山崎賢人×土屋太鳳W主演、Netflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』12人のキャラクターアート解禁

■山崎賢人演じるアリスは「知能型」、土屋太鳳演じるウサギは「肉体型」……。物語に大きな影響を与える、登場人物たちの得意な”げぇむ”も明らかに!

世界最大級のオンラインストリーミングサービスを提供するNetflixが、山崎賢人、土屋太鳳W主演、佐藤信介監督最新作で送るNetflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』を、12月10日に全世界同時配信予定。そしてこのたび、キャスト12名のキャラクターアートが解禁された。
※「山崎賢人」の「崎」は、たつさきが正式表記。

原作『今際の国のアリス』は、2010年から2016年まで『週刊少年サンデーS』『週刊少年サンデー』(小学館)にて連載された、麻生羽呂(あそう・はろ)原作の大ヒットコミックス(全18巻)。2020年10月からは、新章となる『今際の国のアリスRETRY』が『週刊少年サンデー』にて連載されている。

人生に夢や生き甲斐を見出せず曖昧に生きてきたアリスと、どんな苦境でも「生きる意味」を探し続けるウサギが、突然放り込まれた謎の世界“今際の国”で共に信頼を築き、「生き延びる」ために理不尽な現実に挑む姿を壮大なスケールで描く、Netflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』。W主演の山崎賢人、土屋太鳳に加え、本作を支える豪華キャストには、村上虹郎、森永悠希、町田啓太、三吉彩花、桜田通、朝比奈彩、柳俊太郎、渡辺佑太朗、水崎綾女、吉田美月喜、阿部力、金子ノブアキ、青柳翔、仲里依紗といった個性豊かな実力派俳優陣が集結している。
※「柳俊太郎」の「柳」は、旧漢字が正式表記。

■キャラクターアートには、それぞれにトランプのマークの画が――!
今回到着したキャラクターアートは、本作で最も重要なアイテムとなるトランプのマークから顔を覗かせるスタイリッシュなデザイン。憂いの中に強い意志を見せるアリスと、力強く真正面を見つめるウサギのほか、不敵な笑みを浮かべる者、睨めつけるように見つめる者や、他者を見下ろすような目線を見せる者。様々な想いや思惑を感じさせる表情からも本作に渦巻く様々な感情を見て取ることができる。さらにそれぞれにキャラクターごとに異なるトランプのマークが。

実はトランプのマークごとに“げぇむ”のジャンルが分かれており、キーアートのマークが彼らの得意ジャンルを表している。アリス(山崎)、ニラギ(桜田)、アン(三吉)に記された<ダイヤ◆>は頭脳戦の「知能型」を表し、ウサギ(土屋)、カルベ(町田)、ラスボス(柳)、アグニ(青柳)に記された<スペード♠>は体力勝負の「肉体型」。<クローバー♣>はチームの絆が必要となる「バランス型」でチョータ(森永)、クイナ(朝比奈)が得意としている。ハートは“今際の国”でいちばん厄介な”げぇむ”とされる、人の心を弄ぶ「心理型」。このマークは、チシヤ(村上)、ボーシヤ(金子)、ミラ(仲)に記されている。

本作に登場する4つの”げぇむ”ジャンル。今回明らかになったおのおのの得意”げぇむ”は、いったい、物語にどのような影響をみせるのか――。まだまだ明らかになっていない。

生き残りをかけた極限状態の中で、“げぇむ”をクリアすることができるのか。人の心を弄ぶハートのゲームとは――!? そして、“げぇむ”をクリアした先には何が待っているのか。絶望の中で必死に戦うアリスたちの姿が、観る者に生きる希望を与える新感覚のサバイバルアクション、Netflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』に注目だ。


番組情報

Netflix オリジナルシリーズ『今際の国のアリス』
12月10日(木)Netflixにて全世界独占配信
原作:麻生羽呂『今際の国のアリス』(小学館『少年サンデーコミックス』刊)
監督:佐藤信介
出演:山崎賢人 土屋太鳳
村上虹郎 森永悠希 町田啓太 三吉彩花 桜田通 朝比奈彩 柳俊太郎 渡辺佑太朗 水崎綾女 吉田美月喜 阿部力 金子ノブアキ 青柳翔 仲里依紗
(C)麻生羽呂・小学館/ROBOT

【STORY】
優秀な弟と比較され続け、人生に意味を見出せず鬱々とした日々を送るアリス。唯一の心のよりどころである親友のチョータとカルベと渋谷に繰り出すと突然、街は無人と化す。不安を感じつつつも、誰もいない解放感にはしゃぐ3人。しかしそこは、様々な“げぇむ”をクリアしなければ生き残ることができない“今際の国”だった……。持ち前の観察力と判断力を発揮していくアリスは、仲間を作らずたったひとりで“げぇむ”に挑み続けるクライマーのウサギと出会う。命を懸けるというかつてない体験を通し彼らは、「生きること」に正面から向き合うこととなる。


『今際の国のアリス』作品ページ
https://www.netflix.com/


 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人