爆笑問題、GLIM SPANKYのニューアルバムを絶賛!「聴けば、どんな社会だとしても前へ進もうと思う」(太田光)

■GLIM SPANKY、初オンラインワンマンライブ『GLIM SPANKY STREAMING SHOW 2020』のティザー映像公開!

先月、2年ぶりとなる5thアルバム『Walking On Fire』をリリース。リード曲「東京は燃えてる」、映画『実りゆく』とコラボした「By Myself Again」のミュージックビデオが公開され、11月14日には自身初となるオンラインワンマンライブ『GLIM SPANKY STREAMING SHOW 2020』の配信も決定している、GLIM SPANKY。

アルバム『Walking On Fire』には、浅井健一、大貫亜美(PUFFY)、オカモトコウキ(OKAMOTO’S)、片平里菜、上白石萌音、清水ミチコ、SUGIZO、高城れに(ももいろクローバーZ)、内藤剛志、野宮真貴、布袋寅泰、ホリエアツシ(ストレイテナー)、みうらじゅん、山中さわお(the pillows)、ロバートといった、以前からGLIM SPANKYと交流のある数々の人が愛に溢れたコメントを寄せているが、このたび、爆笑問題・太田光、田中裕二のコメントが到着した。コメントはアルバム『Walking On Fire』特設サイトでも公開されている。

さらに、11月14日19時から開催される自身初のオンラインワンマンライブ『GLIM SPANKY STREAMING SHOW 2020』のティーザー映像も公開。

どんな時代でも万人に向けて、“至上のロック”をかき鳴らし続ける、そんなGLIM SPANKYの“今”が凝縮されたアルバム『Walking On Fire』。要チェックだ。

■爆笑問題・太田光 コメント
グリムスパンキーは、いつも外で歌ってるみたいだ。
太陽の下、風が吹き、光がさす場所から聴こえてくる、ぶっきらぼうで、けなげな声は、過去でも未来でもなく今日の地面を踏んで歩いているようで、聴けば、どんな社会だとしても前へ進もうと思う。

■爆笑問題・田中裕二 コメント
GLIM SPANKYは不思議なバンドだとつくづく思う。
聴いていると、子供の頃、10歳年上の兄の部屋から流れてくるレコードを聴いているような錯覚に落ち入る。でも、歌詞も歌声もあきらかに今を歌っていて決して古くはない。
「By Myself Again」や「こんな夜更けは」なんか、もうずっと昔から大好きだった曲のように思ってしまう。
新しいのに。
やっぱり不思議だ。


リリース情報

2020.08.19 ON SALE
GLIM SPANKY
DIGITAL SINGLE「東京は燃えてる」

2020.10.07 ON SALE
GLIM SPANKY
ALBUM『Walking On Fire』


配信情報

オンラインワンマンライブ「GLIM SPANKY STREAMING SHOW 2020」
11/14(土)19:00〜配信スタート
※11/17(火)23:59までアーカイブあり


『Walking On Fire』特設サイト
https://www.universal-music.co.jp/glim-spanky/walking-on-fire/

松尾レミ OFFICIAL Instagram(@remimatsuo)
https://www.instagram.com/remimatsuo/

亀本寛貴 OFFICIAL Instagram(@hirokikamemoto)
https://www.instagram.com/hirokikamemoto/

GLIM SPANKY OFFICIAL WEBSITE
http://www.glimspanky.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人