映画『天外者』キャストが、三浦春馬への想いを告白。「演技のあとにひと言かけてくれるのがうれしくて」(森川葵)

■「映画を観終わったあとに、いろんな感情が湧くと思いますが、どうか彼の熱量と必死に生きた五代友厚の熱量を、しっかりと目に焼き付けてほしいです」(三浦翔平)

11月30日、東京・TOHOシネマズ六本木にて、映画『天外者』の完成披露試写会が開催された。

イベントには、キャストの三浦翔平、西川貴教、森永悠希、森川葵、蓮佛美沙子、筒井真理子、田中光敏監督の7名が登壇。

まず始めに田中監督が「感無量です。これだけのたくさんのお客さんの前で、今年こうやって公開できるというのは、夢のような瞬間です」と話し、完成披露イベントはスタート。

100年以上前に、今我々が生きる日本の基礎を作った偉人たちを演じるうえで、苦労した点や自分なりにこだわった部分について、三浦は「坂本龍馬を演じるにあたって、いろんな先輩方が演じてきたなかで、どうしたら僕の色が出せるのかとすごく考えていたのですが、五代友厚演じる三浦春馬くんがいたからこそ、できた龍馬だと思っています」とコメント。

西川は「これまでの弥太郎は、どちらかというと手段を択ばない非情な部分が描かれてたところが多かったと思うが、でも一代でこれだけのものを作り上げた人なので人間的な魅力があった方、愛嬌という、そういった部分を表現しようと思いました。あと、少し体重を増やして臨みました。ちょっと、ぽっちゃりめでした(笑)」と話し、会場の笑いを誘った。

また、日本の未来を切り開いたすさまじい才能をもった“天外者(てんがらもん)”にして、魅力的な女性たちを惹きつけた“人間=五代友厚”の女性から見た魅力とは何かと聞かれると、森川は「自分のためではなく、人や国のために尽くす部分がすごく素敵だな思いました。男性としても人間としても魅力的です」と大絶賛。

筒井はそんな五代友厚の母を演じるにあたり「天才の母として、いろんなリサーチをしました。エジソンの母やレディー・ガガの母など。春馬くんの母役を何度かやらせてもらっているが、本番中のものすごいい集中力の彼を見ているだけで、本当に天才を見ているようで、そのまま“やす”にさせてもらって、ただ見守るだけで母になれていたんじゃないかなと思います」と三浦春馬とのエピソードを話した。

そして蓮佛は「三浦さんとは高校の同級生で、10年前も学園物で一緒だったんです。そんななか、正式に事務所オファーが来る前に、『れんちゃん、この役やってくれない?』って言われたのがこの夫婦役で、本当にうれしかったです」とコメント。

森川は撮影中のエピソードについて聞かれると「ほとんど三浦さんとの二人芝居でしたが、必ず演技のあとにひと言かけてくれるのがうれしくて。これからは、人に対して、春馬さんを見習って思ったことを声にしていこうと思いました」と力強く話した。

また、森永は「ふんどしになって、弥太郎さんに水をかけられるシーンがあるんですが、西川さんに、『薄っ!』って言われまして……。細いならまだしも、薄いって……(笑)。それをきっかけに筋トレ始めました!」と話すと、西川は「ほんと、はんぺんみたいだった(笑)」と続け、またも会場を笑いに包んだ。

さらに、“武士の魂と商人の才を持つ男“五代友厚がもし今の日本にいたら、どんな職・地位に着いてほしいか? という質問に対して、西川が「西村経済再生大臣とかのポジションになると、いい施策とか出してくれるんじゃないかなって思うんですけど……」と話すと、MCの田上は「裏で打ち合わせしたとおりの回答で……」と言い、「それ言わなくていいんだよ!」と三浦がツッコむなど、仲睦まじい様子にどっと笑いが起こった。

三浦春馬のキャスティングについて監督は「彼は最近、大人の魅力があって芯がしっかりある。彼にやってもらいたい。あんなにきれいな大人になれるのか! と思いましたね」と大絶賛。

最後に三浦は“今観るべき映画”と謳う本作について「それぞれいろんな思いを抱えて、この場に立っております。こういう場でお披露目ができていることは本当にうれしいです。このあと上映を観終わったあとに、いろんな感情が湧くと思いますが、どうか彼の熱量と、必死に生きた五代友厚の熱量を、しっかりと目に焼き付けてほしいです」と熱のこもった声でアピール。

監督も「まさしく主演の三浦春馬は、ここで、本当に素晴らしく最高の演技をしています。そしてここにいる役者の方々、しっかりと主演を支えたその素晴らしい演技も、しっかり見届けてください」と話し、完成披露イベントは幕を下ろした。

映画『『天外者』』は、12月11日より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。

<ストーリー>
江戸末期、ペリー来航に震撼した日本の片隅で、新しい時代の到来を敏感に察知した若きふたりの青年武士が全速力で駆け抜ける――。五代才助(後の友厚、三浦春馬)と坂本龍馬(三浦翔平)。ふたりはなぜか、大勢の侍に命を狙われている。日本の未来を遠くまで見据えるふたりの人生が、この瞬間、重なり始める。攘夷か、開国か―。五代は激しい内輪揉めには目もくれず、世界に目を向けていた。そんな折、遊女のはる(森川葵)と出会い「自由な夢を見たい」という想いに駆られ、誰もが夢見ることのできる国をつくるため坂本龍馬、岩崎弥太郎(西川貴教)、伊藤博文(森永悠希)らと志を共にするのであった――。

<作品紹介>
圧倒的な熱量で生き抜いた五代友厚を演じるのは主演・三浦春馬。大胆な発想と行動力、そして冷静、かつ緻密さと優しさを持つ、このミステリアスでさえある人物像を、かつて見たことのない迫力と重厚な演技で体現した。取り囲む盟友の坂本龍馬を三浦翔平。豪傑なエネルギーで演じ、新しい龍馬像を切り開いた。龍馬と共に現れ、のちに三菱財閥を築く岩崎弥太郎を、愛嬌たっぷりの西川貴教。意表を突くキャスティングが、その斬新さと俳優陣の息のあった演技で魅せた。そして初代内閣総理大臣となる伊藤博文の若かりし頃を、フレッシュな森永悠希。さらに五代友厚の両親として、生瀬勝久と筒井真理子が脇を固め、薩摩の上級武家の品位と葛藤を表す。
一方、五代友厚の繊細さや優しさを引き出したのが、遊女はる役の森川葵。自由な未来を夢見る、はかなくも強いその姿は、現代を生きる女性の象徴でもある。また五代友厚の志のよき理解者が、蓮佛美沙子演じる妻・豊子。取り巻く女性たちもまた、時代の渦の中で五代友厚に重ねた己の人生を全うする。豪華キャストに日本の歴史を鮮やかに彩る偉人・傑物たちを絶妙に配役、かつ“扇の要=五代友厚”に、三浦春馬を据えることで、予測不能なドラマの連続で今も眩しく輝き続ける五代友厚の熱過ぎる人生を、近代日本の夜明けと共に、瑞々しく壮大な青春群像劇として描き、満を持して世に送り出す。


映画情報

『天外者』
12月11日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
出演:三浦春馬
三浦翔平 西川貴教 森永悠希 森川葵
/蓮佛美沙子 生瀬勝久 他
監督:田中光敏
脚本:小松江里子
配給:ギグリーボックス
(C)2020「五代友厚」製作委員会


映画『天外者』作品サイト
https://tengaramon-movie.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人