ワルキューレのエースボーカルJUNNA、2ndアルバム『20×20』の全貌公開

2020.11.04

■JUNNA、2ndアルバム『20×20』発売前にアルバム全曲試聴番組も決定!

ワルキューレのエースボーカルであるJUNNA。ソロ活動として11月1日に初の作詞・作曲ソングとなるデジタルシングル「いま」を配信。また、二十歳のバースデイとなった11月2日には『JUNNA ROCK YOU STREAMING LIVE 2020 〜MOVE ON〜』と題した無観客生配信ライブも開催、大成功を収めた。

そして、このたび、12月9日に発売する2ndアルバム『20×20』(読み:トゥエンティバイトゥエンティ)の全収録曲とジャケット写真が公開された。

アルバム収録曲の作家陣として、あらたに発表されたのは、梶浦由記との音楽ユニット、See-Sawやアニメ『ぼくらの』のオープニングテーマ「アンインストール」でも知られる石川智晶、代表曲「ハートビート」で世界的に評価を得たフランスのポップバンド、TAHITI 80のグザヴィエ・ボワイエ(vo)など。

そのほかにも、最果タヒ、岩里祐穂、尾上文、唐沢美帆、黒崎ジョン、K-Muto、コモリタミノル、島田昌典、Schroeder-Headz、白戸佑輔、JUON(FUZZY CONTROL)、多保孝一、中塚武、降谷建志(Dragon Ash)、NAOKI-T、藤林聖子ら多彩な顔ぶれが集結している。

さらにアルバム発売に先行し、JUNNA自身の解説による『20×20』の全曲試聴番組の配信も決定。11月25日21時よりYouTubeで配信、初めて発売前にアルバム全曲を試聴公開する予定だ。

『20×20』は、圧倒的な歌声と存在感でファンを魅了している彼女がボーカリストとしてさらなる成長を見せ、これまでのロックサウンドから新境地的楽曲まで“今”のJUNNAが凝縮された一枚。20歳を迎え、混沌とした時代にあらたな息吹をもたらすJUNNAの活動にますます注目だ。

■JUNNA プロフィール
2000年11月2日生まれ。『ガンダム』『エヴァンゲリオン』と並んで“日本三大ロボットアニメ”のひとつに数えられる作品『マクロス』シリーズ最新作TVアニメ『マクロスΔ』(マクロスデルタ)の歌唱ユニット“ワルキューレ”のエースボーカルとして最年少デビューを果たす。2020年5月に発売された、ワルキューレの最新シングル「未来はオンナのためにある」はオリコン週間シングルチャート1位を獲得した。

ソロとしては、2017年6月に1stミニアルバム『Vai! Ya! Vai!』でデビュー。同年11月にリリース1stシングル「Here」は、発売初日の主要配信サイトで10のコンテンツプロバイダーで1位を独占。また、日本レコード協会のゴールドディスクに認定された。ライブツアーも仙台・大阪・福岡・東京・名古屋の合計5都市6公演で盛況を博し、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いを見せる新世代シンガーである。


リリース情報

2020.12.09 ON SALE
ALBUM『20×20』


JUNNA オフィシャルYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/JUNNA_ch

JUNNA OFFICIAL WEBSITE
https://junnarockyou.com/


[初回限定盤/CD+Blu-ray]

[通常盤/CD]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人