松尾太陽(超特急・タカシ)、米津玄師「Lemon」のカバー動画を公開!「今までとは違う自分を表現できた」

■「喪失感、苦しみ、でもその中にあるひと筋の光や前向きな姿勢、マットな世界から覗く明るさをイメージして歌わせていただきました」(松尾太陽)

9月にソロデビューを果たした松尾太陽(超特急・タカシ)が、公式YouTubeチャンネルにて米津玄師の「Lemon」のカバー動画を公開した。

アコースティックギターのシンプルな音色をバックに、2018年最大のヒット曲を彼ならではの解釈で歌唱する姿は、実にドラマティック。誰もが知るモンスター級のナンバーを巧みに乗りこなし、表現者としてのオリジナリティを存分に発揮している。

6月の公式チャンネル開設以来、「うたうたい~The Cover」と題して、多彩な楽曲を大きなリスペクトのもとカバーしてきた松尾。YOASOBI、Vaundy、Mrs.GREEN APPLE、Aimerといった気鋭のアーティストのほか、ソロデビュー後はアコースティック演奏をバックに、さらに歌のボリュームを増やして、あいみょんの「ハルノヒ」、Official髭男dismの「I Love…」、菅田将暉の「まちがいさがし」を公開してきた。

数多くのヒットソングを歌ってきた松尾だが、その最高位に君臨すると言っても過言ではない米津玄師の「Lemon」に、今回、満を持してチャレンジ。

オレンジ色の明かりが灯る薄暗がりの部屋の中、着席のまま静かに歌い始める映像で、まず目を惹くのが松尾の表情の柔らかさだ。喪失の悲しみ、苦しみが色濃く描かれた楽曲にもかかわらず、笑みさえ浮かべる面持ちの明るさからは、どんな状況でも光を見出してきた彼の前向きさと、真のたくましさが覗くよう。

そして曲が進むにしたがい、顔つきにも歌声にも感情が露わになって熱を帯びてゆくさま、さらに歌詞を再現するような仕草には、まるで短編映画を観ているかのようなドラマ性を感じることができる。

トレーナーにジーンズという、装飾を削ぎ落したラフな装いも、真正面から曲に挑んでいきたいという彼の意気込みの表れ。

作品を発表するごとに、シンガーとして確かな進化を見せる松尾太陽の放つポジティブで力強いオーラは、これからも観る者に癒しと励ましを与えてくれそうだ。

松尾太陽 コメント
これまでたくさんの楽曲をカバーさせていただきましたが、この「Lemon」はまた今までとは違う自分を表現できたんじゃないかなと思っています。喪失感、苦しみ、でもその中にあるひと筋の光や前向きな姿勢、そういうマットな世界から覗く明るさをイメージして歌わせていただきました。
この動画を通して、よりこの楽曲を好きになってもらえますように。


リリース情報

2020.09.02 ON SALE
松尾太陽
MINI ALBUM『うたうたい』

2020.10.21 ON SALE
超特急
DIGITAL SINGLE「Jasper」

2020.10.28 ON SALE
超特急
DIGITAL SINGLE「Never Mine」

2020.11.04 ON SALE
超特急
DIGITAL SINGLE「凱歌」

2020.11.11 ON SALE
超特急
DIGITAL SINGLE「タイトル未定」

2020.11.18 ON SALE
超特急
DIGITAL SINGLE「タイトル未定」

2020.12.06 ON SALE
超特急
SINGLE「Asayake」


松尾太陽「Lemon」カバー動画
https://youtu.be/YlrdnyD43fY

松尾太陽 OFFICIAL WEBSITE
https://matsuo-takashi.jp/

超特急 OFFICIAL WEBSITE
https://bullettrain.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人