[Alexandros]×岩井俊二監督が初タッグ!ショートムービー『夢で会えても』のメインビジュアル&メイキング映像公開

■ [Alexandros]のメンバーも出演!『夢で会えても』は、[Alexandros]の「rooftop」に着想を得て、岩井俊二が脚本を書き下ろしたショートムービー!

コロナ禍で生まれた[Alexandros]の楽曲「rooftop」に着想を得、岩井俊二監督が脚本を書き下ろした『夢で会えても』(全8話)が、12月5日からLINE NEWS VISIONにて順次公開される。

[Alexandros]と岩井俊二監督の初タッグ作品となる『夢で会えても』は、 [Alexandros]の楽曲に込めた想いと、岩井俊二監督の世界観、そして“縦型動画”ならではの映像表現が織りなす、ミステリアスで“迷路のような”ショートムービー。

「ぜひ岩井監督と作品づくりを」という[Alexandros]の川上洋平たっての希望から、今回のコラボレーションが実現した。

岩井俊二監督の『8日で死んだ怪獣の12日の物語』(2020年)やドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』に出演している穂志もえかが、謎の女役を演じているほか、[Alexandros]のメンバーも演技に初挑戦している。

そしてこのたび、明日からの配信に先がけて、メインビジュアルとメイキング映像が公開された。メイキング映像は、当作品のLINE公式アカウントを友だち追加することで視聴できる。

また、「rooftop」が、2021年1月20日にリリースされる[Alexandros]のベストアルバム『Where’s My History?』に収録されることも合わせて発表された。

■LINE NEWS「VISION」について
「LINE NEWS」の動画プロジェクト「VISION」は、スマートフォンに特化した新あらたな映像表現を目指し、「LINE」アプリの「ニュースタブ」内に掲出される縦型動画コンテンツ。「VISION」のコンテンツは、「縦型」「短尺」「エクスクルーシブ」な動画であり、またすべての動画が「番組・シリーズ」で構成され、それぞれが個別のLINE公式アカウントを持つことが特長。2019年6月の提供開始以来、明石ガクト率いるワンメディア株式会社や、ピタゴラスイッチの生みの親・佐藤雅彦教授らが作る実験映像番組など数多くのシリーズを配信。これまでの配信は、30シリーズにのぼる。


作品情報

『夢で会えても』
12月5日(土)より、LINE NEWS VISIONにて全8話が順次公開予定
【キャスト】
ヨウ:川上洋平
ダイ:磯部寛之
シン:白井眞輝
ショー:庄村聡泰

女:穂志もえか

配達員:足立理
刑事A:城明男
刑事B:細井学
刑事C:大橋典之
刑事D:林雄大
刑事E:石川啓介

【ストーリー】
突然、歌詞の続きが書けなくなったバンドのボーカル「ヨウ」のもとに現れた謎の「女」。
「女」の言葉により、「ヨウ」は自分のからだに起きた信じられない異変に気がつく。
そして「女」は「ヨウ」に言った。「はやく、大切なモノを捨てないとーー」。
「ヨウ」「女」、そしてバンドメンバーの「シン」「ダイ」「ショー」の視点が複雑に絡み合い、夢と現実が折り重なったまるで迷路のような世界で、彼らが辿り着く先とはーー。


リリース情報

2020.11.11 ON SALE
SINGLE「Beast」

2021.01.20 ON SALE
ALBUM『Where’s My History?』


『夢であえても』メイキング映像
https://lin.ee/CUD7vtL
『夢で会えても』LINE公式アカウントを友だち追加することでご覧いただけま

『Where’s My History?』特設サイト
https://sp.universal-music.co.jp/alexandros/

[Alexandros]OFFICIAL WEBSITE
https://alexandros.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人