⽩⽯⿇⾐、“ananAWARD 2020 ミューズ”を受賞!「卒業後初めてこのような賞をいただけて本当にうれしいです」

■「卒業するときに(乃木坂46の)メンバーからもたくさん背中を押されたので、今後も頑張りたいと思います」(⽩⽯⿇⾐)

雑誌『anan』の創刊50周年を記念した『ananAWARD』の第⼆弾授賞式が開催された。

授賞式には、「ananAWARD 2020 ミューズ」に輝いた⽩⽯⿇⾐が登場。受賞を受けて「今回、私にとって記念すべき年にこのような素敵な賞を受賞できうれしく思います」とコメントした。

さらに、乃⽊坂46を卒業して約1ヵ⽉が経ち、今後チャレンジしたいことについて聞かれると「モデルや⼥優業など様々なジャンルに挑戦していけたらいいなと思っていて、メンバーからもたくさん背中を押されたので今後も頑張ります」と語った。

また『ananAWARD 2020 トレンドカルチャー』を受賞した神崎恵、バービー、前⽥裕⼆も登場し、バービーは『anan』について「⼩学⽣の頃にananに連載をもつのが夢だ! と書いていて、それぐらい私には憧れの雑誌です」とコメント。同じく『ananAWARD 2020 トレンドカルチャー』を受賞したYOASOBIは、映像にて受賞の喜びを語った。

さらに、2019年から2020年の1年間で実施された約50本の特集の中で反響が⼤きかったワードやタイトルの中から、ムーブメントになったものを「トレンドワード」として発表。「相性(バディ)」「体内美容」「美容男⼦」「半径2メートル」という4つのワードが発表された。

■⽩⽯⿇⾐ コメント
Q1:受賞の感想をお願いします。
⽩⽯:今年は『anan』創刊50周年でもあり、私⾃⾝も乃⽊坂46を卒業した記念すべき年に、卒業後初めてこのような賞をいただけて本当にうれしいです。

Q2:『anan』の表紙にもこれまでに乃⽊坂46として3回、ソロでのご登場3回と、近年の『anan』表紙を飾った⼥性として最多のご登場となりますが、『anan』の撮影で最も印象に残っている表紙撮影は何ですか? 撮影エピソードと合わせて教えてください。
⽩⽯:どの撮影も印象に残っていますが、特に”美脚特集”の撮影が印象深かったです。普段あまり経験のないポージングが多かったので撮影中はドキドキしていました。

Q3:11⽉25⽇発売の『anan』では、乃⽊坂46卒業後、初の表紙を飾っていらっしゃいます。撮影はいかがでしたか?
⽩⽯:すごくリラックスして撮影できました。しいたけ.さんご本⼈に占っていただき、⾃分⾃⾝のあらたな発⾒もありましたし、すごく素敵な⽅で、とても印象に残る1⽇でした。表紙のファッションも、カラー診断の結果を取り⼊れて⾐装を選んでもらいました。

Q4:これまでの乃⽊坂46の表紙と違い、単独表紙でしたが撮影は寂しくなかったですか?
⽩⽯:撮影中は、メンバーが居なくて少し寂しい気持ちもありましたが、卒業するときにメンバーからもたくさん背中を押されたので、今後も頑張りたいと思います。

Q5:もし次に表紙を飾るとしたら、何特集の表紙を飾りたいですか?
⽩⽯:⼤好きな占い特集だったり、“美ボディ”にも興味があるので、その特集があるときに挑戦できたらいいなと思います。

Q6:『anan』はファッション、メイク、エンターテインメントなど様々なジャンルでの“すべての⼥性の、今好きなこと。”をテーマにしていますが、いま、⽩⽯さんのお好きなことは何ですか?
⽩⽯:昔も今もずっとメイクが好きです。乃⽊坂46のときは、いわゆる“アイドルメイク”がメインでしたが、これからはひとりの⼥性として様々なメイクに挑戦していきたいと思っています。その時々のトレンドに注⽬しながら楽しみたいです!

Q7:乃⽊坂46を卒業して、約1ヵ⽉が経ちましたが、今後はどのようなことにチャレンジされたいですか?
⽩⽯:モデルや⼥優業、様々なジャンルにチャレンジしていきたいです。

Q8:最後に、ファンの皆様にひと⾔お願いします。
⽩⽯:今回このような素敵な賞をいただけて、本当にうれしいです。乃⽊坂46を卒業して、モデル、⼥優業、さらにYouTubeなど好きなことをやらせてもらっています。今後もひとりの⼥性として美しくいられるよう『anan』とともに歩んでいけたらと思います。


ananWEB
https://ananweb.jp/

『anan』OFFICIAL WEBSITE
https://magazineworld.jp/anan/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人