『LIVE×ONLINE INFINITY “HALLOWEEN”』2日目にGENERATIONSが登場! 白濱亜嵐のPKCZ(R)電撃加入の発表も

■「デモが出来上がったらVERBALさんに聴いてもらったりしていたところで、EXILE HIROさんからある日“PKCZ(R)に加入しないか”と言われて、“ぜひ!”ということで加入させていただきました」(GENERATIONS・白濱亜嵐)

10月30日・31日に、配信ライブ『LIVE×ONLINE INFINITY “HALLOWEEN”』が行われた。

本ライブは、LDHのあらたなエンタテインメントとして、オンラインに特化した演出や臨場感溢れる映像でクリエイトされた有料配信ライブ。今回は、Jr.EXILE世代のグループの出演による、ハロウィンにちなんだ演出などが散りばめられた一夜限りのライブとなっている。

30日には、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、FANTASTICS from EXILE TRIBE、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEがグループの垣根を越えたコラボレーションやコスプレ企画など趣向を凝らしたライブを披露。そして31日には、GENERATIONS from EXILE TRIBEが登場した。

ひとりの少女がハロウィンの夜を歩く映像から始まり、気づくとライブ会場へと切り替わっていく。ハロウィンを彷彿とさせる衣装に身を包んだダンサーたちをくぐり抜けると、仮面を被ったメンバーが登場。ひとりずつ仮面を外していき、「PIERROT」からライブがスタートした。そのまま「Sing it Loud」へと続き、パフォーマーの白濱亜嵐がDJ ALANとしてアレンジしたバージョンを披露した。

その後も、「BIG CITY RODEO」「Y.M.C.A.」と勢いはさらに加速。バックスクリーンにファンが映し出され、ボーカルの数原龍友が「最高のハロウィンにしましょう!」と煽る。続く「EXPerience Greatness」でもそのテンションのまま軽やかに歌い、踊りきった。

ガラッと雰囲気が変わると、佐野玲於がゾンビを倒し、カメラにパイプの煙を吹きかけると関口メンディーが登場。さらに、小森隼、白濱亜嵐、中務裕太、数原龍友、片寄涼太と続々メンバーが集まり、「Gimme!」「LOADSTAR」「Make You Mine」をパフォーマンス。これらは過去のライブ演出を再現したもので、GENERATIONSのライブへ行ったことがあるファンにとっては懐かしさも感じられただろう。

バックスクリーンにビーチや空の映像が映し出されると、片寄が声優を務めた劇場アニメ『きみと、波にのれたら』の世界観に包まれながら「Brand New Story」を披露。続く「My Only Love」では、中務と女性が手を繋ぎ歩き出すも、突然女性がいなくなってしまうアクトシーンからスタート。そのまま披露した「何もかもがせつない」では、それぞれが鏡に映る自身と向き合う演出で楽曲の世界観を表現した。この2曲は、新しい振り付けでのパフォーマンスだという。

ここで、EXILE MAKIDAI、VERBAL(m-flo)、DJ DARUMAからなるクリエイティブユニットPKCZ(R)がサプライズ登場。DJ ALANも加わり、プレイを披露した。まるでクラブにいるかのような雰囲気の中、オリジナルでデザインしたという衣装に身を包んだGENERATIONSが「心声」「Organ Donor ~OFF DA HOOK~」「ROAM AROUND」と、駆け抜けるようにパフォーマンスしていく。

メンディーがマイクを持ち、自身が所属するHONEST BOYZ(R)の楽曲「TOKYO DIP」「要!」をPKCZ(R)と佐野とともに披露。HONEST BOYZ(R)は、EXILE NAOTO、NIGO(R)、VERBAL、SWAY(DOBERMAN INFINITY、劇団EXILE )によるヒップホップユニットだ。

GENERATIONSにバトンタッチし、これまでのツアーのタイトル曲「A New Chronicle」「MAD CYCLONE」「UNITED JOURNEY」を披露。小森、中務は得意のアクロバットを中心に、メンディーはステップを盛り込み踊りきった。最後に、彼らの代表曲ともいえる「AGEHA」でPKCZ(R)とのスペシャルコラボパフォーマンスが終了した。

後半戦は、ボーカルがそれぞれソロ楽曲を披露。数原は椅子に腰掛けてしっとりと自身が作詞を手掛けたバラード曲「NEXT」をアコースティックアレンジで歌い上げたると、片寄は相反するようにダンサンブルな楽曲「PSYCHIC MAGIC」をパフォーマンス。GENERATIONSでは見られないふたりの姿は、グループとしての可能性をさらに広げてくれそうだ。

続いてはパフォーマーによるダンスコーナー。小森は、足さばきが特徴のシカゴフットワークをポップに踊り切り、中務は女性ダンサーふたりを従えて得意のポッピンとロックダンスを披露。佐野、メンディーはそれぞれクランプダンスで力強さを見せつけていく。白濱はヒップホップや手の動きで見せていくタットを盛り込み、軽快なダンスを披露。そして、最後にパフォーマー5人が集合すると、息することを忘れてしまうほどの勢いで迫力満点のルーティンを踊りきった。

過去のライブで披露した演出を再現するように、「Love You More」では女性ダンサーとのペアダンスが繰り広げられ、甘い雰囲気のままパフォーマンスされたのは、YouTubeでミュージックビデオが1,100万回を超える再生数を記録した人気楽曲「One in a Million -奇跡の夜に-」。ミュージックビデオで見せた1カットの手法をステージでそのまま表現し、ミュージックビデオに出演していた女優の見上愛も登場してファンを驚かせた。

ここで雰囲気が一変、「ヒラヒラ」では炎が上がる演出でさらにライブを盛り上げていく。続いて披露した「I Believe In Miracles」はJackson Sistersによる名曲。ディスコへと様変わりしたステージには、メンバーだけでなく、PKCZ(R)、GENERATIONS SUPPORT DANCERS、GENERATIONS ACROBAT TEAM、PHYCHIC FEVERも登場。被り物をしたメンバーの姿もあり、ハロウィンならではの盛り上がりを見せていった。

最後は、「DREAMERS」「Evergreen」と、GENERATIONSらしい前向きで爽やかな楽曲でライブ本編が終了。数原は「たくさんコメント送ってください! 自分たちもあとでチェックしますから!」とファンに呼びかけた。続けて「『LIVE×ONLINE』はまだまだ終わりません! このあともぜひご覧ください!」と匂わせ発言も飛び出し、メンバーはステージをあとにした。

映像を挟み、真っ白なシャツでメンバーが登場すると、再びバックスクリーンに仮装したファンの姿が映し出され、「You & I」をパフォーマンス。ファンとひとつになって歌い上げた。

MCでは、白濱が「時間がパツパツの中、無事にパフォーマンスすることができて、画面を通してですけど、皆さんと繋がることができて、本当にうれしく思います。希望を持って、皆さんと一緒にエンタテインメントを楽しめたらいいな、と思っています」と、ファンに感謝の言葉をコメント。佐野は「前回の(『LIVE×ONLINE』テーマの)“HOPE”とは打って変わって、ハロウィンの夜をエンタテインメントの力を信じて、その可能性を見出すためにエキサイティングな内容でお届けさせていただきました!」と、今回のライブについて説明を加えた。

続けて、本日サプライズ登場したPKCZ(R)に白濱亜嵐が電撃加入するという大きなニュースが発表。これまで数々のヒップホップレジェンドとのコラボレーションを経ながらボーダーレスな活動を見せてきたPKCZ(R)だが、DJだけでなくトラックメイカーとしても活躍する白濱の加入は、ユニットにとってもあらたな活力になるに違いない。

MCでは佐野が「PKCZ(R)の皆さんにも出ていただきまして……亜嵐くんがPKCZに入ったんですか?」と触れると、「このタイミングですみませんね!」と白濱が返す場面も見られた。「デモが出来上がったらVERBALさんに聴いてもらったりしていたところで、EXILE HIROさんからある日『PKCZ(R)に加入しないか』と言われて、『ぜひ!』ということで加入させていただきました」と事前の取材でも話していた白濱。5年前の10月31日にPKCZ(R)のイベントでDJ ALANとして初めてプレイしたのが最初のきっかけだったそうで、「5年後の今日、PKCZ(R)に加入させていただいて不思議な縁を感じますね」と、感慨深そうに語った。

再び、MCが佐野に戻り、「こういう形でも皆さんと繋がることができるこの時代に感謝でいっぱいです。また皆さんにもっともっと楽しいエンタテインメントがお届けできるのではないかと日々模索して頑張っているので、“ステイ・ポジティブ”ということで、これからも応援よろしくお願いします!」と、呼びかけた。小森は「皆さんと触れ合うエンタテインメントをチャレンジすることができました! ファン同士、オンラインで繋がりながらこのライブを観てくださっている方もいるかもしれません。トピックスの多いライブだったので好きだった場面を共有できるようなハロウィンの夜になればいいな、と思いながらライブをしてきました」と、ライブへの思いを語った。

もともとハロウィンパーティなどをしないというメンディーは「メンバーとファンの皆さんとハロウィンできて、めっちゃうれしいです!」と、喜びを見せた。「ホラーが好きなので冒頭の演出も本当に好きで、皆さんも同じような気持ちでライブを楽しんでいただけていたらうれしい。皆さんの前で面と向かってパフォーマンスできる日を楽しみにしているので、そのときはGENERATIONSに会いに来ていただけたらうれしいです!」と、ファンとの再会を熱望した。

ここまでメンバーがよく話していたため、何を話していいのか分からないと困惑する中務に対し、「何かやれば?」「最近覚えたやつは?」とメンバーが無茶振りをすると、中務がギャグを披露。しかし、会場は静かになってしまう。気を取り直して「オンラインという形ではありますけど、ファンの皆さんと一緒にハロウィンを過ごせたことに、メンバーとも『うれしいよね』と話していました。皆さんにお会いできる日を信じて、エンタテインメントを突き詰めて頑張っていきます!」と、語った。

片寄は「3回目の『LIVE×ONLINE』で、やればやるほどハードルが上がっていく感じがあって、それを超えていくことはやりがいを感じますし、毎公演やるごとに、いちばんいいライブを届けたいというGENERATIONSの思いが、少しでも届いていたらいいな、と思います。そんな期待に応えられるようなエンタテインメントやパフォーマンスなどで、皆さんが喜んでいただけるように頑張っていきたい」と、意気込みを見せた。

数原は「『LIVE×ONLINE』じゃないとやらなかった楽曲に、少しだけ成長した自分たちの想いやパフォーマンスを乗せて、あらたな命が吹き込まれると、懐かしい気持ちがありつつ、どこか大人っぽくなったなと感じるいい機会だった」と、ライブを通してあらたな気づきがあったことを明かした。続けて「(次またライブをやるとなったら)もう曲がないぞ……」と、7月から短期間で内容が違うライブを3回行ったことへの“うれしい悩み”も語った。

最後に、11月18日リリースとなるニューシングル「Loading…」から、「Star Traveling」を初パフォーマンス。タイトルに合わせて、無数の小さな光に包まれるようにしっとりと歌い上げ、全32曲、約2時間にわたるライブが終了した。

前回の『LIVE×ONLINE』から約1ヵ月と、さほど期間が空いていないにも関わらず、あらたな試みのライブを見せてくれたGENERATIONS。グループ結成からここまでに数多くの経験をし、苦楽を共にしてきたメンバー同士の絆があったからこそ、やりきることができたライブだった。今後もその絆を武器に、GENERATIONSらしいパフォーマンスをファンへ届けてくれるだろう。


配信情報

『LIVE×ONLINE INFINITY “HALLOWEEN”』Day1
10/30(金)20:00~
出演者:THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、FANTASTICS from EXILE TRIBE、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE
販売/見逃し視聴期間:11/02(月)23:59分まで
配信URL
https://abema.tv/channels/payperview-1/slots/E8FGRxAFLkWj11

『LIVE×ONLINE INFINITY “HALLOWEEN”』Day2
10/31(土)20:00~
出演者:GENERATIONS from EXILE TRIBE
販売/見逃し配信期間:11/03(火)23:59まで
配信URL
https://abema.tv/channels/payperview-1/slots/E8FGSZrLDTmh5y

『LIVE×ONLINE“JSB HISTORY”』
11/10(火)20:00~
出演者:三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE
販売/見逃し視聴期間:11/13(金)22:59まで
配信URL
https://abema.tv/channels/payperview-1/slots/AakjKLgTGb6msu


リリース情報

2020.11.18 ON SALE
SINGLE「Loading…」


「ABEMA PPV ONLINE LIVE」の詳細はこちら
https://programnews.abema.tv/posts/8547878/

LDH OFFICIAL WEBSITE
https://www.ldh.co.jp/

GENERATIONS from EXILE TRIBE OFFICIAL WEBSITE
https://m.tribe-m.jp/artist/index/37


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人