「良い子のみんなは、ちょっと目隠ししてね」。坂本冬美、桑田佳祐書き下ろしの新曲MVで戸次重幸と濡れ場を熱演!

■坂本冬美の新曲「ブッダのように私は死んだ」MVは、作家・桑田佳祐が、坂本冬美を主人公に見立てて描いた「歌謡サスペンス劇場」とでも言うべきジャパニーズフィルムノワール!

坂本冬美の最新楽曲「ブッダのように私は死んだ」のミュージックビデオが公開された。

このミュージックビデオは、作詞作曲を手がけた桑田佳祐によるオリジナルストーリーのもと、楽曲の世界観をさらに拡げて映像化。凛と佇む主人公・坂本冬美と、歌詞の物語に登場する“悪い男”を演じる戸次重幸が醸し出す、“不埒な大人の色気”を纏った「歌謡サスペンス劇場」となっている。

「歌うごとに主人公の女性が愛おしくなって、抱きしめたくなる」と語る坂本冬美。楽曲に対する坂本の“一世一代の覚悟”が視覚化されたこのミュージックビデオは、まるで海外映画のような、美しさと狂気が混ざり合った仕上がりとなっている。

撮影は2日間にわたって行われ、ドローンを使用した海岸や薄暗い森などの野外シーンから、川を再現したセットを組んでのシーンなど大掛かりな撮影となった。長丁場の撮影現場には桑田佳祐も駆けつけ、坂本や監督、スタッフを激励するひと幕も。

なお、11月11日発売のシングル初回盤に付属するBlu-rayには、YouTubeやTVには公開されない「Music Video完全版」、そして坂本冬美の歌唱シーンのみを使って制作された「Music Video歌唱版」も収録予定。

そして、シングルリリースに先がけて、本日よりダウンロードおよびサブスクリプションサービスでのデジタル配信がスタート!

■楽曲「ブッダのように私は死んだ」制作経緯
2018年NHK紅白歌合戦での共演をきっかけに、2019年初春、坂本冬美から楽曲制作の依頼をしたためた手紙が桑田佳祐へと渡った。ちょうどその頃、楽曲制作期間中であった桑田は、Netflixなどでサスペンスドラマやミステリー映画を観ることに傾倒しており、坂本からの手紙の内容と観ていた映像の雰囲気が絶妙にシンクロ。自身の中で楽曲のインスピレーションが次々と湧いた。

奇しくも“運と縁とタイミング”が重なり、2019年秋には詞曲が完成。坂本の歌入れが行われ、完成した作品がこの「ブッダのように私は死んだ」である。作家・桑田佳祐が坂本冬美を主人公に見立てて描いた、悲しくも美しい愛に生き、愛に死にゆくある種の「小説」であり、また「歌謡サスペンス劇場」とでも言うべきジャパニーズフィルムノワールでもあるのだ。

坂本冬美 コメント
桑田佳祐さんが、私を主人公に見立てて「歌謡サスペンス劇場」を描いてくださいました。
ミュージックビデオでは、楽曲の世界観を、私なりに精一杯演じさせていただきましたので、戸次重幸さんの熱演とあわせてお楽しみください。
ドキッとする場面もありますので、良い子のみんなはパパママに聞いて、ちょっと目隠ししてね。
初回盤に収録される「Music Video歌唱版」のほうは、ご家族みんなで安心してご覧下さい!


リリース情報

2020.11.11 ON SALE
SINGLE「ブッダのように私は死んだ」


坂本冬美 OFFICIAL WEBSITE
http://fuyumi-fc.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人