堂珍嘉邦、自身のバースデーに第2弾ソロ配信ライブを開催

■タイトルは『Now What Can I see? 〜Drunk Garden〜』に決定!

堂珍嘉邦が、11月17日に配信ライブ『Now What Can I see? 〜Drunk Garden〜』を日本橋三井ホールにて開催する。

これは、10月に開催された『真夜中のプラネタリウム‐Midnight Planetarium Live‐×堂珍嘉邦(CHEMISTRY)』に続く、堂珍嘉邦のソロ公演第2弾配信ライブ。

配信初日は本人の誕生日ということもあり、バースデーライブとも言える内容となっている。サポートメンバーには、2019年からのレギュラーメンバーの石井マサユキ(g)、上田 禎(key)、あらたに上田壮一(key)、過去“CHEMISTRY”のバンマスも務めた後藤まさる(per)、そして、KIRINJIのメンバーでもある千ヶ崎学(b)を迎える。

2021年にデビュー20周年イヤーに突入するCHEMISTRYとしての活動、ソロとしてミュージカル、映画主題歌など、活動の幅を拡げる堂珍嘉邦の最新ライブをお見逃しなく!


配信情報

『Now What Can I see? 〜Drunk Garden〜』
11/17(火) 東京・日本橋三井ホール

[配信期間]
11/17(火)20:00~11/21(土)15:59まで
※約70分程度の公演時間を予定しています。
※期間中は何度でも視聴が可能です。


チケットの詳細はこちら
https://eplus.jp/dochin1117st/

堂珍嘉邦 OFFICIAL WEBSITE
http://dohchin.jp/

CHEMISTRY OFFICIAL WEBSITE
http://www.chemistry-official.net/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人