のん、岩手県産米の新米をPR! CM動画も公開!「お米とかけて“新米記者”の衣装できました」

2020.12.02

■「美味しいもので元気をもらっています。(農家の皆さんに)感謝の気持ちを伝えたいです」(のん)

岩手県オリジナル水稲品種「金色の風」「銀河のしずく」プロモーションが、11月3日、東京国際フォーラムにて開催された。本イベントでは、純情産地いわて宣伝本部長・のんが出演する、本事業のCM動画もお披露目された。

達増拓也岩手県知事は「今年も岩手県産米それぞれ実りの秋を迎えました。私も金色の風の稲刈りをしましたが、よく育っているという手応えを感じました。また、金色の風、銀河のしずくの新米を食し、大変美味しく仕上がっております」 、小野寺敬作 JA 岩手県五連 会長が「今年のコロナ禍で農家は大変な思いをしていますが、この状況を打破するため一体となって取組みをしています。金色の風、銀河のしずくは岩手県産の食材とよく合うので、ぜひ一緒に食していただきたいです」とそれぞれ挨拶した。

のんは「お米とかけて新米記者の衣装で来ました。金色の風は甘みが強くお米の香りが堪能でき、銀河のしずくはお米が銀河のようにきらめいていて、美味しいと心がわき立つ味です。美味しいお米なのでたくさんの方に知ってもらえるように頑張ります。また、農家の方は今年は大変だったと思います。作っていただいた美味しいもので元気をもらっています。なので、感謝の気持ちを伝えたいです。ありがとうございます。一緒にふんばっていきましょう!」とコメント。

金色の風開発担当者の阿部氏は「日本一のお米を作ることが目的で研究が始まりました。12,000 種ものお米を栽培して食し、金色の風が誕生しました。このお米は炊きたてがいちばん美味しく、どんなおかずとも合います」とアピールした。


JA全農いわて OFFICIAL WEBSITE
https://www.junjo.jp

のん OFFICIAL WEBSITE
https://nondesu.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人