでファンと盛り上がれる幸せな時間に思いを馳せながら、37歳の自分に向けて「まだライブでJUMPできてますかね……」と語っていたが、それを受け、改めて10年後2030年の自分へ向けて「ずっとジャンプしていてください! みんなに希望を届けてください! 音楽を発信し続けていてください!」というメッセージを残した。

「まだまだ苦しい状況ですが、この状況をみんなで乗り越えて、また一緒の空間で音楽を共有できることを心から楽しみにしています」というメッセージのあと、サプライズで「Reach for the sky」など3曲を披露し、全18曲のライブが終了した。本人から新曲についての話もあり、22年目の活動にも期待が高まるばかりだ。

今回のイベントの模様は、配信終了後1週間、12月15日21時50分までアーカイブでの配信を行っている。


配信情報

まいちゃんねる▽Mai.K Debut Anniversary Event
12/08(火)19:30 ~ 21:30
スタジオライブ配信(90分)+Live de after talk show(30分)
アーカイブ配信:12月15日(火)21:30まで
※▽はハートマーク

チケットに関する詳細はこちら
https://www.mai-kuraki.com/live/20201208.html


リリース情報

2019.12.25 ON SALE
ALBUM『Mai Kuraki Single Collection 〜Chance for you〜』

2020.04.29 ON SALE
Blu-ray&DVD『20th Anniversary Mai Kuraki Live Project 2019 “Let’s GOAL!~薔薇色の人生~”』


倉木麻衣 OFFICIAL WEBSITE
http://www.mai-kuraki.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人