back number、幕張メッセにて初の配信ライブ『back number live film 2020 “ASH”』を開催

■「配信ライブっていうものを、“こういうときだから仕方なく”とかじゃなくて、きちんと“特別なひとつ”にしたくて」(back number・清水依与吏)

back numberの配信ライブ『back number live film 2020 “ASH”』が2020年10月25日、千葉・幕張メッセにて開催された。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、音楽ライブやフェス/イベントが軒並み中止・延期を余儀なくされるなか、無観客の配信ライブとして行われた『live film 2020 “ASH”』。9月22日に行われたファンクラブ限定の配信アコースティックライブを除けば、back numberにとって今回が初の配信ライブとなる。

オープニング映像に続き、清水依与吏(vo&g)・小島和也(b)・栗原寿(ds)とサポートメンバーの姿が映し出され、「SISTER」からライブはスタート。「なんか緊張したなあ」と清水もライブ中に回想していたとおり、観客不在の会場でやや張り詰めた雰囲気で始まったアクトだが、晴れやかな歌と演奏とともに刻一刻と高揚していく3人の表情が、“画面越しの最前列”まで克明に伝わってくる。

「配信ライブっていうものを、“こういうときだから仕方なく”とかじゃなくて、きちんと“特別なひとつ”にしたくて」と清水もMCで語っていたように、舞台を捉える360度のカメラワーク、アリーナ部分を埋め尽くした照明設備、LEDビジョンやレーザーによる精緻な演出など、有観客ライブでは実現不可能なステージを実現していたのが印象的だった。

「瞬き」「MOTTO」などライブ定番のシングル曲はもちろん、「花束」のようなデビュー初期の楽曲まで幅広く盛り込んでいた今回のアクト。中盤のハイライトを飾ったのは、この日がライブ初披露となるTBS系日曜劇場『危険なビーナス』主題歌「エメラルド」だった。ドラマの物語と絡み合うような妖艶な詞世界が、タイトなロックのビート感とともにミステリアスに鳴り渡っていく。

「今日このライブが、あなたがあなたを肯定するために、少しでも後押しできるものだったらいいなと思ってます」。ライブ終盤、そんな清水の言葉とともにもう1曲ライブ初披露された新曲は「水平線」。時代の憂いも痛みも包み込むような渾身の名バラードが、画面越しに雄大な音空間を繰り広げていった。

「青い春」「大不正解」の圧巻の躍動感でフィナーレを迎えた『live film 2020 “ASH”』。「またどこかでお会いしましょう!」と呼びかける清水の言葉が、ひときわ力強く胸に響いた。

TEXT BY 高橋智樹

<セットリスト>
01.SISTER
02.瞬き
03.僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい
04.黒い猫の歌
05.わたがし
06.君がドアを閉めた後
07.MOTTO
08.エメラルド
09.あかるいよるに
10.高嶺の花子さん
11.ハッピーエンド
12.HAPPY BIRTHDAY
13.花束
14.水平線
15.青い春
16.大不正解

清水依与吏 コメント
思いっ切り、を受け止めてもらえて、投げ返してもらえる時間がどれだけ幸せか。
ライブをする、とゆうことが、back numberがback numberであるためにも限りなく重要であると知り、考え、考え、現時点での答えがこの形です。


配信情報

『back number live film 2020 “ASH”』
配信日時:10月25日(日)19:00〜
アーカイブ配信:10月25日(日)22:00〜10月27日(火)23:59まで視聴可能
※配信期間中は何度でもアーカイブ視聴可能です。
※こちらの公演は海外からもご視聴可能です。


リリース情報

2020.10.12 ON SALE
DIGITAL SINGLE「エメラルド」


『back number live film 2020 “ASH”』特設サイト ※視聴チケットの詳細はこちら
https://backnumber.info/feature/livefilm2020ash

日曜劇場『危険なビーナス』番組サイト
https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/

back number OFFICIAL YouTube Channel
https://www.youtube.com/c/backnumberchannel

back number OFFICIAL WEBSITE
https://backnumber.info


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人