のん主演映画『私をくいとめて』が、『第33回東京国際映画祭』にて観客賞を受賞!「心から喜びでいっぱいです」

■「映画というのは観客の方に観ていただき、初めて完成するものだと思いますので、今回いただいた賞を大切に受け止めたいと思います。」(のん)

のん主演の映画『私をくいとめて』(12月18日全国公開)が、『第33回東京国際映画祭』にて「TOKYOプレミア2020」部門 観客賞を受賞した。

本作は、脳内に相談役「A」を持つ、31歳おひとりさま・みつ子(のん)を主人公とするラブストーリー。悠々自適におひとりさまライフを満喫していたみつ子が、年下営業マンの多田くん(林遣都)と出会い、久しぶりに訪れた恋に戸惑いながらも一歩踏み出していくさまが描かれる。

そして11月9日、『第33回東京国際映画祭』クロージングセレモニーが行われ、今年唯一のコンペティション部門である「TOKYOプレミア2020」部門で、一般観客の投票で最も多くの支持を獲得した「観客賞」を『私をくいとめて』が受賞した。

授賞式には『勝手にふるえてろ』(2017年)以来、今回が史上初となる2度目の受賞を果たした大九明子監督、そして6年ぶりに長編映画で主役を演じたのんが登壇し、喜びをスピーチ。さらに出演の林遣都、橋本愛からもコメントが到着した。

本映画祭でひと足早く本作を鑑賞したファンからは、すでにSNSで

「“働く女性あるある”に心えぐられた……」
「共感する場面ばかりでみつ子が愛しくなった」
「激情からコメディまで、のんさんの演技の振り幅が改めてスゴイ」

と絶賛の声が続出中。ますます注目が高まる映画『私をくいとめて』は、12月18日より全国ロードショー。

(C)2020 TIFF

■大九明子監督 コメント
素晴らしい賞を頂戴させていただき、本当にありがとうございます。
観客賞を頂戴するのはうれしいことに、私とスタッフは(『勝手にふるえてろ』に続き)2度目になりますが、その3年前と世界はまったく違っていて、映画祭もそのころとはまったく違う形となりました。様々な映画祭がリモート配信だけで行うなか、東京国際映画祭は実際にお客さまをお入れして、一緒にスクリーンで観るという体験を実現させたことは、本当に素晴らしいことだと思います。
まだまだ出歩くことに安心できず、不安を感じるようななか、この作品のチケットを取っていただき、劇場で映画を観ていただいて、かつ、票を入れてくださった方、おひとりおひとりの貴重な1票が、私どもに賞をくださったのだと、いつも以上に感慨深いです。
早く一人ひとりのお客様と直接握手を交わしたり、お話したりできる機会がくるといいなとお祈りしています。
本当にありがとうございました。

■のん コメント
このたびはこのような素敵な賞をいただき、ありがとうございます。
今年はこの「観客賞」が唯一の賞になるそうですが、観客の皆さんに応援いただいた作品ということで、うれしく思っています。私ごとではありますが、この作品で何年ぶりかに主役として大九監督に呼んでいただき、この映画に参加させていただけたことに心から喜びでいっぱいです。
スタッフ、キャストを代表して監督とともに感謝の気持ちをお伝えできればと思います。本当にありがとうございます。映画というのは観客の方に観ていただき、初めて完成するものだと思いますので、今回いただいた賞を大切に受け止めたいと思います。
本作は、12月18日より全国公開となります。観ていただいた皆さんと一緒にこの映画を一緒に盛り上げていけたらと思いますので、面白いと思っていただいた方には、ぜひ、SNSでの口コミや周りのお友達にオススメしていただけたらうれしいなと思います。たくさんの方に観ていただけるよう、一緒に頑張りましょう! ありがとうございました。

■林遣都 コメント
このたびは観客賞受賞の連絡を聞きとても驚いております。
劇場に足を運んで投票してくださった皆様、このたびは心より感謝申し上げます。
ありがとうございます。そして大九監督おめでとうございます!
この作品の細部に散りばめられた監督やスタッフの皆さんの強いこだわり、そして情熱が多くの人に届いたんだなと思うとうれしい気持ちでいっぱいです。
スクリーンから大九組のあのワクワクする空気感を皆さんにもっと味わっていただける日を楽しみにしています。

■橋本愛 コメント
観てくださった皆様のお力添えに感謝します。
この映画も、自分にとっても、映画界全体も、良き未来を作り上げていくために、大きな一歩になったと思っています。
何より楽しんでいただけたことが、心からうれしいです。
また、大九監督とのんさんに、本当におめでとうって言いたいです。


映画情報

『私をくいとめて』
12月18日(金) 全国ロードショー
原作:綿矢りさ「私をくいとめて」(朝日文庫/朝日新聞出版)
監督・脚本:大九明子
音楽:高野正樹 ※「高野正樹」の「高」は、はしごだかが正式表記
出演:のん 林遣都 臼田あさ美 若林拓也 前野朋哉 山田真歩 片桐はいり/橋本愛
製作幹事・配給:日活
制作プロダクション:RIKIプロジェクト
企画協力:猿と蛇
(C)2020「私をくいとめて」製作委員会


『私をくいとめて』公式Twitter(@kuitometemovie)
https://twitter.com/kuitometemovie

『私をくいとめて』作品サイト
https://kuitomete.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人