のん主演映画『私をくいとめて』公式サイトに、主人公・みつ子の“脳内”に誕生した相談役「A」による「Aのお悩み相談室」が登場

■のん主演映画『私をくいとめて』ムビチケ発売&新カット公開!

ロングランを記録した『勝手にふるえてろ』の、原作=綿矢りさ×監督・脚本=大九明子のゴールデンコンビで贈る、映画『私をくいとめて』が、12月18日より全国公開となる。

快適なおひとりさまライフに慣れ過ぎて、脳内に優秀な(?)相談役“A”が誕生した主人公=みつ子、31歳。会社ではちょっと変わり者だけど気の合う先輩に恵まれ、長らく彼氏は不在でも充実のソロ活を無理なくエンジョイ。居心地のいい自分だけの部屋に帰れば、ムダにいい声のAとの会話に忙しい。何かが足りないのはわかっているけど、決定的に不足しているものもない。

そんなみつ子のゆるゆるとした日常に突如舞い降りた、久々の恋! 相手は真面目過ぎるくらい真面目な年下の営業マン=多田くん。でも20代の頃のようには進まない、30歳を超えた女のもどかしい現実が立ちはだかり……。

“おひとりさまヒロイン”みつ子に扮するのは、劇場アニメ『この世界の片隅に』(2016年)で主人公・すず役の声を演じ、活動の幅を広げる女優・創作あーちすと、のん。みつ子が恋する腹ペコ年下男子・多田くん役を演じるのは、現在放送中の『姉ちゃんの恋人』(カンテレ・CX)出演のほか、映画でも多数公開待機作を控え、今最も熱視線が注がれる実力派俳優・林遣都。結婚しイタリアで暮らすみつ子の親友=皐月には、のんとは朝ドラ以来の待望の共演となる橋本愛。

さらに臼田あさ美、片桐はいりといった実力派役者陣や、本作で映画初出演となる若林拓也も存在感を発揮。令和を生き抜く女性たちに容赦なく突き刺さる、わかりみが深すぎる崖っぷちのロマンスを彩る。

そしてこのたび、公式サイトに、スペシャルコンテンツ「“A”のお悩み相談室」が登場! さらに新カットが到着し、特典付きムビチケ前売り券の発売も決定した。

すでに予告映像も公開され、みつ子と多田くんの“もどかしい恋模様”に期待の声が高まり、早くもSNSを中心に盛り上がりを見せている本作。中でも今、じわじわと注目が集まっているのが、みつ子と息ぴったりな掛け合いを見せる、脳内相談役“A”の存在。いかなるときも穏やかに冷静に、みつ子の問いに答えをくれる“A”。憂いを帯びたそのムダに良い声に、SNSでは声の主を予想する声が続出するほどの盛り上がりに。

そんな“A”によるスペシャルコンテンツ「Aのお悩み相談室」が公式サイトに登場! ページを開くと、Aから「なにかお悩みですか?」とメッセージが出現。お悩みを入れると“A”から返信が返ってくるという、劇中で描かれるみつ子と“A”の関係を、リアルに疑似体験できるコンテンツだ。さらに、ある隠しワードを送るとサプライズも!? 役に立つアドバイスかどうか保証はないが、「私にも“A”がほしい!」と思った“みつ子予備軍”の人は、ぜひオフィシャルサイトをチェックしよう。

また、“A”とお喋りするみつ子の姿が切り取られた新カットも公開。時に愚痴やぼやきをぶつけたり、時には仲良くふざけあうみつ子と“A”。突然訪れた久しぶりの恋に動揺しながらも、最適なアドバイスをくれる“A”と共に、勇気を出して一歩踏み出していくみつ子の恋の行方から、ますます目が離せない。

本日10月30日より<特典付きムビチケ前売り券>の発売がスタート(※一部劇場を除く)。ムビチケには、恋に戸惑うみつ子を優しく見つめる多田くんの姿があしらわれている。

さらに購入者には、前売り特典の【しおり付きオリジナルブックカバー】をプレゼント。ブックカバーの折り返し部分としおりは、劇中登場のアイテムを使ったモノグラムデザインに仕上がっている(特典は数量限定・非売品)。


映画情報

『私をくいとめて』
12月18日(金) 全国ロードショー
監督・脚本:大九明子
原作:綿矢りさ『私をくいとめて』(朝日新聞出版)
出演:のん 林遣都 臼田あさ美 若林拓也 片桐はいり ほか
製作幹事・配給:日活 制作プロダクション:RIKIプロジェクト
企画協力:猿と蛇
(C)2020「私をくいとめて」製作委員会


『私をくいとめて』公式Twitter(@kuitometemovie)
https://twitter.com/kuitometemovie

『私をくいとめて』作品サイト
https://kuitomete.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人