劇中の名場面を満載! 映画『461個のおべんとう』より、井ノ原快彦と道枝駿佑が歌う主題歌「Lookin’4」SPショートPV公開

■映画主題歌「Lookin’4」は、原作者・渡辺俊美が、当時4歳だった息子のために作った名曲!

TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美による感動のお弁当エッセイ『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)が『461個のおべんとう』として映画化され、11月6日より全国公開中。

本作の主人公、ミュージシャンとして多忙な日々を送りながら、息子との約束を果たすため、高校3年間=461個のお弁当を毎日欠かすことなく作り続けたシングルファザーの鈴本一樹を演じるのは、井ノ原快彦。そして、進路や学校生活などに悩みを抱える一樹の息子、虹輝を、関西ジャニーズJr.で人気沸騰中のユニット「なにわ男子」に所属する道枝駿佑が演じている。

監督は『キセキ -あの日のソビト-』『泣くな赤鬼』といった心あたたまる話題作を撮り続ける兼重淳。音楽面では原作者・渡辺俊美が全面サポートした。

そしてこのたび、本作のエンドロールだけでしか観られない、一樹(井ノ原快彦)と息子・虹輝(道枝駿佑)による主題歌「Lookin’4」親子セッションに、本編映像が盛り込まれたSPショートPVが、WEBだけで特別公開された。

PVは、ステージ上の鈴本親子が奏でる美しいハーモニーからスタート。曲とともに流れる本編映像は、生まれて間もない虹輝をビデオに撮る一樹や笑顔であやす周子(映美くらら)に、幼稚園からの帰り道で一緒に遊ぶ親子の姿など、虹輝の子供時代から映し出される。そこから時は流れ、リビングにいる深刻な面持ちの一樹と周子を心配そうに見つめている虹輝。次のシーンでは、一樹と周子は別々の道を歩む決意をする。

そして、ここから虹輝とふたりっきりの生活が始まり、親子は大事な約束を交わすことになる。一樹が「お弁当なら、俺が作る。3年間、毎日作るよ。お前も3年間休まず、学校行く?」と聞き、虹輝が力強く「約束する」と伝える、お弁当作りが始まるきっかけとなるシーン。内気な虹輝は、一年遅れの高校生活に緊張しながらも一樹との約束を守るべく、学校に通う。

一方、プロのミュージシャンとしてバンドメンバー(KREVAとやついいちろう)と忙しくライブ活動を行う一樹は、どんな日も欠かさず、お弁当を作っていく。旬の食材を虹輝に食べさせたくて、お弁当に入れたそら豆が教室で異臭騒ぎとなり、怒った虹輝が一樹に報告することも……。

また、中学の同級生・礼奈(工藤遥)との再会でうれしそうな虹輝の姿がある一方で、残したお弁当を捨てて、一樹に咎(とが)められそうになる場面も。その後、少しづつ距離が出来てしまう親子の様子が描かれ、その間にふたりは自分自身と向き合い、一樹は息子を想い、虹輝は父親を想う時間を過ごす。

そんな中、同級生のヒロミ(森七菜)と章雄(若林時英)との楽しそうなお弁当時間に、一樹と矢島真香(阿部純子)のお弁当がきっかけで深まる交流も盛り込まれている。この何気ない毎日のなかで、とうとう迎える高校3年間最後のお弁当のシーン。「今日、最後のお弁当だからさ」といういろいろな気持ちが入った一樹の言葉とともに、曲は終わりを迎える。

この主題歌「Lookin’4」は、原作者・渡辺俊美が、当時4歳だった息子のために作った曲。公開直前イベントで登壇した渡辺は、お弁当について「僕がお弁当を作ったのは、ただ息子を守りたかっただけなんです。その守るひとつの形がお弁当になったんです」とコメント。お弁当を通して描かれる、親子の絆から、深い愛を感じよう。


映画情報

『461個のおべんとう』
11月6日(金)全国ロードショー
出演:井ノ原快彦、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、森 七菜、若林時英、阿部純子、野間口徹、映美くらら、KREVA、やついいちろう、坂井真紀、倍賞千恵子
監督:兼重 淳(『キセキ -あの日のソビト-』)
脚本:清水 匡、兼重 淳
原作: 渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)
配給:東映
(C) 2020「461個のおべんとう」製作委員会


映画『461個のおべんとう』作品サイト
461obento.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人