「どうしても球場でライブをやりたい!」。ファンキー加藤、無観客配信ワンマンで魂の熱唱

■ファンキー加藤、12月18日に有観客ワンマンライブが決定!「久々となる、みんなが一緒のワンマンライブをやります」

ファンキー加藤が、10月26日、無観客生配信ライブ『ファンキー加藤  超ワンマンライブ “F”』を開催した。

今年の4〜6月、10月〜12月に予定されていた全国ライブツアー『F』が新型コロナウィルスの影響でやむを得ず全公演中止になり、昨年5月のFC限定ワンマンライブ以来となった約1年半ぶりのワンマンライブは、初の無観客生配信ライブという形で行われた。

今回の無観客生配信ライブの会場は非公開とされていたが「どうしても球場でライブをやりたい」というファンキー加藤の熱い希望により、東京・町田市小野路球場で野外ワンマンライブを敢行。

最初のMCで「日本中にいる誰かに届いてくれれば、バッチバチに歌っていきますので最後まで楽しんでってください! 空間をどんどん飛び越えていってあなたの心の内側に飛び込んでいくよ!」と宣言し、4月1日に発売された最新アルバム『F』収録楽曲をふんだんに盛り込んだセットリストから「DIVE」「希望のWooh」を立て続けに披露。熱き想いを、配信画面の先で繋がる全国各地のファンに向けてストレートに投げかけていく。「希望のWooh」では、ワンカット撮影を敢行したミュージックビデオをまさかの生配信でオマージュするという演出。これにはファンからも驚きと称賛の声が殺到した。

「日本中のファン、聴こえてるかー!」の雄叫びに近い絶叫が球場のど真ん中、マウンド上から鳴り響き、これがファンキー加藤のライブだと言わんばかりに熱いセットリストが展開されていく。

ライブ終盤には、「12月18日に、久々となる、みんなが一緒のワンマンライブをやります」とファンキー加藤自身の誕生日である12月18日に、東京・昭和女子大学 人見記念講堂にてワンマンライブ『FUNKY KATO BIRTHDAY LIVE “TANZANITE”』の開催を高らかに宣言。

「みんなとの再会が、いちばんの誕生日プレゼントになります!」と続け、コロナ禍以降初となる有観客ライブで、多くのファンとの待望の再会を誓った。

そしてソロデビュー曲「My VOICE」では、日本全国のファンとの空間を超えた大合唱を巻き起こし、配信ライブのあらたな可能性を感じさせた。

ファンクラブ限定となるアンコール曲を含めた全15曲を完全熱唱した初の無観客生配信ライブ『ファンキー加藤 超ワンマンライブ “F”』は、寒空の下、熱い蒸気を発した熱量を球場に残したまま幕を下ろした。

なお、本日開催された『ファンキー加藤  超ワンマンライブ “F”』のライブ映像は、10月28日12時から11月3日23時59分まで、アーカイブ配信を実施。詳細はオフィシャルサイトまで。

PHOTO BY 堂園博之


リリース情報

2020.04.01 ON SALE
ALBUM『F』


ライブ情報

FUNKY KATO BIRTHDAY LIVE “TANZANITE”
12/18(金) 東京・昭和女子大学 人見記念講堂
※新型コロナウイルスの感染拡大状況により、変更になる可能性があります。
※ライブ当日、生配信も同時に実施予定ですが、今後の状況・情勢によっては実施しない場合もございます。決定し次第、改めてお知らせいたします。


『FUNKY KATO BIRTHDAY LIVE “TANZANITE”』特設サイト
http://m.funkykato.com/r/tanzanite/

ファンキー加藤 OFFICIAL WEBSITE
http://funkykato.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人