クリープハイプ、TikTokで自分たちの楽曲が使われることについてファンと徹底討論

■クリープハイプ、TikTokの「#秋の歌うま」投稿から優秀動画を選出!、「なんでこんなに(声を)楽に出せるんだろう」「この青春感には勝てない」(尾崎世界観)

ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」は、10月9日より「#秋の歌うま」チャレンジを開催。それにあわせてライブストリーミング機能であるTikTok LIVEで特別番組が生配信された。

「#秋の歌うま」チャレンジは、TikTokで季節ごとに開催される定番ハッシュタグチャレンジのひとつで、ユーザーが弾き語りやアカペラ歌唱のショート動画を投稿する人気企画。「#歌うま」投稿はいまや総再生数30億回越えの人気を誇るハッシュタグとなっている。

10月24日に放送されたTikTok LIVE番組『あのバンドもいい波に乗ってTikTokでバズった瞬間にあのバンドは終わった だってあたしのこの気持ちは絶対15秒に分割できないし』では、そんな「#歌うま」投稿などで楽曲が弾き語りカバーされているクリープハイプが、アンバサダーアーティストとして登場。クリープハイプの楽曲を歌ったユーザーの「#秋の歌うま」投稿動画の中から、メンバーが選んだ優秀動画と“一番クセが強い歌うま動画”を発表した。

ボーカル&ギターの尾崎世界観は「クセがある声なので、歌うまのアンバサダーが少し落ち着かない」と本音をこぼしながらも、メンバー自らが選んだ「栞」や10月9日に配信リリースされた新曲「モノマネ」のカバー動画を視聴し、「なんでこんなに(声を)楽に出せるんだろう」「この青春感には勝てない」などのコメントを寄せた。

数字ばかりで見られるのは嫌だと、メンバーが再生回数ではなく中身で選んだという動画を視聴したあとは、企画に参加したファンがリモート出演し、TikTokでクリープハイプの曲が使われることに対して徹底討論。

番組タイトルでも述べている“あのバンドもいい波に乗ってTikTokでバズった瞬間にあのバンドは終わった だってあたしのこの気持ちは絶対15秒に分割できないし”といったクリープハイプのTikTok企画にモヤモヤしたコメントの募集も行われ、TikTokクリエイターのにんじんと岡田拓也(おかでぃ)の肯定派の意見からモヤモヤしている否定派のファンの意見まで、幅広い意見に耳を傾けた。

メジャーデビューが決まった際やファンクラブをはじめる際も、様々な意見を受けたというクリープハイプ。TikTokにアカウントを開設、進出したことに対しての意見は賛否両論で、この日も熱の高い意見が多く寄せられた。

どちらを否定するわけでもなく受け止める尾崎の見事な切り返しも印象的だったが、否定派のファン・ヒナタさんは、「自分の寄りどころであるクリープハイプの曲が軽く扱われないか」「“TikTokの曲じゃん”と認識されてしまうのが不安」だとコメントした。

肯定派の意見としてクリープハイプが前から好きだったという岡田は「愛してくれる人が増えるキッカケになる」と述べ、にんじんもその意見に同意。TikTokの投稿によって「歌詞を見てくれるキッカケになれば」と話した。ヒナタさんは否定派の意見として「まさか(否定派の意見が)本人に届いてるとは思わず」と前置きしながらも、クリープハイプの楽曲が流行としてひとくくりにされてしまうことへのモヤモヤを打ち明けた。

番組内では、その後もメンバーそれぞれのTikTokに対する考えが真剣に語られ、最後には出演した感想を述べた。

ベースの長谷川カオナシは「楽曲を出して手元に渡ったら、その楽曲は好きに扱っていただいていいと思っていたんです。でも、クリープハイプのファンには、1曲をぜんぶ通して聴きたいし、みんなにもそう聴いてほしいと思ってくれている人が多いんだなと改めて思いました」とコメント。さらには投稿された「#秋の歌うま」動画を見て「1曲ぜんぶを聴きたいと思うほどのクオリティだった」と率直な意見を話した。

ドラムの小泉拓は、TikTokに対し、若者文化なイメージはあったというものの「自分が好きなら好きでいて、年齢を気にしなくていいんじゃないか」と話し、それに対して尾崎も「年齢で辞めてしまうのはもったいない」と小泉の意見に賛同。ギターの小川幸慈も「その人のクリープハイプの解釈になっているのが良いと思った」と自由に楽しむことを勧めた。

TikTokで季節ごとに開催される定番ハッシュタグチャレンジ「#秋の歌うま」は、この特別番組をもって終了してしまったが、次の「#歌うま」チャレンジも心待ちにしたい。


リリース情報

2020.10.09 ON SALE
DIGITAL SINGLE「モノマネ」

2020.10.21 ON SALE
ALBUM『どうにかなる日々』


アニメ映画『どうにかなる日々』作品サイト
https://dounikanaruhibi.com

クリープハイプ OFFICIAL WEBSITE
http://www.creephyp.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人