YouTubeチャンネル総登録者数125万人越えの“春茶”の歌が小説化!『終電間際オンライン 小説集』12月16日に発売決定

■終電間際≦オンライン。が、6人の豪華作家陣により小説化!『終電間際オンライン 小説集』ティザー映像公開!

終電間際≦オンライン。の楽曲から生まれた、豪華執筆陣による小説集『終電間際オンライン  小説集』が、株式会社KADOKAWAより12月16日に発売されることが決定。そんな終電間際≦オンライン。の小説のティザー映像が11月10日に公開された。

終電間際≦オンライン。は、令和元年最後に突如現れたシンガー・春茶を中心に結成された謎のユニット。しゅうまぎの愛称で親しまれカバー動画の総再生回数1.5億回を超える、正体を一切明かしていない春茶とイラストレーターのナナカワ、奇才クリエイター・sakuma.の3人によって結成されたにもかかわらず、8月19日に開催されたワンマンライブでもandropの内澤崇仁(vo)と共演するなど、ネットシーンを中心に大きな話題を呼んでいる。

そんな終電間際≦オンライン。のオリジナル楽曲はライブでしか聴くことができず、今回発売される小説集『終電間際オンライン  小説集』は、そんな貴重な楽曲の世界に触れることができる作品となっている。

豪華作家陣による6つの物語、「きみにおくるうた」のオムニバス小説『もう一度きみに会いたい』(七月隆文)、「リタルダンド残して」の小説『海の底にふる雪』(いぬじゅん)、「ENDROLL」の小説『熊』(夜の本気ダンス・西田一紀)、「声を吐く」の小説『ハスリーベ』(ニャン)、「迷題理論」の小説『さがしもの』(カツセマサヒコ)、「escape」の小説『月とミントと猫の羽』(柴崎竜人)に加えて、春茶が書き下ろしたシークレットストーリーも収録された、ファン待望の作品に仕上がっている。

さらに、12月26日には東京国際フォーラム ホールAにて終電間際≦オンライン。のワンマンライブが開催。LINE公式アカウントでは随時ライブ情報が配信されている。


書籍情報

『終電間際オンライン  小説集』
発売日:12月16日(水)
出版社:KADOKAWA


ライブ情報

終電間際≦オンライン。live at 東京国際フォーラムA
12/26(土) 東京・東京国際フォーラムA


春茶「終電間際≦オンライン。」公式LINEアカウント(@syumagi)
https://page.line.me/syumagi


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人