米津玄師、「感電」MV公開企画が国内最大のクリエイティブアワードでグランプリ・総務大臣賞を受賞

■「今まではリアルでやっていたことを、オンラインでやれたことに意義があったと思います」(米津玄師)

米津玄師の「感電」のミュージックビデオ公開時に行われたYouTube公開企画が国内最大のクリエイティブアワード『ACC TOKYO CREATIVITYAWARDS』内のメディアクリエイティブ部門にてグランプリ・総務大臣賞を受賞した。

本企画はブランデッド・コミュニケーション部門A(デジタル・エクスペリエンス)にてゴールドを、ブランデッド・コミュニケーション部門B(プロモーション / アクティベーション)においてもブロンズを合わせて受賞し、計3つの賞を受賞した。

「感電」は、ドラマ『MIU404』の主題歌として米津玄師が書き下ろした楽曲。そのミュージックビデオの公開を行うにあたり、YouTube上でのオンライン企画が実施された。

7月10日17時、米津玄師オフィシャルYouTube チャンネルのすべての動画サムネイルが突如「404 NOT FOUND」という画面に切り替わり、4:04尺の映像が出現。

404動画と概要欄には、2種類の羊の絵文字が記載され、それを見たユーザーからは暗号の意味を考察する様々なコメントが寄せられた。404動画公開からおよそ10分経過時点で、ユーザーの中から見事解読する人が現れ、動画の意味にいち早く気がついたユーザーでSNSは大いに盛り上がり、「モールス信号」「感電のMV」などがトレンド入りするなど大反響を呼んだ。

アルバム『STRAY SHEEP』(=迷える羊)にちなみ、その無作為に並んでいるかに見えた2種類の羊の絵文字は「モールス信号」の法則にのっとり、「メールス信号」として、「K-A-N-D-E-N-M-V-2-3-0-0-K-O-U-K-A-I-D-E-S-U」(「感電」MV23:00公開です)という ミュージックビデオの公開時間を予告をしたものであった。

その後、22時よりドラマ『MIU404』の放送を経て、23時にYouTube チャンネルにて「感電」のミュージックビデオが初公開され、自身最速となる1時間50分で100万再生を突破するなど快挙を打ち立てた。

米津玄師は受賞に際し、「今まではリアルでやっていたことを、オンラインでやれたことに意義があったと思います」とコメント。

過去には、ミュージックビデオを公開する際に、先行上映イベントとして、『F/T 秘密基地』『海の幽霊 -海の上映会-』『馬と鹿 -鏡の上映会-』などを実施してきたが、今回は社会情勢も鑑み、オンラインでの企画に初挑戦した結果となった。

「感電』」が収録された最新アルバム『STRAY SHEEP』は今もなお大ロングセラーを継続しており、CDセールスは男性ソロアーティストとしては14年10ヵ月ぶりとなる150万枚を突破した。また、「感電」のミュージックビデオは 9,000万再生を超えてなお伸び続けており、2020年を代表する一曲として全世代からの支持を集めている。


リリース情報

2020.07.06 ON SALE
DIGITAL SINGLE「感電」

2020.08.05 ON SALE
ALBUM『STRAY SHEEP』


米津玄師 OFFICIAL WEBSITE
http://reissuerecords.net/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人