歌番組ってこれでいい?10月のミュージックステーションを振り返って考える

知らない人はいないであろう音楽番組『ミュージックステーション』を、音楽ブロガー・レジーが定点観測する連載コラム『月刊 レジーのMステ定点観測』。

10月のMステは通常の1時間の放送が1回(30日)、そして3時間スペシャルと2時間スペシャルが1回ずつ(2日、16日)。放送時間にはそれなりのボリューム感があった10月ではあったのですが、2回のスペシャルでは「青春時代に刺さった!時代別恋うたランキング」「アニメソング最新カラオケランキングTOP10」といったVTR企画が時間をとっていたこともあり、毎月観ている自分の気分としては微妙に肩透かし感のあった1ヵ月でした。

前後編でお届けする今回、まずはそんな番組の雰囲気を象徴するような企画を通して、今後歌番組が果たすべき役割について考えられればと思います。

 

猫も杓子も「プレイリスト」企画

前述したように、また当連載でもたびたび触れているように、現在のMステの中心のひとつとなっているVTR企画。最近Mステがあらたにご執心なのが“プレイリスト”企画です。これは、芸能人がテーマに沿った選曲を行い、番組ではその解説を本人が行うとともに、視聴者からの投票を経てどちらのプレイリストが人気かを決めるというもの。実際にそのプレイリストは各種ストリーミングサービスでも公開されています。番組外との連動、視聴者の参加、映画やドラマの宣伝と絡めた出演者のブッキングなど、現状のMステのコンセプトを明確に体現している取り組みです。

10月2日のこの企画に登場したのは映画『とんかつDJアゲ太郎』に出演する北村匠海と伊藤健太郎。北村が「キャンプならコレ!燃えるプレイリスト」、伊藤が「爆アゲ!ノリノリアゲアゲドライブソング」というプレイリストを作成し、番組ではふたりがそれぞれの選曲のポイントについて語りました(時事的にも“絶妙”な選曲テーマになってしまいましたが……)。

Mステがこの企画を始めたのに加えて、TBSでも先日「D4DJ presents CDTV特別編 みんな歌える!神プレイリスト音楽祭」(10月28日)という特番が放送されるなど、この“プレイリスト”がちょっとしたブームになりつつあります。どの歌番組でも行われている“古い曲の紹介”を今までとは異なる角度で見せられるということで、この先他の番組にも波及していく可能性も高いです。

ストリーミングサービスの浸透に伴い、“旧譜の紹介”というのは過去カタログを活性化させたいアーティストにとって、また膨大な選択肢の中から自分好みの音楽を選ぶ必要のあるリスナーにとってもより重要なものになっています。そういった観点からすると、音楽番組が“プレイリスト”という形で新旧問わず様々な楽曲をプレゼンするのは必ずしも悪いことではないと思います。

いっぽうで、その選曲次第では、プレイリストという形をとったとしても結局はすでに手垢の付いた“アンケートで選んだ名曲ランキング”と変わり映えしないものになりかねません。Mステはある意味では非常に難しい、センスの問われる方向に漕ぎ出したな……という印象があります。

10月のこの企画では、北村匠海が自身のプレイリストでeastern youthやミッシェル・ガン・エレファントといった往年のロックバンド、KANDYTOWNやODD Foot Worksなどの現行のサウンド、さらには松任谷由実や久石譲といったクラシカルな存在までを網羅し、その音楽ラバーぶりを開陳していました(といっても人気投票では伊藤健太郎が勝利したため、番組内ではあっさり触れられただけに過ぎなかったのですが)。ミュージシャンとしてもブレイク中の彼のバックグラウンドがわかったという点でも、結果的に有意義な時間になったのではないかと思います。

選曲する人のセンスに大いに左右されるこの企画、Mステはこの先どうやってハンドリングしていくのでしょうか……。

[前編]はここまで。[後編]では10月に出演した女性グループなどについてお届けします!

TEXT BY レジー(音楽ブロガー/ライター)

 

【2020年10月2日放送分 出演アーティスト】
日向坂46「アザトカワイイ」
DA PUMP「Fantasista~ファンタジスタ~」
上白石萌音・ウエンツ瑛士「Trolls Wanna Have Good Times」「Just Sing」
Hey! Say! JUMP!「Your Song」
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE「FEARS」
神はサイコロを振らない「夜永唄」
Snow Man「KISSIN’ MY LIPS」
AKB48「会いたかった」「Everyday、カチューシャ」
上白石萌音「ハッピーエンド」
wacci「別の人の彼女になったよ」
SuperM「One(Monster & Infinity)」
松田聖子「風に向かう一輪の花」

【2020年10月16日放送分 出演アーティスト】
WANDS「世界が終るまでは…」
木梨憲武「サンシャイン ラブ ~差し替え ザッキー~」
aiko「ハニーメモリー」
マカロニえんぴつ「mother」
ジャニーズJr.(Travis Japan、HiHi Jets、 少年、7 MEN 侍、少年忍者、Jr.SP、なにわ男子、Lil かんさい、Aぇ! group)「Can do!Can go!」「REAL DX」「勇気100%」
瑛人「ライナウ」
LiSA「炎」
back number「エメラルド」「オールドファッション」
コブクロ「灯ル祈リ」
乃木坂46「今、話したい誰かがいる」「ありがちな恋愛」「シンクロニシティ」

【2020年10月30日放送分 出演アーティスト】
西川くんとキリショー「1・2・3」
あいみょん「ハルノヒ」「マシマロ」
嵐「Party Starters」
A.B.C-Z「頑張れ、友よ!」
NiziU「Make you happy」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人