YOUTUBE ORIGINALS『YOSHIKI:UNDER THE SKY』ティザー映像公開

2020.11.20

■「素晴らしい仲間たちと一緒に、皆さんの心に寄り添い、少しでも活気を与えることができればいいなと思います」(YOSHIKI)

YouTube Originalsが、世界的なライブストリーム音楽ドキュメンタリー番組『YOSHIKI:UNDER THE SKY』の一部を初公開した。

本作は、ピアニスト、ドラマー、作曲家として世界的に高く評価されているYOSHIKIがプロデュースし、彼自身がアレンジした楽曲で、すべてのアーティストとコラボレーションするライブを主体としたドキュメンタリー。本編は12月23日20時に公開を予定している。

マリリン・マンソン(アメリカ)、ザ・チェインスモーカーズ(アメリカ)、セイント・ヴィンセント(アメリカ)、ニコール・シャージンガー(アメリカ)、SUGIZO(日本)、HYDE(日本)、ジェーン・チャン(中国)、リンジー・スターリング(アメリカ)、SixTONES(日本)、スコーピオンズ(ドイツ)、サラ・ブライトマン(イギリス)など、時代の最先端を行く世界的な著名アーティストたちが参加する。

そのスペシャルティザー映像は、現在、YOSHIKIの公式YouTubeチャンネルで閲覧可能だ。

YouTube Originalsには、アリアナ・グランデ、BTS、デミ・ロヴァート、ジャスティン・ビーバー、ケヴィン・ハート、ポール・マッカートニー、テイラー・スウィフト、ウィル・スミスらが出演する、音楽やパーソナリティにスポットを当てたスペシャルコンテンツがラインアップ。そこへ、YouTube OriginalsとYOSHIKIのパートナーシップにより実現した今回のショーが、あらたに加わることになる。

日本人アーティストが、ここまで世界中の著名なアーティストと一気に共演した例は他にない。まさに日本の音楽史に残る、歴史的なプロジェクトと言っても過言ではないだろう。

YOSHIKIはこれまでに、米ゴールデングローブ賞のテーマ、天皇陛下御即位十年奉祝曲などを作曲し、米マディソンスクエアガーデン、米カーネギーホール、英ウェンブリーアリーナの世界3大聖地を制覇した唯一のアジア人である。日本の音楽史上、最も影響力のある作曲家のひとりと言われており、最近では、セイント・ヴィンセントとコラボレーションし、また、ボノ(U2)、ウィル・アイ・アム(ブラック・アイド・ピーズ)、ジェニファー・ハドソンと「#SING4LIFE」の曲で共演を果たしている。

YOSHIKIコメント
マリリン・マンソン、ザ・チェインスモーカーズ、セイント・ヴィンセント、ニコール・シャージンガー、SUGIZO、HYDE、ジェーン・チャン、リンジー・スターリング、SixTONES、スコーピオンズ、サラ・ブライトマン、そして近々アナウンスされる多くのアーティストの方々と共演できることを、とても光栄に思っています。この特別なイベントで、才能と創造性を分かち合ってくれた彼らには、感謝しきれません。
ファンの方々がいてこそ、僕たちアーティストは存在できると思っています。
素晴らしい仲間たちと一緒に皆さんの心に寄り添い、少しでも活気を与えることができればいいなと思います。
映画本編を観れば伝わるかと思いますが、大きな障害に何度も直面しました。しかし、最大限の注意を払い、そして皆さんへの愛を込めて、このプロジェクトを実現することができました。
完成に向けて、まだ作業の途中ですが、この素晴らしい作品の一部ををようやく発表できることをうれしく思っています。
ファン、友人、スタッフ、Youtube Originals、そして関係者全員の方々に心から感謝いたします。


番組情報

YouTube Originals『YOSHIKI UNDER THE SKY』
12/23(水)20:00〜 ※日本時間
※ライブ放送直後からアーカイブにて閲覧可能。


YOSHIKI YouTube Channel
https://youtube.com/c/Yoshiki

YouTube Japan 公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/YouTubeJapan

YOSHIKI OFFICIAL WEBSITE
http://www.yoshiki.net/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人