坂本冬美、『週刊文春』で覚悟のグラビア!「正直、ここまで頑張っていただけるとは驚きました」(担当デスク)

■「ついにカラを破った私をぜひご覧ください」(坂本冬美)

サザンオールスターズの桑田佳祐が提供した新曲「ブッダのように私は死んだ」を11月11日にリリースする坂本冬美。

今楽曲で坂本は、桑田が彼女を悲しくも美しい愛に生きる主人公に見立てて描いた「歌謡サスペンス劇場」を見事に演じきっており、そのミステリアスで艶やかな姿は、現在公開中のミュージックビデオでも確認できる。

そんな坂本が、11月12日発売の『週刊文春』の巻頭グラビア「原色美女図鑑」に登場。「紅白歌合戦のときと同じくらい緊張しました。人生初グラビアですから」と語るほど“覚悟”をもって臨んだ撮影では、美しい素肌を大胆に露出している。

担当デスクは「正直、ここまで頑張っていただけるとは驚きました。かなりのインパクトがあります!」とコメント。「主演・坂本冬美」は、いったいどこまでチャレンジしたのか!? 11月12日の『週刊文春』の発売が待たれる。

さらに同号では、対談連載「阿川佐和子のこの人に会いたい」にも登場。そして、桑田佳祐の連載コラム「ポップス歌手の耐えられない軽さ」では、桑田が坂本冬美を語っている。

3つの大型連載に同時に登場するというのは文春史上初とのことで、まさに、坂本冬美が文春をジャックした形となった。

「阿川対談」では中学生時代からの“桑田愛”の深さや、「歌手人生はこの歌にたどり着くためにやってきたものだった」という新曲に込めた思いを明かす。

また、桑田は連載内で、坂本へ楽曲提供をすることになった経緯や、歌い手としての坂本に感動したエピソードを披露。「『人間』『女性』『演じ手』としての彼女の言葉が、アタシをウロたえさせる場面もあった。作者であるアタクシなんかより、この歌に深みと魂を吹き込んでくれるのは、歌い手の冬美さんご自身なのだと確信した」と述べている。

坂本冬美の「ビジュアル」「人間性」「音楽性」を一冊で堪能できる「週刊文春」の大特集。坂本自身は「ついにカラを破った私をぜひご覧ください」と語っている。

PHOTO BY 安珠 ※メイン写真


リリース情報

2020.11.11 ON SALE
SINGLE「ブッダのように私は死んだ」


坂本冬美 OFFICIAL WEBSITE
http://fuyumi-fc.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人