Da-iCE・大野雄大&岩岡徹、ドラマ『極主夫道』に本人役で出演! 主題歌「CITRUS」リリックビデオも公開

■「玉木さんの近くに行ったときは、どんな顔をして立っていたらいいのかわかりませんでした(笑)」(Da-iCE・大野雄大)

日曜22時30分から放送中の日本テレビ系日曜ドラマ『極主夫道』に、主題歌「CITRUS」を歌うダンス&ボーカルグループ、Da-iCE(ダイス)のメンバー大野雄大と岩岡徹の出演が決定した。

『極主夫道』は、『くらげバンチ』(新潮社)で連載中のヒットコミックをドラマ化したもので、主演の玉木宏が元極道のスーパー専業主夫・龍、その龍の妻・美久を川口春奈が演じている。

Da-iCEのふたりは、11月15日放送の第6話で登場。第6話は、龍の舎弟・雅(志尊淳)と純喫茶のアルバイト店員・ゆかり(玉城ティナ)の恋模様が描かれる。

雅の思いを知った美久は龍とともにサポートを約束するが、例によって周囲を巻き込みまくり、物語は思いもよらぬ展開を見せていくことに……。

そんな、ツッコミどころ満載のストーリーの中に、大野&岩岡がDa-iCE本人役として出演している。

本人役でのドラマ出演はこれが初となり、大野は「自分自身のままでいいということだったので、ナチュラルにできたと思います。ただ、玉木さんの近くに行ったときは緊張しましたね。どんな顔をして立っていたらいいのか、わかりませんでした(笑)」と、主演を務める玉木宏との共演に緊張したとコメント。

岩岡は、「初めての本人役でのドラマ出演ということで神妙な心持ちで臨んだら、やたらと低い声が出ちゃいまして。監督さんに“もうちょっと子ども心がほしい”と言われました(笑)」と、現場でのエピソードを語った。

主題歌「CITRUS」は、メンバーの工藤大輝と花村想太が作詞を担当し、ドラマにも通じる「自分が信じた道を極める」ことの大切さや決意を込めたエモーショナルなロックバラード。そのリリックビデオが本日公開された。

ドラマ『極主夫道』のロケ地を使った映像やアニメーションを織り交ぜたリリックビデオは、歌詞とともにそのエモーショナルな楽曲を引き立てている。

また、6ヵ月連続リリース中の彼らが次に発表する第5弾シングル「EASY TASTY」の予約受付もスタート。「CITRUS」に続き、工藤大輝と花村想太が作詞を手掛けるシティポップな同曲は、この冬を明るく彩ってくれるに違いない。

今年はTVアニメ『ワンピース』の主題歌にも抜擢され、来年には全国アリーナツアーも控えているDa-iCE。彼らの活躍ぶりから目が離せない。


リリース情報

2020.08.26 ON SALE
SINGLE「DREAMIN’ ON」

2020.09.30 ON SALE
SINGLE「amp」

2020.10.28 ON SALE
SINGLE「image」

2020.11.25 ON SALE
SINGLE「CITRUS」

2020.12.23 ON SALE
SINGLE「EASY TASTY」


ドラマ『極主夫道』番組サイト
https://www.ytv.co.jp/gokushufudo/

Da-iCE OFFICIAL WEBSITE
https://da-ice.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人