嵐が出演した11月のミュージックステーションを観て感じた、5人でのひとつの到達点

知らない人はいないであろう音楽番組『ミュージックステーション』を、音楽ブロガー・レジーが定点観測する連載コラム「月刊 レジーのMステ定点観測」。

[前編]では三浦大知、菅田将暉ら男性シンガーふたりの動向をお届けしましたが、[後編]では“今年の一曲”に関連する話題からどうぞ。

 

宇野実彩子(AAA)、平井 大:今年の一曲を巡るあれこれ

“2020年の一曲”として、瑛人の「香水」をあげる方も多いのではないかと思いますが、この楽曲が面白いのは単体での曲のヒットのみならずその周辺にいろいろな現象を巻き起こしたことにあります。そのいちばん顕著な例が、様々なアーティストによるカバー(もしくはものまね)動画。曲やミュージックビデオがシンプルな構成だったこともあり、ネット上には多数の別バージョンが登場し、楽曲としてのムーブメントを盛り上げました。

6日のMステで「香水」を歌った宇野実彩子(AAA)も、そんな流れを作ったうちのひとり。本人も「YouTubeで始めたカバー企画がまさかMステまで届くとは」とコメントしていましたが、その年にリリースされた楽曲のカバーでMステに出演するというケースはそこまで多くないのではないかと思います。

また、11月27日に出演していた平井 大は、瑛人がリスペクトしていると公言して憚らない存在です。この日はトークの流れでHey! Say! JUMPの山田涼介のリクエストに応える形で「Life is Beautiful」をサラッと披露していましたが、アコースティック主体の飾らないサウンドと人柄は瑛人とも通じる部分が大きいです。

これから年末にかけていろいろな場所で「香水」を耳にすることになりそうですが、TikTokを起点にしていろいろな形で波及していったこの曲の広がり方は、“2020年代のヒット”を考えるうえで非常に示唆に富んだものでした。何かと暗い話題が多かった今年の音楽業界ですが、そんななかでもこういった刺激的な事例が生まれたのは良かったと思います。

 

嵐:相変わらずの気持ち良さ、そしてラストは……?

6日のMステに10月30日から続けての出演となった嵐。この日は先日リリースされたアルバム『This is 嵐』に収録された新曲「Do you… ?」を披露しました。ちなみに、昨年の11月に嵐の過去の楽曲がストリーミングサービスで解禁され、その後もデジタル寄りの施策を多々展開してきましたが、この『This is 嵐』については現時点ではフィジカルでのリリースのみ。せっかく“開かれた嵐”をここまで作ってきたのに、休止前のラストアルバムのみクローズドにしてしまうやり方はどうなんだろうな……と思いました。

大野 智の振り付けが施された「Do you… ?」は、ここ最近の嵐のモードでもあるグローバルなサウンドとの同期を感じさせつつも、ディスコもしくはソウルテイストの音の取り入れ方に往年のジャニーズ楽曲の匂いもする温故知新とでも言うべき一曲。最近のジャニーズの楽曲はK-POPに寄せた作りが目立つように感じますが(11月27日に出演したHey! Say! JUMPの新曲「狼青年」のパフォーマンスからもそういった狙いが見て取れます)、ジャニーズ事務所の“魂”とでも言うべき雰囲気を体現しているのはさすがです。

そして、やはりこの曲の見せ場は大サビで挟み込まれる櫻井 翔のラップ、通称「サクラップ」ではないでしょうか。<Fantastic 5MC’s!><此処に現るはこの”夢の布陣”>といった自己言及的なワードを挟みつつ(昔彼らが「ジャニーズ初のヒップホップユニット」と呼ばれていたことを前者のフレーズで思い出しました)、曲の流れを乗りこなしながら間奏のダンスパートに突入していく構成はお見事のひと言。バックで鳴っている鍵盤のソロとの絡み方も非常に気持ち良いです。また、顎を上げた俺様風の表情からコミカルに手を合わせる動きまで、ステージ上でのアクションの華やかさは本職のラッパーと比較しても見劣りすることはありません。

デビュー曲からラップを導入してきた彼らのキャリアを俯瞰した際、「櫻井 翔のラッパーとしての成長物語」といった側面からの振り返りは欠かせないものです。「Do you… ?」は、そういった視点から嵐の足跡を見通した時のひとつの到達点になっていると言えると思います。

これまで築いてきた“国民的スター”としてのポジションにあぐらをかくことなく、この一年で一気にその勢いを加速させてきた嵐。今の状況で活動がストップしてしまうのは非常にもったいないのですが、いよいよ一旦の終わりが近づいてきました。すでに大みそかの紅白歌合戦への出場、および生配信ライブの実施が発表されており、Mステに関しても12月11日の回と25日のウルトラSUPER LIVEへの出演が決まっています。どんな形でこの大きなグループが幕を閉じるのか、とても楽しみです。

12月のMステは11日から。今年も残りわずかとなってきましたが、12月もよろしくお願いします!

TEXT BY レジー(音楽ブロガー/ライター)

 

【2020年11月6日放送分 出演アーティスト】
宇野実彩子(AAA)「香水」
JUJU「奏(かなで)」
Sexy Zone「NOT FOUND」
WANIMA「Cheddar Flavor」「LIFE」
Stray Kids「ALL IN」
嵐「Do you… ?」

【2020年11月13日放送分 出演アーティスト】
SixTONES「NEW ERA」
milet「Who I Am」
ラストアイドル「何人(なんびと)も」
TWICE「BETTER」
和楽器バンド「日輪」
福山雅治「心音」「家族になろうよ」

【2020年11月27日放送分 出演アーティスト】
Hey! Say! JUMP「狼青年」
平井 大「Stand by me, Stand by you.」
菅田将暉「虹」
緑黄色社会「Mela!」
三浦大知「Antelope」
NiziU「Step and a step」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人