スガシカオや川谷絵音も絶賛!現役高校生シンガーソングライター・崎山蒼志、メジャーデビュー決定

■崎山蒼志、メジャーデビュー作『find fuse in youth』を2021年1月27日にリリース!デビューに先がけ、3ヵ月連続で「再定義」シリーズもデジタル配信

静岡県浜松市在住、18歳の現役高校3年生のシンガーソングライター、崎山蒼志(さきやまそうし)が、ソニー・ミュージックレーベルズより2021年1月27日にアルバム『find fuse in youth』にてメジャーデビューすることを発表。

メジャーデビューに先がけ、自身の楽曲をバンドアレンジで録音した配信シングルを11月1日より3ヵ月連続でリリースすることも明らかとなった。

2018年、インターネット番組に出演すると同時にSNSを中心に話題となり、スガシカオやくるりの岸田繁、ゲスの極み乙女。の川谷絵音など著名人が絶賛、一晩でTwitterフォロワー数が5,000人増えるなど反響を呼び、昨年は『フジロックフェスティバル ’19』をはじめ、出演した各夏フェスで入場規制が続出。

今年に入り、アーティストによる一発撮りのパフォーマンスを配信するYouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』にて「五月雨」の歌唱映像が公開されると、10日間で100万回再生を記録したほか、女優・池田エライザが原案・初監督を務めた映画『夏、至るころ』(12月4日公開)に書き下ろした新曲「ただいまと言えば」が主題歌として決定するなど注目を集めてきた。

そんな崎山蒼志が、本日10月31日に崎山蒼志YouTubeチャンネルでライブを配信。自身の代表曲「五月雨」の弾き語りを披露すると、突然映像が切り替わり、自身の楽曲をバンドアレンジした「再定義」シリーズとして11月1日に「Samidare」、12月1日に「Heaven」、2021年1月1日に「Undulation」と3ヵ月連続で配信シングルをリリースすること、そして1月27日にアルバム『find fuse in youth』でメジャーデビューすることをティザー映像にて発表。配信終了後、大量の祝福のコメントがTwitterやInstagramを中心としたSNSに寄せられた。

また、「再定義」シリーズ第1弾シングル「Samidare」が明日11月1日0時に配信スタートとすると同時に同曲のミュージックビデオもYouTubeで公開される。

今回、3ヵ月連続で配信される楽曲のミュージックビデオはすべて映画『美味しく、腐る』や『少女邂逅』などで注目を集める枝優花が監督を担当。

キャストして10月9日公開の映画『星の子』の出演や2021年公開予定の映画『衝動』ではW主演を務め、映画『プリテンダーズ』も公開を控えるなど、ドラマや映画で活躍する女優・見上愛、2019年公開の映画『最初の晩餐』(常盤司郎監督)で、第34回高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞し、2020年公開の映画『鬼ガール!!』など話題作にも出演している俳優・楽駆(らいく)が出演する。

なお、ミュージックビデオは「Samidare」、そして今後公開される「Heaven」「Undulation」の3本でひとつの作品となっているとのこと。

計り知れない才能を秘める18歳の天才高校生、崎山蒼志に注目だ。

■枝優香監督 コメント
縁あって崎山蒼志という才能に再び関わることができて光栄です。
狭い世界から広い世界へ自由に羽ばたく苦しみと煌めきを詰め込みました。
小さな世界のどこかにいる誰かに届くことを願います。

■見上愛 コメント
崎山さんの曲は、「君は大丈夫だよ」とも「僕に共感して」とも言わない。だけれど静かに心が救われる。
崎山さんと枝さんの魅力的な世界観が合わさりとっても素敵なMVになっています。ぜひご覧ください。

■楽駆 コメント
今回、崎山さんのMVに出演できることうれしく思います。
誰もがなりたい自分やもうひとりの僕がいてその気持ち悪さから逃げたくなる。
そのどれもが自分でその僕に助けられる。新しい自分を受け入れる。
そうやって周りが見えてくるんだなって思いました。


リリース情報

2020.11.01 ON SALE
DIGITAL SINGLE「Samidare」

202012.01 ON SALE
DIGITAL SINGLE「Heaven」

2021.01.01 ON SALE
DIGITAL SINGLE「Undulation」

2021.01.27 ON SALE
ALBUM『find fuse in youth』


崎山蒼志 OFFICIAL WEBSITE
https://sakiyamasoushi.com/


枝優香監督

見上愛

楽駆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人