緑黄色社会、新曲「結証」がテレビアニメ『半妖の夜叉姫』1月クールのエンディングテーマに決定

■「当たり前のように私の生活の中にあった『犬夜叉』、そしてその世界観を受け継ぐ『半妖の夜叉姫』にこのような形で携わることができ、とてもうれしく思っています」(緑黄色社会・長屋晴子)

緑黄色社会の新曲「結証」(読み:けっしょう)が、読売テレビ・日本テレビ系で放送中のテレビアニメ『半妖の夜叉姫』(毎週土曜 17時30分~)1月クールのエンディングテーマに決定した。

『半妖の夜叉姫』は、2000年に第1話が放送され、爆発的な人気を誇った『犬夜叉』の世界観を受け継いだストーリー。『犬夜叉』の登場人物である殺生丸の双子の娘・とわとせつな、かごめと犬夜叉の娘・もろはをメインキャラクターとしたオリジナル作品だ。

「結晶」は、この『半妖の夜叉姫』のために書き下ろされたミディアムナンバーで、2021年1月9日の放送回からエンディングテーマとして使用される。作詞は長屋晴子(vo、g)、作曲は小林壱誓(g、cho)が手がけた。

■緑黄色社会・長屋晴子 コメント
当たり前のように私の生活の中にあった『犬夜叉』、そしてその世界観を受け継ぐ『半妖の夜叉姫』にこのような形で携わることができ、とてもうれしく思っています。運命、絆、愛情、友情。形のないものこそ信じ抜いて守っていくべき大切なものなのではないかと思っています。楽曲に込めた大切なメッセージを、アニメと共に全世界に届けていきたいです。


『半妖の夜叉姫』番組サイト
http://hanyo-yashahime.com/

緑黄色社会 OFFICIAL WEBSITE
https://www.ryokushaka.com/


(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人