[Alexandros]・川上洋平×綾野剛、互いを「剛ちゃん・洋ちゃん」と呼び合うふたりのラジオ対談が実現

■「映画(『ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―』)を観終わって、自分だったらどうするか?を考えさせられた」(川上洋平)、「(主題歌の)『Beast』が映画に光を与えてくれた」(綾野剛)

[Alexandros]・川上洋平と綾野剛の対談が、11月6日・13日放送のTOKYO FM/JFN38局ネット『SCHOOL OF LOCK!』(毎週月~金曜 22:00)内で川上がパーソナリティを担当するレギュラーコーナー『アレキサンドLOCKS!』(毎週金曜 22時30分頃~)で放送される。

綾野剛と川上洋平の出会いは2017年、[Alexandros]の楽曲「Buzz Off!」が起用されたCM撮影だった。 その後も交流を深めたふたりが、11月13日公開の映画『ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―』で主演と主題歌担当という立場で共に作品を作り上げ、今回、公開を記念したラジオでの対談が実現した。

互いを「洋ちゃん・剛ちゃん」と呼び合うふたりのトークでは、出会いのエピソードや、映画・主題歌のお互いの感想や制作への想いを語り合うほか、「綾野剛が俳優になるまで」の“進路”にも川上が迫る。 綾野の学生時代、そして俳優を志したきっかけや、綾野が青春時代に聴いていた「想い出深い一曲」も聴ける貴重な対談は必聴だ。

対談内では、今回の作品について「映画を観終わって、自分だったらどうするか? を考えさせられた」(川上洋平)、「(主題歌の)『Beast』が映画に光を与えてくれた」(綾野剛)と語る場面も。

“ラジオの中の学校”『SCHOOL OF LOCK!』のなかで、“進路室の大王”として10代リスナーたちの進路にまつわる相談に応えている「アレキサンドLOCKS!」。今回は川上だけでなく、ゲストの綾野も“先生”として、リスナーからの進路の悩みに応えていく。

俳優とミュージシャン、お互いのフィールドで活躍し続けるふたりのアーティスト的側面の裏側にある“仕事”としてのそれぞれの向き合い方や、コロナ禍での俳優・音楽活動、そしてエンタテインメントへの熱い想いが聴ける2週連続の対談をどうぞお聴き逃しなく!


リリース情報

2020.11.11 ON SALE
[Alexandros]
SINGLE「Beast」

2021.01.20 ON SALE
[Alexandros]
ALBUM『Where’s My History?』


『SCHOOL OF LOCK』番組サイト
https://www.tfm.co.jp/lock/

『ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―』作品サイト
https://wwws.warnerbros.co.jp/doctordeathmovie/

[Alexandros]OFFICIAL WEBSITE
https://alexandros.jp/


 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人