ハードオフで意気投合(?)した3人のギタリストによる、ハードオフ店内BGMカバー動画が話題に

■“年少さん from 下北沢ギタリスト会”=Kuboty×渡邊幸一(グッドモーニングアメリカ)×小野武正(KEYTALK)が、ハードオフでスペシャルなギターと運命の出会い!(笑)

ギタリスト・Kubotyの呼びかけに集まった、生形真一(Nothing’s Carved In Stone / ELLEGARDEN)、大山純(ストレイテナー)、TAKE(FLOW)、渡邊幸一(グッドモーニングアメリカ)、小野武正(KEYTALK)、ギタリスト6名、通称“オリジナル6(シックス)”、からなるエンターテインメント集団「下北沢ギタリスト会」。

その中から年下の3人、Kuboty、渡邊幸一、小野武正で組んだ派生ユニット「年少さん from 下北沢ギタリスト会」による“ハードオフ店内BGMカバー動画”が公開された。ちなみに、年上3人は「年長さん」ということになる。

ハードオフ店内のBGMかつテーマソング的な位置付けの、正式名称「SC-1903」のカバー動画制作を「年少さん」で企画。株式会社ハードオフコーポレーションの手厚い対応と協力のもと、監督・脚本を下北沢ギタリスト会でベースを担当するなど親交のある美登一が担当し、ハードオフ楽器スタジオ吉祥寺店にて撮影が行われた。

動画前半は「年少さん」3人による、それぞれの人生をぶつけた笑いあり涙ありのストーリーを、迫真の無声演技で披露。後半では、ベースに長島涼平 (the telephones / フレンズ)、キーボードにひろせひろせ(フレンズ)、ドラムは、前バンド活動終了後から初めてのメディア登場となる、対馬祥太郎(ex. NICO Touches the Walls)、の3人を加えた演奏シーンとなっている。

この動画は、美登一が運営する音楽メディア『ミトサン』YouTubeチャンネルにて動画が公開中。演奏シーンのみで編集された動画は、この曲のアレンジも行ったひろせひろせYouTubeチャンネルにて公開予定だ。

【出演】
ギター:渡邊幸一 (グッドモーニングアメリカ)
ギター:Kuboty
ギター:小野武正 (KEYTALK)
ベース:長島涼平 (the telephone / フレンズ)
キーボード:ひろせひろせ (フレンズ)
ドラムス:対馬祥太郎 (ex. NICO Touches the Walls)

監督/脚本:美登一(Zanto)※「o」はウムラウト付きが正式表記
撮影協力:ハードオフ楽器スタジオ吉祥寺店 / 吉祥寺SHUFFLE
衣装提供:株式会社ハードオフコーポレーション


本編動画:ミトサンYouTubeチャンネル
https://youtube.com/c/mitosan

演奏シーンのみ動画:ひろせひろせのYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC_5QhWW-w-0Gu_17w5QRALQ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人