AI、「Not So Different」の新作MVで次世代を担う世界14ヵ国15名の若きリーダーたちとコラボ

■AI、新曲「Not So Different」が2022年の「One Young World」東京大会のテーマソングに抜擢!

AIが、新曲「Not So Different」の“One Young World Japan Version”のミュージックビデオを公開した。

よりよい世界を作るため、現在人々が直面している多くの人権・環境・社会・国際問題を各国の若者自身がイニシアチブを持って、力を合わせて解決・改善してゆくことを目的として、世界の若きリーダーの育成活動を支援する団体「One Young World」。

来たる2022年、東京がその世界大会の開催地に選ばれたことに伴い、日本初のオフィシャルアーティストに就任したAIが、テーマソングとして「Not So Different」を提供した。

オリジナルバージョンのミュージックビデオでは、赤い防護服に身を包み、世界中に蔓延する現代社会の問題と対峙するAIが登場。鮮烈なインパクトを残したが、今回あらたに制作された“One Young World Japan Version”では、AIの歌唱シーンに加えて、世界中で行われたOne Young Worldのサミットの様子も。

さらには、世界14ヵ国を代表する15名の若きリーダーたちの「For ONE world, I will…」から始まる「世界をひとつにするために、自分がなすべきこと」の撮り下ろしSDGs宣言が掲げられている。

AIがこの楽曲に込めた「例え肌の色・立場・環境などが違って見えても、身に纏った外観を脱ぎ捨てれば何も違わない。心を開けばみんな同じ人間という存在」というメッセージと、世界規模でのより良い社会作りを目指し、「競争(利己)」ではなく「共創(利他)」のこころがあれば、必ずどんな問題であっても解決できるとするOne Young World Japanが目指す世界がマッチしたコラボミュージックビデオが誕生した。

また、SDGsに貢献する世界の次世代リーダーを応援する「#見る募金」プロジェクトが始動。

「Not So Different -One Young World Japan Version-」のYouTubeの再生回数が300万回を達成したら、「#見る募金」プロジェクトから300万円が一般社団法人「One Young World Japan Committee」へ寄付される。寄付金は、One Young Worldを通じてSDGsの達成に取り組む次世代リーダーの活動資金となる。再生回数のカウント期間は、ミュージックビデオ公開から2021年2月28日23時59分までの約3ヵ月間。

2022年の「One Young World」東京大会、そして2030年のSDGsの達成に向け、音楽の力で本気で取り組む若者の活動の応援し、SDGsの達成に貢献していく。


リリース情報

2020.11.25 ON SALE
DIGITAL SINGLE「Not So Different」


一般社団法人「One Young World Japan Committee」OFFICIAL WEBSITE
https://oywj.org/

「Not So Different」配信リンク
https://lnk.to/AINSD

AI OFFICIAL WEBSITE
http://AImusic.tv/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人