ファン感涙! 藤井フミヤ、28年ぶりにチェッカーズの「涙のリクエスト」を解禁!

■「みんなマスクをしてると、誰がだれかわからないから、年齢不詳だな! なんだか若いぞ!」(藤井フミヤ)

藤井フミヤの全国ツアー『CONCERT TOUR 2020-2021 ACTION』が、10月31日、大阪・フェスティバルホールからスタートした。

新型ウイルス感染症拡大防止を受け、この日のコンサートは客席をひと席ずつ空けた市松模様仕様。通常の半分の人数で行われた。また観客にはマスク着用の上、声を出さないことをお願いしての開催となった。

客席が暗転すると、いよいよコンサートが始まる。いつもなら大きな歓声が上がるところを、拍手と色とりどりのサイリウムスティックを降って藤井フミヤの登場を迎え入れる。静かに盛り上がっていく中、オーディエンスの反応を探りながら演奏も進められていく。いつもとは勝手が違う環境にフミヤも「イェーイ!とはいえないか……」と戸惑いながらも「コロナの世の中に、ようこそ! ここに来てくれたことで、君に会えることができました」と、まずは会場に足を運んでくれたお客さんに感謝の挨拶。「みんなマスクをしてると、誰がだれかわからないから、年齢不詳だな! なんだか若いぞ!」と少々固くなっていた客席をほぐす。

前半は最新アルバム『フジイロック』や『大人ロック』収録曲などを、サポートバンドとの盤石のコンビネーションでじっくりと聴かせていく。いい感じで客席があたたまった頃を見計らい、中盤は「ジュリアに傷心」(1984)「星屑のステージ」(1984)「WANDERER」(1987)と80’sチェッカーズナンバーをたたみかける。これには会場も総立ち。各々の座席で体を揺らしたり、クラッピングしたりと、うれしさと興奮を全身を使って懸命にステージに伝える。それぞれの心の中の喝采を受け止めたフミヤは「1回座ろっか! 声を出せないつらさはあるよね……」と客席を気遣う。

後半は「TRUE LOVE」や「ALIVE」などの鉄板ナンバーを怒涛ごとく続けていく。オーディエンスも再び大興奮。ツアー・タイトルに『ACTION』とあるが、これは心の中で“ACTION”してほしいという想いを込めた。メンバーもいつものような激しい動きは抑え気味。この特殊なスタイルとなったコンサートを振り返って「そんなに汗をかかないな。俺もだいぶ大人になったから、これくらいがいいかもな」と話すと客席も大きく同意! とその場でうなずく。みんな、新しいカタチのコンサートスタイルを楽しんでるようにみえる。

アンコールでも、客席は静かな興奮と感動に満たされ手拍子だけが響き渡る。そこへ大きなネズミの耳型のカチューシャを頭に装着してフミヤがステージにあらわれる。ちょっと恥ずかしそうに「ハッピー! ハロウィン!」と告げたあと、「ハロウィンなんで、そして今日はFFなんで、特別に一曲」と歌い出したのは、なんと「涙のリクエスト」! 「もうアカン!!!」と我慢しきれない客席の心の悲鳴が広い会場を埋め尽くす。

それもそのはず。この曲がライブで披露されるのは1992年12月28日のチェッカーズファイナル公演以来。28年ぶりの歴史的快挙の場に立ち会えた大阪・フェスティバルホールの1,300人は、フミヤの“ACTION”に合わせて大きく右腕を振りながら、その表情はこれ以上はないほどのうれし涙でいっぱい。ファンが待ち望み、恋い焦がれた「涙」のリクエストにフミヤがついに応えた瞬間だった。

様々な制約の中で藤井フミヤは2時間、約20曲のステージを踏ん張った。コンサートはこの日を皮切りに、すでにチケットが完売の会場もあるが、年内は12月24日の東京まで続く。チケットの詳細は公式サイト参照。また、2021年のツアー日程は近日発表される。

<主な演奏曲>
TRUE LOVE
エンジェル
ALIVE
GIRIGIRI ナイト
TOKYO CONNECTION
NANA
ジュリアに傷心
星屑のステージ
涙のリクエスト


ツアー情報はこちら
https://www.fumiyafujii.net/live/2020/09/11/4855

藤井フミヤ OFFICIAL WEBSITE
http://www.fumiyafujii.net/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人