「女子メンタル」優勝の峯岸みなみが胸中を吐露!「人生のすべてをかけちゃったので、もう何も残ってない」

■AKB48・峯岸みなみ、“人生の明暗を分けた出来事”を告白!「もしかしたらAKBにいなかったかも」

AKB48の峯岸みなみが11月1日にABEMA「ABEMA NEWSチャンネル」で放送された『ABEMA的ニュースショー』(毎週日曜 12時~)にゲスト出演した。

先月放送されたフジテレビ『土曜プレミアム特別番組 まっちゃんねる』内での笑わせ合いサバイバル企画「女子メンタル」で優勝。過去の自身のスキャンダルさえも笑いに変えた強靭なメンタルと笑いへの貪欲さで、現在大きな反響を呼んでいる峯岸を、番組MCを務めるお笑い芸人の千原ジュニアが祝福。

「うちの後輩も『女子メンタル』を観て、めちゃくちゃファンになったと言っていた」と語りかけると、峯岸は感謝しつつも「人生のすべてをかけちゃったので、もう何も残っていないんです……」と苦笑いで応じ、スタジオの笑いを誘った。

この日の番組では、俳優の伊藤健太郎が東京・渋谷区で車を運転中にバイクと接触したひき逃げ事件にフォーカス。

峯岸は「ひき逃げと言う言葉がショッキングで。『どうしてその場を離れてしまったんだろう』というひと言に尽きる」と伊藤の行動に対し、無念を口にした。また、VTRで流された交通事故による「カメラが捉えた生死を分けた決定的瞬間」の衝撃的な映像の数々に、出演者たちが思わず顔を歪める場面も。

その流れで、「人生が変わる明暗を分けた一瞬の偶然」をテーマにトークを展開。

峯岸は「AKB48の1次審査のときに、受かっても受かっていなくても連絡が来るはずだったのだが、なかなか連絡が来ず。ダメ元で母が事務所に合否の確認をしたところ『あ、受かってました!』と言われて。電話で確認していなかったら私はもしかしたらAKBにいなかったかも」と明かした。

さらに、千原ジュニアが「つい何ヵ月か前なんだけど、道路工事で片側通行になっていて。赤色灯回して『どうぞ』と言われたので車を走らせたら、向こう側から乗用車が来て。その瞬間お互いが『うわああっ』って表情になったんだけど、僕がそのとき乗っていたのが小型車のFIAT(フィアット)だったからたまたま、ギリギリでよけられた。普通乗用車のサイズだったらアウトだった」と衝撃の体験を告白すると、出演者たちは思わず「こわっ…」と声を漏らしていた。

■AKB48・峯岸みなみ、“怪しいスカウトマン”の見抜き方を伝授!
番組後半では、東京・新宿の歌舞伎町で、本来ではご法度とされているスカウトマンの引き抜き行為“スカウト狩り”が横行し、ネット上では「#スカウト狩り」という文字とともに歌舞伎町での乱闘騒ぎが数多く投稿されるなど、社会に不安が広がったニュースについて報じた。

芸能界に入る前は、スカウトされたくて原宿などをよく歩いていたと語るという峯岸は、、実際に体験して知った“怪しいスカウトマンの見抜き方”を紹介。

「普通は名刺をいただいて『良かったら連絡ください』と言われるくらいだが、怪しいスカウトさんはLINEのQRコードを出して『連絡先教えなくていいから、これだけ読み取って』ってくるパターンが結構あって。読み取るだけなら大丈夫かなと思って読み取ってしまうと、相手にもLINE上で『友達かも』と表示され、連絡先がばれてしまう可能性があるので気を付けないといけない」と注意を呼びかけた。

また、千原ジュニアが「スカウトの基準としてよく聞くのは、『髪の毛の根本を染めてない子を狙え』『UGGではない、安いフワフワの靴を履いている子を狙え』『アイドルのスカウトマンは原宿、渋谷ではなく、実は新宿がスポット』。特にアイドルのスカウトに関しては、新宿は親子でいる場合が多く、その子の“のちの姿”が隣にあるので、母親がきれいな場合は間違いないらしい」と述べると、出演者たちは驚いた表情を見せた。

この日の放送は現在、「ABEMAビデオ」で無料で視聴が可能。

(C)AbemaTV,Inc.


11月1日の放送はこちら
https://abema.tv/video/episode/89-76_s10_p100

過去の放送はこちら
https://abema.tv/video/title/89-76

峯岸みなみ 公式Twitter(@chan__31)
https://twitter.com/chan__31

峯岸みなみ 公式Instagram(minegishi_31chan)
https://www.instagram.com/minegishi_31chan/?hl=ja

AKB48 OFFICIAL WEBSITE
https://www.akb48.co.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人