まるで本物のカップルのよう!菅田将暉×有村架純W主演、映画『花束みたいな恋をした』場面写真9点解禁

■ 脚本家・坂元裕二が、2020年の東京を舞台に、今を生きるすべての人に贈る書き下ろしのラブストーリー!

菅田将暉と有村架純がW主演を務める映画『花束みたいな恋をした』の場面写真9点が公開された。

本作は、2020年の東京を舞台に、今を生きるすべての人に贈る書き下ろしのラブストーリー。

脚本を手がけたのは、『東京ラブストーリー』(1991年)、『Mother』(2010年)、『最高の離婚』(13年)、『Woman』(13年)、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(16年)、『カルテット』(17年)、『anone』(18年)など、つねに視聴者の心を捉えて離さない多くの連続ドラマを手がけてきた脚本家・坂元裕二。坂元が映画オリジナルのラブストーリーを手がけるのは今作が初となる。

主役を演じるのは、菅田将暉と有村架純。ふたりの実力派俳優による“初のダブル主演”が実現した。

監督は、『罪の声』の土井裕泰。『いま、会いにゆきます』(04年)、『ハナミズキ』(10年)、『映画 ビリギャル』(15年)など多くの大ヒット映画を手がけてきた土井は、ドラマ『カルテット』で坂元と組んでいるが、映画では初のタッグとなる。

今回解禁となったのは、人生最高の恋に落ちた山音麦(菅田)と八谷絹(有村)の、忘れられない最高の5年間を切り取った場面写真。

明大前駅で終電を逃してしまったふたりがトイレットペーパーを抱えながら夜の甲州街道を歩く出逢いの夜から始まり、好きな音楽や映画が奇跡のように一致するなど意気投合し、読んでいる文庫本を交換し合ったりとデートを繰り返していくうちに、あっという間に恋に落ちていく様子が切り取られている。

ふたりが同棲を始め毎日を共に過ごす幸せな時間や、イラストレーターの夢を叶えるため努力する麦の姿、新社会人として働く麦と絹の様子など、ふたりの行く末を見届けたくなるようなカットが満載だ。

麦を演じた菅田は「有村さんとふたりで無意識のうちに主演の負担を分け合って、余計な気を遣わずにいられたし、雑談しているだけでいくらでも場が持つという幸せな現場でしたね」と言い、絹を演じた有村も「絹と麦の距離感が失われたらもったいないと思ったので、“絶対に気を遣わない!”と決めてあえて距離を縮めました」とリラックスして現場に挑んだことを明かしている。

本場面写真で映し出されるふたりの姿は、5年の月日を過ごしたカップルの自然体そのもの。麦と絹が過ごすありふれた日常は、誰しもがかつての自分の姿を重ね、特別な感情がこみ上げてくるかも。

なお、映画『花束みたいな恋をした』公式Instagram(@mugikinu)では 麦と絹のここでしか見ることのできない場面写真や、日記のように綴られていくエモーショナルな投稿を公開中。こちらも要チェックだ。

また、麦と絹のオリジナル大判ポストカードの特典付きムビチケカードが絶賛販売中(一部劇場を除く)。

映画『花束みたいな恋をした』は、2021年1月29日からTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開。


映画情報

映画『花束みたいな恋をした』
2021年1月29日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか、全国公開
脚本:坂元裕二
監督:土井裕泰
出演:
菅田将暉 有村架純
清原果耶 細田佳央太
韓英恵 中崎敏 小久保寿人 瀧内公美
森優作 古川琴音 篠原悠伸 八木アリサ
押井守 Awesome City Club PORIN/佐藤寛太 岡部たかし
オダギリジョー
戸田恵子 岩松了 小林薫

製作:『花束みたいな恋をした』製作委員会
配給:東京テアトル、リトルモア
(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

【あらすじ】
猛スピードで加速する恋の、忘れられない“最高の5年間”を描く、不滅のラブストーリーが誕生!
東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから、偶然に出会った大学生の山音麦(菅田将暉)と八谷絹(有村架純)。好きな音楽や映画が嘘みたいに一緒で、あっという間に恋に落ちた麦と絹は、大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始める。拾った猫にふたりで名前をつけて、渋谷パルコが閉店してもスマスマが最終回を迎えても、日々の現状維持を目標にふたりは就職活動を続けるが――。


映画『花束みたいな恋をした』公式Instagram(@mugikinu)
https://www.instagram.com/mugikinu/

『花束みたいな恋をした』作品サイト
http://hana-koi.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人