BTS、韓国語歌詞の「Life Goes On」がビルボードのメインシングルチャート「HOT100」で1位を獲得!

■BTS、ニューアルバム『BE(Deluxe Edition)』およびその収録曲が、米音楽シーンを席巻!

BTSが、全世界の大衆音楽史を塗り替えている。

「Dynamite」で韓国の歌手としては初めてアメリカのビルボードのメインシングルチャート「HOT100」で1位を獲得したのに続き、韓国語歌詞の新曲でもトップを獲得し、ビルボード歴史の1ページを飾った。

11月30日(現地時間)に公開された米国音楽専門メディアのビルボード最新チャート(12月5日付)によると、BTSが11月20日に発売したニューアルバム『BE(Deluxe Edition)』は、メインアルバムチャート「ビルボード200」で首位を獲得。 タイトル曲「Life Goes On」は、「HOT100」チャート1位となり、発売初週の成績が反映される、ビルボードのふたつのメインチャートで、ともに1位となる快挙を達成した。

ビルボードによると、韓国語歌詞の曲が「HOT100」チャートで1位になったのは、ビルボードチャート62年の歴史上初めて。 それだけでなく、同じ週に「HOT100」と「ビルボード200」のふたつのメインチャートで同時に1位に新規進入したグループもBTSが唯一だ。

さらに注目すべき点は、デジタルシングル「Dynamite」で初めて「HOT100」チャートの1位になったというニュースを聞いた日、7人のメンバーの率直な対話を録音した「Skit」を除いて『BE』に収録された7曲すべてが「HOT100」チャートにラインクインしたことだ。 今回のニューアルバム8番トラックに収録された「Dynamite」が3位と、前週と比べて11ランク急上昇し、「Blue & Grey」が13位、「Stay」が22位、「Fly To My Room」が69位、「Telepathy」が70位、「Dis-ease」が72位の順で一斉にチャートインした。

「Life Goes On」は「HOT100」1位をはじめ、「ビルボードグローバル200」「ビルボードグローバル(アメリカを除く)」、「デジタルソングセールス」「ワールドデジタルソングセールス」などですべてトップを独占。 世界200以上地域のストリーミング回数と販売量を合算して順位をつける「ビルボードグローバル200」「ビルボードグローバル(アメリカを除く)」でも頭角を現わした。「グローバルパワー」を示す2つのチャートでも「Skit」を除く「BE」の収録曲がすべて上位にランクインした。

また、BTSは「デジタルソングセールス」1〜6位、8位をすべて『BE』の収録曲としてチャートインを達成。 1位の「Life Goes On」をはじめとして、「Blue &Grey」が2位、「Stay」が3位、「Telepathy」が4位、「Dis-ease」が5位、「Fly To My Room」が6位、「Dynamite」が8位を記録した。

その他にも『BE』は「トップアルバムセールス」「インディペンデントアルバム」「カナダアルバム」「テイストメーカーアルバム」「ワールドアルバム」など多数のアルバムチャートで1位を獲得。 全世界のSNSを基盤に、アーティストの人気を確認できる「ソーシャル50」チャートでは、通算207回目、177週連続1位を守った。

わずか3カ月で3曲を「HOT100」チャート1位にあげ、全世界の大衆音楽史を塗り替えたBTS。 外信も彼らの成果に注目。 米芸能メディア『Vulture』は、「BTS、非英語圏の曲で『HOT100』1位に入り、歴史を塗り替えた」と報じ、『Entertainment Weekly』も「BTSがまた成し遂げた。『BE』を発売してからわずか10日で『ビルボード200』チャート1位になった」と高く評価した。

一方、『BE』は日本オリコン最新チャート(12月7日付)週間アルバムランキングでも約19万1,000枚の販売量を記録し、初登場1位となった。

PHOTO BY Big Hit Entertainment


リリース情報

2020.11.20 ON SALE
ALBUM『BE(Deluxe Edition)』


BTS OFFICIAL WEBSITE
https://bts-official.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人