「この曲にムロはいらない」。ムロツヨシ、柴咲コウの楽曲「BIRTH」MVを監督するも出演はナシ

■柴咲コウ、楽曲「BIRTH」のMVを、監督=ムロツヨシ、プロデュース=非同期テック部にて制作決定!

8月5日に配信リリースされ、『柴咲コウ 公式 ‘Les Trois Graces’ Channel』のテーマソングとしても話題となった、柴咲コウの楽曲「BIRTH」のミュージックビデオを、柴咲と親交の深い、俳優のムロツヨシが監督、ムロツヨシ×真鍋大度×上田誠で結成された部活動「非同期テック部」プロデュースにて制作されることが決定した。

Amazonプライム・ビデオで配信されたオムニバスドラマ『緊急事態宣言』の、非同期テック部監督作品「『DEEPMURO』に柴咲コウが出演したことをきっかけに、柴咲自らムロにオファーし、今回のMV制作の話が生まれた。

ムロツヨシはMVの監督を務めるのは初となり、自身でカメラを回すのも今回が初の試み!「BIRTH」MVは12月19日に公開予定となっている。

そして、このたび、MV公開に先駆けて、柴咲コウ×ムロツヨシのインタビュー&撮影風景が『柴咲コウ公式 ‘Les Trois Graces’ Channel』にて公開。2人の出会いのきっかけから、今回のMV制作話などが楽しめる。

■ムロツヨシ コメント
コウさんからオファーをいただいたとき、ドラマに出演いただいたお返しということではないですが、もちろんやります! とお返事しました。
監督と出演希望のオファーだったんですけど、この曲を聴けば聴くほど“ムロはいらない”という監督判断になりました(笑)。
なので、僕はMVには出演していません。
この曲を聴いたときに感じたいろんな想い、コウさんの想いをくみ取って、企画構成を考えました。

■非同期テック部コメント
非同期テック部は、テックを絡めた表現を旨としていますが、今回は曲想と、コウさんの想い、それを受けたムロ監督のイメージから、ひとりの女優が歩いてきた軌跡を、なるべくドキュメンタリックな形で映像に刻むのがよいと考え、そのようなプロデュースになりました。
リアルで、そしてリモートで話し合いを重ね、コウさんの過去と現在、そして未来の断片がすこしずつ物語になっていきました。
重ねられた時間の表現にご期待ください。


リリース情報

2020.08.05 ON SALE
DIGITAL SINGLE「BIRTH」

2020.10.14 ON SALE
DIGITAL SINGLE「ひとかけら」


「BIRTH」楽曲ダウンロード・ストリーミングはこちら
https://koshibasaki.com/discography/birth

柴咲コウ OFFICIAL WEBSITE
https://koshibasaki.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人