稲垣吾郎が、映画『ばるぼら』で異常性欲に悩む男を熱演! アルコール依存症の娘役に挑んだ二階堂ふみとの対談が実現

■二階堂ふみからの質問を受け、稲垣吾郎がグループで活動していた当時のことを語る場面も!

11月20日に公開された映画『ばるぼら』。『ばるぼら』は、1973~1974年に発表された手塚治虫原作の漫画。2018年の『手塚治虫生誕90周年記念会』で映画化が発表された。監督は手塚治虫の息子である手塚眞。

異常性欲に悩む人気小説家・美倉洋介役に稲垣吾郎、アルコール依存症のフーテン娘役に二階堂ふみと、それぞれが難役に挑んだ心境を『madameFIGARO.jp』で語った。

20代の頃から手塚眞監督作品に出演を望んでいた稲垣は、クランクアップのときに監督からもらった言葉が、何よりうれしかったと語ったり、26歳の二階堂から、同じ年の頃、仕事を続けていく怖さはなかったかと問われ、グループで活動していた当時のことを語る場面も。

二階堂は、共感はしづらい役で、自意識や自分の感情を置いて演じたと語るが、稲垣からは幻想的で魅力的で「『ばるぼら』にしか見えなかった」と絶賛されるなど、興味深いコメント満載のインタビューとなっている。

インタビュー時の撮影は妖しくも愛のファンタジーであるこの作品をイメージして行われた。

madameFIGARO.jp photos:HIROKI SUGIURA(foto)


映画情報

『ばるぼら』
11月20日(金)よりシネマート新宿、ユーロスペースほか全国公開
出演:稲垣吾郎 二階堂ふみ
渋川清彦 石橋静河 美波 大谷亮介 ISSAY 片山萌美 / 渡辺えり
監督・編集:手塚眞
撮影監督:クリストファー・ドイル / 蔡高比
原作:手塚治虫
脚本:黒沢久子
プロデュース:古賀俊輔
プロデューサー:アダム・トレル 姫田伸也
美術統括:磯見俊裕
衣装:柘植伊佐夫
制作プロダクション:ザフール
配給:イオンエンターテイメント
映倫区分:R15+
(C)2019『ばるぼら』製作委員会


インタビューはこちら
https://madamefigaro.jp/culture/series/interview/201116-barubora.html

『ばるぼら』作品サイト
http://barbara-themovie.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人