YOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』のフォトグラファーを賞賛

■「自分で言うのも変ですが、僕には内に秘めた野性味があると思っています。そういった毒のある部分も、フォトグラファーのメラニーが見事に引き出してくれたことには驚きました」(YOSHIKI)

世界的アーティストとして、LAを拠点に創作活動を行うYOSHIKI。実に28年ぶりとなるオール撮り下ろしの写真集『XY』が、11月20日、ついにベールを脱いだ。

発売前重版や秘蔵メイキング映像が動画サイトで話題をさらうなど、リリース前からすでに熱い注目を集めてきた“アート作品”である本作。そんな写真集『XY』(講談社)が、週間0.6万部を売り上げ、11月30日付「オリコン週間BOOKランキング」ジャンル別「写真集」(集計期間:11月16日〜11月22日)で1位を獲得した。

ロサンゼルスの歴史的建造物「パラモア・エステート」を舞台に、アーティスティックな女性フォトグラファー、メラニー・プーレンが撮影。時にクラシカルに、時にはロックに、YOSHIKIという希有な存在を見事に浮き彫りにしている(※撮影は2019年以前に実施)。

30分にわたるメイキングDVDも、それ自体が映像作品として成立する「ドキュメント映像」のクオリティとなっている。

なお、明日、12月1日には、写真集『XY』についてすべてを語ったYOSHIKI単独インタビューが、講談社の総合サイト『現代ビジネス』に掲載。こちらも要チェックだ。

■YOSHIKI コメント
今まで、毎年のようにこのようなお話をいただいておりましたが、今回はプロデューサーの方々から、誠意をもって夢のある企画をご提案いただき、こうして出版にまで至りました。フォトグラファーをはじめ、LAのクリエイティブな才能ある方々に集まっていただいたことも、大きな後押しになりました。
僕は一度「やる」と決めたら200%の力を注ぎ込むタイプなので、今回の撮影も、もちろん全力で臨みました。自分で言うのも変ですが、僕には内に秘めた野性味があると思っています。そういった毒のある部分も、フォトグラファーのメラニーが見事に引き出してくれたことには驚きました。
音楽でも絵画でも、たとえ同じ作品に触れたとしても、優しく感じたり、荒々しく感じたりと、どんなものでも見る角度でずいぶん変わると思っています。
今は、世界中がいろいろな苦しみや悲しみに包まれている時代ですが、見る角度によってはきっとあらたな世界が見えてくるのではないかと思います。『XY』という作品を、皆さんそれぞれの感じ方で捉えてもらえるとうれしいです。

■フォトグラファー  メラニー・プーレン  コメント
『XY』は非常に大きなプロジェクトで、プランニングから完成まで、数年を要しました。完成した写真集は、印刷もデザインも素晴らしい。私はこの写真集をYOSHIKIと作ったゴージャスでユニークな美しいアート作品としてみています。様々な感情と瞬間がYOSHIKIをとらえ、一枚一枚のページ、写真にそれが見られると思います。この魔法の(マジカルな)体験を他の方々とも共有できる作品として創作できたことに、とても興奮しています。


書籍情報

『XY』
11月20日(金)発売
定価:本体10,000円(税別)
メイキングDVD、 豪華化粧箱入り100ページ
発行元:講談社


『現代ビジネス』YOSHIKI単独インタビュー(※12月1日5時公開)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/77723

講談社BOOK倶楽部 公式Twitter
https://twitter.com/KDigibooks

YOSHIKI OFFICIAL WEBSITE
https://www.yoshiki.net/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人