福士蒼汰らNHK-BS時代劇『明治開化 新十郎探偵帖』出演者が、ナオト・インティライミの「オモワクドオリ」を絶賛!

■「楽曲の疾⾛感溢れるリズムに合わせて、仲間と⼀緒に旅に出たい思いに駆られました」(福士蒼汰)

ナオト・インティライミの新曲「オモワクドオリ」が、2020年12月からオンエアされるNHK-BSの時代劇『明治開化 新十郎探 偵帖』の主題歌に決定したことが発表された。

「オモワクドオリ」はナオトの約1年2ヵ月ぶりの新曲として先月リリースされ、1カット&1シチュエーション&1ギミックで構成された前代未聞の「Zoom Music Video」も話題を呼んでいる作品。ファンキーでダンサブルな中毒性の高いアッパーチューンとしてすでに生配信ライブや音楽番組でのパフォーマンスでもおなじみだが、今回の主題歌決定でより広い層の支持を集めることになりそうだ。

『明治開化 新十郎探偵帖』は坂口安吾原作の『明治開化 安吾捕物帖』をドラマ化した作品。福士蒼汰主演で12月11日からNHK-BSプレミアムおよびBS4Kにて放送がスタートする。明治版シャーロックホームズによる、明治に入り乱れる 人間の愛憎に迫った新型サスペンス時代劇となる。

「オモワクドオリ」はすでに出演者からもドラマの世界観にぴったりだと絶賛の声が上がっており、ドラマの盛り上がりを強く後押ししていく。

■福士蒼汰 コメント
楽曲の疾⾛感溢れるリズムに合わせて、仲間と⼀緒に旅に出たい思いに駆られました。新⼗郎が⻁之介、梨江、そして周りの⼈々と事件の謎解きに向かうような光景が思い浮かんできて、ドラマの世界観にピッタリだと思いました。淡いカップルのような⽢さや、⼤⼈のほろ苦さの中でもがく男の葛藤が、新⼗郎と梨江の関係性にも重なる部分があって、作品に寄り添って頂いている印象を受けました。 素敵な楽曲をありがとうございます!

■内田理央 コメント
「まず、かっこいい!!」と、曲を聴き出した瞬間から謎解きが始まるようなワクワク感に興奮しました。どこか懐かしさも感じられる中に今っぽさがあり、ハイカラで混沌とした明治開化と新十郎探偵帖のミステリアスな世界観にぴったりだと思います!

■矢本悠馬 コメント
リズムやテンポはノリが良く、明治初期の「自由」が持つ光の部分を感じます。友達なのか恋人なのか心理戦的な歌詞が、新十郎と梨江の関係性を感じさせ、ドラマの内容を後押ししてくれてこの先が気になります。素晴らしい主題歌をありがとうございます。

■ナオト・インティライミ コメント
時代が大きく変わっていく「明治」という時代背景にまずワクワクしました。そして、日本のシャーロック・ホームズこと「新十郎」が斬っていく事件に、さらにワクワクドキドキが募りました。 「オモワクドオリ」が皆様にとって、この物語をよりいっそうワクワクさせる要素になったら心からうれしく思います。


番組情報

NHK-BS プレミアム/BS4K『明治開化 新十郎探偵帖』
12/11(金)20:00〜(全8回)


リリース情報

2020.10.07 ON SALE
EP『オモワクドオリ』


『明治開化 新十郎探偵帖』番組サイト
https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/420268.html

ナオト・インティライミ OFFICIAL WEBSITE
http://www.nananaoto.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人