桑田佳祐が旗振り役となり2019年に立ち上がった『KUWATA CUP』が、“ウィズコロナ”をイメージした大会に様変わり

■『KUWATA CUP 2020→2021 〜みんなのボウリング大会〜』が開催に向けて始動! 選手のWEB登録システムを採用するなど、新機軸が目白押し!

桑田佳祐が旗振り役となり2019年に立ち上がった、老若男女どこでもだれでも参加することができる、史上最大規模の“みんなのボウリング大会”『KUWATA CUP』。このたび『KUWATA CUP 2020→2021 ~みんなのボウリング大会~』を、来年2021年に開催すべく始動することが、大会オフィシャルサイトにて宣言された。

2019年に始まったKUWATA CUPは、プロ・アマを問わず全国どこでもだれでも参加できる、史上最大規模の公益社団法人日本プロボウリング協会公認大会。しかもボウリングだけではなく、桑田佳祐が旗振り役ということでテーマソングを桑田佳祐 & The Pin Boysが書き下ろすなど、スポーツ×エンターテインメントの化学反応によって生まれた前例のないスポーツ大会でもある。

しかし、その第二回大会となる『KUWATA CUP 2020 ~みんなのボウリング大会~』の今年2月に実施される予定だった「本大会」「準決勝・決勝」は、新型コロナウイルス感染拡大の危険にいち早く対応する形で開催中止に。

その後、KUWATA CUP実行委員会は、コロナウイルスの感染拡大や世の中の状況を見ながら、日程の調整、順延開催の検討を重ねてきたが、ジュニアからシニアまで幅広い世代の選手が、全国各地から東京の会場に集結して試合を行うことによる感染リスクを、完全に回避することは難しいという点などを踏まえ、当初と同様のルール・条件下で実施することは、半年以上経過した今現在も困難であるという結論に至り、このたび『KUWATA CUP 2020 ~みんなのボウリング大会~』の「本大会」「準決勝・決勝」は改めて正式に中止と発表された。

ただ、それだけでは終わらないのが『KUWATA CUP』だ。ボウリングを愛する方や、ボウリング場の皆様の熱い思いを形にする『KUWATA CUP』の新しい在り方として、ウィズコロナをイメージした大会、『KUWATA CUP 2020→2021 ~みんなのボウリング大会~』を開催すべく始動したことも同時に発表された。

これまで以上にボウリングを楽しむことを通してコミュニケーションを活性化し、人間関係を今こそ深めてほしいという願いのもと、今年予定していた『KUWATA CUP 2020』を組み込む形で、2021年ならではの新しい競技参加形式を取り入れる。

選手のWEB登録システムを採用し、参加選手の成績をリアルタイムで可視化していくサイトを構築。選手の密集が想定される行程を、成績スコアとその時点での全国順位をいち早く把握できるようなオンラインシステムに置き換え、全国各地で予選大会が完結するような仕組みづくりをしていく予定だ。

それに伴い『KUWATA CUP 2020』「本大会」への出場が確定していたアマチュアボウラー部門(ハウスボウラーの方)・競技ボウラー部門(マイボウラーの方)の選手には、部門ごとに一定のシード権が付与される予定で、2020年大会で「本大会」に出場する予定だった選手にもうれしいお知らせとなりそうだ。

『KUWATA CUP 2020→2021 〜みんなのボウリング大会〜』の詳細は2021年1月上旬に案内、大会スタートとなる予定。正式な開催発表を楽しみに待とう。

■『KUWATA CUP』とは……
自らもボウリングをこよなく愛するプレイヤーのひとりである桑田佳祐の発案により、ボウリングを趣味として楽しんでいる多くのファンボウラー(アマチュアボウラー)、日々ボウリングを真剣にスポーツとして取り組んでいる競技ボウラー、そしてその卓越した能力でしのぎを削るプロボウラーが、そのボウリング愛を遺憾なく発揮し、みんなで楽しもう! という趣旨のもと、昨年度初開催された公益社団法人日本プロボウリング協会公認大会。


リリース情報

2020.02.12 ON SALE
SINGLE「悲しきプロボウラー」


『KUWATA CUP 2020』公式サイト
http://kuwatacup.jp/2020/

桑田佳祐 & The Pin Boys特設サイト
https://special.southernallstars.jp/pinboys/

桑田佳祐2020スペシャルサイト
https://special.southernallstars.jp/kuwata2020/

サザンオールスターズ OFFICIAL WEBSITE
https://southernallstars.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人